このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. 市役所各課ページ(メニュー)
  3. 建設課
  4. 台風15号により被災した住宅の復旧工事費用の補助について

本文ここから

台風15号により被災した住宅の復旧工事費用の補助について

更新日:2020年1月23日

台風15号により被災した住宅の復旧工事費用の補助について

令和元年9月9日に上陸した台風15号により、住宅の屋根や外壁に被害を受けたかたを支援するため、国、県の交付制度と協調して、住宅の復旧工事費用の一部を補助します。

対象の住宅

  • 台風15号により被災した市内にある住宅
  • 守谷市の発行した、り災証明の判定が、半壊又は一部損壊の住宅であること
    (住宅以外の建物(事務所、店舗、学校、病院、神社、仏閣、物置、カーポート等)は対象外です。)

対象のかた

  • 住宅の所有者が、居住者本人又はその親族であること。
  • 自らの資力のみでは復旧工事を行うことが困難なかた。
  • 同一の住宅に複数の世帯が居住している場合は、一世帯のみを対象とします
    (法人は対象外です)

対象の工事

  • 被災した住宅の屋根又は外壁の日常生活に最低限必要な復旧工事
  • 対象工事費が5万円(消費税を含む)以上の工事
  • 令和元年9月9日以降に着手し、令和2年2月28日(金曜日)までに工事が完了するもの
    (既に工事が完了している場合も対象となります)

補助金の額

  • 復旧工事費用の20パーセントの額または50万円のいずれか低い額
    (すでに災害救助法の応急修理の支援を受けた場合は、その費用を除いた額を復旧工事費用とします)
  • 補助金の交付は1世帯につき1回に限ります

受付期間

令和2年1月14日(火曜日)~令和2年2月28日(金曜日) (土曜日・日曜日・祝日を除く)

申請方法

申請の流れ

交付の申請

補助金の交付を申請するかたは、市役所建設課へ申請書及び下記書類を提出して下さい。

  1. 復旧工事着手前の住宅の被災状況が分かるカラー写真
  2. 復旧工事の見積書
  3. り災証明書の写し
  4. 耐震性の向上等に資する工事であることの確認書(屋根又は外壁等の復旧工事を行う場合に限る)
  5. 資力に関する申出書

補助対象工事の変更または中止をする場合

補助金交付の決定を受けたあとに、工事の変更、または中止をする場合は、決定通知日から15日以内に、変更(中止)申請書を提出して下さい。

完了(実績)報告

補助の対象となる工事が完了したときは、令和2年3月13日までに実績報告書及び下記書類を提出して下さい

  1. 復旧工事に要した費用に係る契約書及び領収書の写し
  2. 復旧工事完了後の住宅の状況が分かるカラー写真

補助金の請求

実績報告書の提出後に、補助金額決定の通知を受けたかたは、補助金請求書を提出して下さい。

問合せ先

内容、手続き方法について 建設課 管理グループ(内線251)
り災証明書について 交通防災課 交通・防災グループ(内線137)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市整備部建設課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-2804

この担当課にメールを送る

本文ここまで