このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

おたふくかぜ

更新日:2019年4月1日

市では、お子様の健康保持と疾病予防及び、保護者の経済的負担の軽減を図るため、任意予防接種について公費助成を実施しています。
助成対象年齢は、病気にかかりやすい時期やワクチンの効果等を考慮して設定していますので、対象年齢のかたのみ公費助成の対象となります。

助成対象の予防接種

おたふくかぜ

助成の内容(重要:必ずお読みください

助成対象者

予防接種を受ける日において守谷市に住民登録をしているかたで、対象年齢となっているかた

注意
予防接種における接種年齢の数え方
年齢は、「年齢計算ニ関スル法律」により、出生した日を一日として年齢を起算し、誕生日の前日24時限りをもって年齢を加えることとなっています。(法律上年齢が加算されるのは誕生日の前日です)
「○○に至るまでの間」は対象日の前日までとなりますので、ご注意ください。

助成費用

  • 市内協力医療機関で接種した場合は無料
  • 市内協力医療機関で接種できない場合は、保健センターへお問い合わせください。

接種方法・持ち物

順序 行動内容
1 接種についての説明文を読む。
2 医療機関に予約する。(必ず予約をしてください。)
3 医療機関で受診する。
(持参物) 母子健康手帳、保険証、予診票
4 接種(保護者同伴)

注意
対象年齢のかたには、1歳の予防接種のお知らせ通知の際に、説明文予診票を同封しています。この予診票は、市内協力医療機関のみ使用可能です。
(注)市内協力医療機関以外で接種をする場合は、医療機関にある予診票を使用することになります。

おたふくかぜワクチン

(対象年齢) 生後12月~生後48月に至るまでの間
(助成回数) 1回

市内協力医療機関

予防接種スケジュール(2019年度守谷市保健センター予定表P.8)

健康被害に対する救済措置について

  1. この予防接種は「任意予防接種」です。接種を希望するかたは、予防効果や副反応について、十分にご理解の上、接種するようお願いします。
  2. おたふくかぜワクチンの接種により健康被害が発生した場合は、予防接種法の被害救済対象にはなりませんが、内容により、「医薬品副作用被害救済制度」と「守谷市の行政措置災害補償保険」に基づく救済が受けられます。ただし、市内協力医療機関以外で接種された場合、「守谷市の行政措置災害補償保険」に基づく救済は受けられません。

病気、副反応の説明

予防接種と子どもの健康(2012年度版)、予防接種ガイドライン(2010年度版)を参考に作成

おたふくかぜ以外の予防接種

定期予防接種の詳細につきましては以下のページをご参照ください。

ヒブ感染症、小児肺炎球菌、B型肝炎、四種混合、不活化ポリオ、BCG、麻しん風しん、水痘(水ぼうそう)、日本脳炎、二種混合、ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

守谷市保健センター
〒302-0109 茨城県守谷市本町631番地の1
電話:0297-48-6000
ファクス:0297-48-6319

この担当課にメールを送る

本文ここまで