このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

B型肝炎ワクチンの供給について

更新日:2019年9月11日

日本国内では、2社の製薬会社がB型肝炎ワクチンを供給していますが、うち1社から、国内供給が一時停止する旨の報告がありました。
もう1社が増産対応に入り、安定供給されていく見込みとなっており、現時点で、ワクチンの供給停止によって、1歳に至るまでの間に接種できなくなることは想定されていないようです。

しかし、B型肝炎ワクチンは、1歳に至るまでの間に3回接種いただくワクチンで、3回の接種には5か月以上を要します。
短い期間での接種が必要なため、接種できないかたが出てしまった場合を想定し、守谷市では、今回の供給停止が原因でワクチンが接種できなかったかたに対し、ワクチンの接種費用の助成を行います。
お子さんがこのケースに該当するか確認したいかたや、この制度を利用したいかたは、守谷市保健センター(0297-48-6000)までお問合せください。

B型肝炎ワクチン 接種費用助成の対象者

  • 令和元年度のB型肝炎ワクチンの供給不足により1歳に至る前までに定期接種を終えられなかったかた
  • 接種当日に守谷市民であるかた

(注意)

  • 以前にB型肝炎を打ち忘れていたかた等は対象外です
  • B型肝炎ワクチンの標準接種期間は「生後2月に至った時から生後9月に至るまでの期間」とされています。
    ワクチンがあり接種できる状況の場合(病院にご確認ください)は、できるだけ標準接種期間内や定期接種期間内に受けるようにしましょう。

接種費用助成を行う期間と費用

令和元年9月1日から令和3年6月30日まで
対象者であれば無料

この制度の利用方法

  1. 被接種者保護者が、守谷市保健センターにて手続をしてください。
  2. 守谷市保健センターにて、「接種助成券」を発行します。
  3. 「接種助成券」を持って、病院で接種をしてください。(費用負担はありません)

(参考)B型肝炎ワクチン 定期接種の対象者と接種間隔について

対象者

生後2月から1歳までの間にある守谷市民のお子さん

接種回数

3回

接種間隔

1回目から2回目:27日以上あけて
3回目:1回目の接種から139日以上あけて


お問い合わせ

守谷市保健センター
〒302-0109 茨城県守谷市本町631番地の1
電話:0297-48-6000
ファクス:0297-48-6319

この担当課にメールを送る

本文ここまで