このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. いざというとき
  3. 防災
  4. 住宅用火災警報器設置が義務付けられました!

本文ここから

住宅用火災警報器設置が義務付けられました!

更新日:2013年2月1日

消防法の改正により、平成18年6月1日から住宅に「住宅用火災警報器」の設置が義務付けられました。

いつから設置しなくてはならないの?

新築住宅は、平成18年6月1日から
既存住宅は、平成21年6月1日から(平成21年5月31日までに設置してください。)

義務化の経緯は?

全国の火災統計では、火災による死者が次のような傾向にあることから義務化されました。 

  • 住宅火災における死者においては、建物火災による死者が増加傾向にあります。
  • 住宅火災の死者の半数以上が65歳以上の高齢者です。
  • 死亡の原因は、7割以上が逃げ遅れによるものです。

住宅用火災警報器の種類は?

煙式警報器(煙で反応)

火災により発生する煙を感知して、警報音又は音声で知らせるものです。(寝室、階段、居間等に設置)

熱式警報器(熱で反応)

火災により発生する熱を感知して、警報音又は音声で知らせるものです。(台所等に設置)


設置するところは?

  • 寝室(就寝の用途に供する居室)
  • 寝室に向かう階段の上端
  • 台所、居室(義務ではありませんが設置に努めてください。)

どこで購入するの?

  • 防災設備取扱店・燃料店・ホームセンター等
  • 日本消防検定協会の検定マークが貼ってあるものを購入の目安にしてください。
  • 電池式の場合は、比較的安値で購入できますので、価格と性能をじっくり比較検討して設置してください。

悪質訪問販売にご注意ください!

  • 消防署員や消防団員が、一般家庭を訪問して住宅用火災警報器を販売することはありません。
  • 業者の服装や言葉などにごまかされないよう注意してください。「おかしいな?」と思ったら、すぐ守谷消防署までお問い合わせください。

お問い合わせ

生活経済部交通防災課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6526

この担当課にメールを送る

本文ここまで