このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

橋梁の長寿命化修繕計画

更新日:2015年4月3日

橋梁の長寿命化修繕計画について

 守谷市が管理する橋梁は61橋であります。この中で、建設後50年以上の橋梁は0橋であります。
 しかし、今後20年後には18橋、30年後には23橋の橋梁が、供用から50年以上となります。
 今後は、これまで以上に橋梁の補修費用や、架けかえ費用が市の財政に大きな負担となります。このことから、橋梁の維持管理におけるコスト縮減を図るため、これまでの損傷がひどくなってから行う修繕から、予防的に補修を行い橋梁の寿命を延ばしていきます。
 このような補修計画を、「橋梁の長寿命化修繕計画」といいます。

橋梁の長寿命化修繕計画の公表について

公表は、長寿命化修繕計画策定費補助制度要綱により公表します。
公表の内容については、次のPDFファイルをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市整備部建設課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-2804

この担当課にメールを送る

本文ここまで