このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

ごみの屋外焼却は禁止です

更新日:2013年2月1日

 ごみ等の野外での焼却は、法律で一部例外を除き禁止となっています。
 ごみを燃やしたときに発生する煙には、有害なダイオキシン等が含まれている恐れがあるだけでなく、臭いが「洗濯物」についてしまうなど近隣の方に迷惑がかかります。
 より良い生活環境を作るため、皆様のご協力をおねがいします。

例外として認められる焼却行為

  1. 国または地方公共団体が、施設管理を行うために必要な焼却(河川敷・道路側の草焼き等)
  2. 災害予防や応急対策または復旧のために必要な焼却(火災予防訓練等)
  3. 風俗習慣または宗教上の行事で必要な焼却(どんど焼き等)
  4. 農業・林業・漁業を営む上でやむを得ない焼却(稲わら・枯れ草の焼却)
  5. たき火その他日常生活上で通常行われる焼却で軽微なもの(キャンプファイヤー等)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生活経済部生活環境課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6526

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからない時は

サブナビゲーションここまで