このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

茨城県内で麻しん(はしか)患者が発生しています

更新日:2018年4月13日

土浦保健所管内で麻しん(はしか)患者が発生しています

詳細や最新の情報については、茨城県感染症情報センターホームページ茨城県が発行した通知(pdf)をご参照ください。
(注記)4月13日(金曜)現在、守谷市を含め竜ケ崎保健所管内での発生は、確認されていません。

麻しん(はしか)とは

麻しん(はしか)とは
項目 詳細
原因 麻しんウイルス
潜伏期間 10~12日間
症状

感染すると、約10日後に38度程度の発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が2~4日続き、その後39度以上の高熱と共に発疹が出現します。

治療 特異的な治療法はなく、対症療法
感染経路

空気感染・飛沫感染・接触感染
感染力は非常に強いといわれています。

感染症法

五類感染症、全数把握疾患
(診断を行った医師は保健所に届け出ることになっている)

予防方法 ワクチン接種

県からのお願い

  1. 麻しんは、有効な治療方法がなく予防する唯一の手段はワクチン接種です。
    麻しんの定期予防接種(第1期:1歳児、第2期:小学校就前1年間)をまだ受けていなお子さんは、かかりつけ医に相談し早めに予防接種を受けましょう。
    また、 麻しんを発症すると多数の者に感染を引き起こす可能性が高い、医療関係者、児童福祉施設等の職員、学校の職員等で麻しんに未罹患であり、かつ、麻しんの予防接種を2回受けていないかたは、予防接種を受けましょう。
  2. 症状から麻しんが疑われる場合、必ず事前に保健所に連絡のうえ、保健所の指示に従って医療機関を受診してください。受診の際は、周囲のかたへ感染させないよう公共交通機関等の利用を避けてください。
    また、麻しんにかかった(検査で診断された)ことがないかたが海外渡航する時には、渡航先の流行状況を確認するとともに、麻しんの予防接種歴を確認し、2回接種していない場合、又は接種既往が不明の場合には予防接種を受けることをおすすめします。

お問い合わせ

守谷市保健センター
〒302-0109 茨城県守谷市本町631番地の1
電話:0297-48-6000
ファクス:0297-48-6319

この担当課にメールを送る

本文ここまで