このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

インフルエンザ予防接種費用の一部助成(小児のかた)

更新日:2019年1月11日

茨城県内全域に「インフルエンザ注意報」が発令されました

平成31年第1週(平成30年12月31日~平成31年1月6日)のインフルエンザ定点あたりの患者報告数が20.65となり、国が定める注意報の基準値(10.00)を超えたため、平成30年1月10日に県内全域に「インフルエンザ注意報」が発令されました。
手洗いの励行や咳エチケットの実践等によるインフルエンザ予防へのご協力をお願いいたします。
詳細は厚生労働省インフルエンザ専用ホームページ茨城県のインフルエンザ流行情報(2018~2019シーズン) をご参照ください。

インフルエンザ予防接種の一部助成(小児のかた)について

小児のかたがインフルエンザの予防接種を行った際の、費用の一部を助成します。個人通知はありません。接種を希望されるかたは市内等の協力医療機関に接種予約をしてください。なお、接種についてはかかりつけ医にご相談ください。
高齢のかたのインフルエンザ予防接種はこちらのページをご参照ください。

公費助成期間

平成30年10月1日(月曜)から平成31年1月31日(木曜)の接種分
注意 助成期間以外の接種は全額自己負担となります。

市内協力医療機関

予防接種について

対象

次の1から3のすべてに該当するかた

  1. 接種日において、守谷市の住民基本台帳に記録されているかた
  2. 接種日において、1歳以上中学3年生までのかた(平成15年4月2日以降に生まれたかた)
  3. 保護者が任意の予防接種であることを認識し、予防接種を希望するかた  

注意
保護者同伴で接種してください。

接種(助成)回数

  • 1歳から13歳未満は公費助成期間内2回まで
  • 13歳以上は公費助成期間内1回

接種方法

市内の協力医療機関で事前に予約してから接種する。

公費助成額

1回目 2,000円
2回目 1,500円

注意
個人負担額は、医療機関の接種料金から公費助成額を引いた金額です。また1回目を助成を受けずに接種した場合でも、2回目を接種した場合は2回目の助成額となります。

持参品

  • 健康保険証(必ず持参)
  • 母子健康手帳など予防接種の記録が記入できるもの

市外や県外で接種した場合について

小児インフルエンザ助成対象のかたで、今年度の公費助成期間において、やむを得ず、市外の医療機関で予防接種を行ったため、医療機関窓口での助成が受けられていないかたは、保健センター窓口において「償還払い」の手続きを行うことで助成が受けられます。

受付窓口

守谷市保健センター

必要書類

手続きに必要なもの

予防接種済証または母子健康手帳

予防接種の領収書(原本)

銀行の通帳

印鑑(認印可)

インフルエンザ予防接種公費負担申請書兼請求書

インフルエンザ予防接種公費負担申請書兼請求書は以下からダウンロードできます。
または保健センター窓口でご記入ください。

償還払いの受付期限

平成31年3月29日(金曜)まで

予防接種はかかりつけ医で受けましょう

予防接種は、健康状態や生活習慣を把握している、かかりつけ医で受けましょう。
かかりつけ医で受けることで、以下のメリットがあります。

  • ご自身の体調に合わせて接種しやすい
  • 接種後の体調変化に気づきやすく、副反応が起きた場合も対応や相談がしやすい
  • 接種回数や接種間隔の間違いが起きづらい

 (予防接種を受けると、他の予防接種や治療を受けるために、一定以上の間隔をあける必要があります)

かかりつけ医をお持ちでない方は、この機会にかかりつけ医をもつことを検討しましょう。
かかりつけ医についての詳細は、日本医師会のホームページをご参照ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

守谷市保健センター
〒302-0109 茨城県守谷市本町631番地の1
電話:0297-48-6000
ファクス:0297-48-6319

この担当課にメールを送る

本文ここまで