このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

病児・病後児保育事業

更新日:2019年4月18日

病児・病後児保育事業について

守谷市では、平成22年4月から子育て支援の一環として、病気の回復期にあり、保護者の勤務等の都合により家庭における保育や集団保育が困難な状況にあるお子さんの保育を一時的に支援する病後児保育事業を実施していました。
平成31年2月末からは、病気回復期ではないが、症状が安定している状態のお子さんの保育も行う病児・病後児保育事業を実施いたします。

対象となるお子さん

 病児・病後児保育事業の対象となるお子さんは、次のすべての要件に該当するお子さんです。

(対象要件)

  • 病気回復期又は回復期ではないが症状の急変が認められず、保育所等での集団保育が困難であること
  • 生後6か月から小学校6年生までのお子さん
  • 保護者の勤務や傷病、事故、出産、冠婚葬祭等により家庭における保育が困難なこと
  • 守谷市に住所を有するお子さん又は保護者が守谷市内に勤務しているお子さん

(注意)利用は原則市民のかたが優先となり、市外のかたは利用申込時に定員に満たない場合のみの利用となることをご了承ください。

(利用できる目安)
次のいずれにも該当する場合

  • 医師の診察を受け、病児・病後児保育室の利用が可能と診断された。
  • 診察した医師から、病児・病後児保育室利用を可とする旨を記載した所定の「診療情報提供書」を発行してもらっており、それを託児時に提出できる。

(主な症状の目安)

  • 熱が概ね38度未満(解熱剤使用の際は、6時間経過後の体温)で、ぐったりしていない。
  • ミルクや水分を自力で取ることができ、脱水症状がない。
  • 食欲があり、食事も半分程度は食べることができる。
  • 強い腹痛がなく、嘔吐や下痢の症状があったとしても、軽くなる傾向にある。
  • 呼吸困難症状がない(極端にゼーゼーしていない)。
  • 入院の必要がなく、重症化する危険性が低い。
  • 何人かのお子さんと一緒に集団保育を受けることができる。

(注意)お子さんの状態が上記に該当していても、感染症の種類や症状の状況等により、病児・病後児保育事業を利用することができない場合があります。
(注意)先に予約が入っている児童の感染症の種類により、病児・病後児保育事業を利用することができない場合があります。

実施施設及び定員

(実施施設)
すこやかルーム
運営主体:社会医療法人社団光仁会 総合守谷第一病院
住所:守谷市松前台一丁目16番地6 (平成31年2月28日に移転しました。)
電話:0297-45-2194

すこやかルームの外観です

幼児室の写真です

病児室の写真です

利用期間及び保育時間等

(定員)
1日につき3人まで
(利用期間)
連続して7日間以内
(備考)保育施設では、通常の保育内容に準じた保育を行います。
(保育時間)

  • 月曜日から金曜日 午前8時から午後6時
  • 土曜日 午前8時から午後1時

(休業日)

  • 日曜日、祝日、12月29日から1月3日  

利用料金

(利用料金)
1日1人当たり
5時間以内 1,000円
5時間を超える場合 上記料金に1時間当たり200円加算
(注意)

  • その他給食等の実費経費がかかります。
  • 生活保護世帯または市町村民税が非課税である世帯に該当する場合は、証明書の写しを利用申込までに提出していただきますと無料となります(証明書発行に係る費用は自己負担です)。

利用までの手続き

利用に関する書類等は、児童福祉課窓口、すこやかルーム、保健センター、各保育所等に用意しています。

各書類の様式はこちらからダウンロードできます。

利用登録申込書の提出(事前登録)

事前に「守谷市病児・病後児保育事業利用登録申込書(様式1)」の提出が必要です。保護者が市内在勤でお子さんの住所が守谷市外のかたについては、保護者のかたの勤務先が分かる書類(健康保険証や社員証等の写し)を添付してください。
提出先は、実施施設又は守谷市児童福祉課となります(緊急その他やむを得ない事由がある場合は、実施施設へ事前相談の上、当日提出してください)。

予約の申込

利用希望日の2日前から予約の申込ができます。
前日までに実施施設に電話で空き状況を確認し、予約をしてください。
(ただし、緊急その他やむを得ない事由で当日利用を希望されるかたは、当日の朝8時以降に、実施施設に電話で空き状況を確認し、相談の上利用してください。)

診療情報提供書の作成依頼

予約が取れましたら、かかりつけ医の診察を受け、「診療情報提供書(様式3)」を記入してもらいます(診察等に係る費用は自己負担となります)。

すこやかルームの利用

利用当日に実施施設へ「診療情報提供書(様式3)」及び「守谷市病児・病後児保育事業利用申込書(様式4)」、健康保険証の写し等を提出してください。
(注意)予約を取り消しされるかたは、当日の朝8時までに実施施設へ連絡してください。

利用当日の持ち物

  • 守谷市病児・病後児保育事業利用申込書(様式4)
  • 診療情報提供書(様式3)(かかりつけ医記入後のもの)
  • お子さんの健康保険証の写し
  • 母子手帳
  • 薬(かかりつけ医からもらった薬をその日飲む分だけ持参してください。)

  →与薬依頼書(様式4の裏面)に記入してください。(市販薬の持参はできません。)

  • 着替え一式 2組
  • パンツ、又は、紙オムツとおしり拭き
  • 布団に巻くバスタオル
  • ハンドタオル 2~3枚
  • 汚れもの袋
  • お気に入りのおもちゃ、本
  • 慣れているイオン飲料または飲料水等

必要なかた、次のものも持参してください。

  • 哺乳ビン
  • 食事用エプロン
必要添付書類一覧表
区分 必要な証明書 発行窓口
生活保護世帯 生活保護受給が証明できる書類(写し)

市役所1階社会福祉課
(市外の方は住所登録地の市役所担当課)

市民税非課税世帯 世帯全員の非課税証明書(写し)
1月から5月に病後児保育を利用→前年度用
6月から12月に病後児保育を利用→今年度用

市役所1階総合窓口課
(守谷市に転入されたかたは下記の通り)

市外のお子さんで、保護者が守谷市内に勤務する場合

勤務先のわかる書類
(健康保険証や社員証等)

勤務先

守谷市に転入されたかたの非課税証明書発行窓口は、下記のとおりです。

  • 1月から5月に病後児保育を利用:前年の1月1日現在の住所登録地にある市役所等
  • 6月から12月に病後児保育を利用:その年の1月1日現在の住所登録地にある市役所等

問い合わせ先

すこやかルーム
電話:0297-45-2194

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健福祉部児童福祉課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6527

この担当課にメールを送る

本文ここまで