このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 手続き
  • 楽しむ・学ぶ
  • 施設案内
  • 市のしくみ
サイトメニューここまで

本文ここから

SF商法にご注意ください!

更新日:2017年8月25日

高齢者が狙われている?!~SF商法(催眠商法)で次々に高額商品を購入~

「SF商法(催眠商法)」とは、会場の雰囲気で催眠状態となった来場者に高額な商品を販売することといわれています。
最近は、数カ月以上と長期にわたって販売会が開催されており、無料や安価に販売される日用品を目当てに会場に通い続ける高齢者に対し、販売員が個別に声を掛けて高額な商品の購入を勧めるといった手法も見られるようになっています。
事例1
知人に紹介された健康講座を開催している店に通い、体に良いと言われたサプリメントを次々購入した。(60代男性)
事例2
チラシを見て日用品無料配布の会場に行った。販売員に親切にされて断れず、高額な宝石を購入した。(70代女性)

ひとことアドバイス

・「格安」「無料」と誘われても、安易に出向かないようにしましょう。
・高齢者本人は、騙されている事に気付いていない事もあります。周囲の人の見守りも大切です。

不安に感じたら市消費生活センターにご相談下さい。

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページへ移動します。


お問い合わせ

守谷市消費生活センター
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1(経済課内)
電話:0297-45-2327
ファクス:0297-45-1286

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

注意喚起情報

情報が見つかりましたか お探しですか?

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

守谷市役所

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1 電話番号:0297-45-1111(代表)

開庁時間:開庁日の午前8時30分から午後5時15分

市役所へのアクセス

Copyright 2013 Moriya City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る