このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 妊産婦・子どもの健康と保健サービス
  4. 予防接種
  5. 定期予防接種
  6. 長期療養者に対する定期予防接種の機会の確保について

本文ここから

長期療養者に対する定期予防接種の機会の確保について

更新日:2018年3月16日

長期にわたり療養を必要とする疾病(厚生労働省令で定められた疾病)にかかったために、定期の予防接種対象年齢内に受けられなかったかたについて、一定の期間内であれば定期の予防接種として受けることができるようになりました。

対象者

  1. 重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病
  2. 白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、ネフローゼ症候群その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病
  3. 医学的見地に基づきこれらに準ずると認められるもの

対象期間

特別な事情がなくなったと認められる日から起算して2年

手続き

対象となる疾病が快復して、主治医から予防接種の許可が得られましたら、保健センターにご相談下さい。
医師の意見書が必要です。(料金がかかる場合は、自己負担となります。)

お問い合わせ

守谷市保健センター
〒302-0109 茨城県守谷市本町631番地の1
電話:0297-48-6000
ファクス:0297-48-6319

この担当課にメールを送る

本文ここまで