このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 手続き
  • 楽しむ・学ぶ
  • 施設案内
  • 市のしくみ
サイトメニューここまで

本文ここから

マイナンバー(社会保障・税番号)制度が始まります!

更新日:2017年11月13日

 平成25年5月に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」が成立しました。

 これに伴い、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤(インフラ)として、平成27年10月から、社会保障・税番号制度が始まりました。

  • 平成28年1月 個人番号利用開始
  • 平成29年7月18日 個人番号を活用した自治体間等との情報連携の試行運用開始
  • 平成29年11月13日 情報連携の本格運用開始(一部手続きを除く)

マイナちゃんのマイナンバー解説(内閣官房)
 http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

個人番号(マイナンバー)について

個人番号は、基本4情報(氏名、住所、性別、生年月日)に紐づけられた12桁の番号です。
住民票を有する全てのかたに一人1つの番号が通知されます。

個人番号カード(イメージ画像)
内閣官房番号制度担当室ホームページ内資料から引用

スケジュール

内閣府ホームページからの抜粋

平成27年10月  個人番号付番・通知

平成28年1月 個人番号カード交付

平成29年7月 情報連携及びマイナポータルの施行運用開始

平成29年11月 情報連携及びマイナポータルの本格運用開始

番号制度による効果

社会保障・税番号制度の導入により「公平・公正な社会の実現」、「行政の効率化」、「国民の利便性の向上」が図られます。

  • より正確な所得把握が可能となり、社会保障や税の給付と負担の公平化が図られます。
  • 真に手を差し伸べるべき者を見つけることが可能となります。
  • 大災害時における真に手を差し伸べるべき者に対する積極的な支援に活用できます。
  • 社会保障や税に係る各種行政事務の効率化が図られます。
  • ITを活用することにより添付書類が不要となる等、国民の利便性が向上します。
  • 行政機関から国民に利用可能な行政サービスをお知らせすることが可能となります。

情報連携の本格運用について

平成29年11月13日から、自治体間等との情報連携の本格運用が開始されました。

情報連携の本格運用の開始により、社会保障や税、災害対策の手続で住民票の写しなどの添付書類の提出が不要になります。
なお、一部手続きについては、引き続き情報連携の試行運用が継続されますので
従来と同様に添付書類の提出をお願いしております。

皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。

窓口で提出する添付書類の一部が不要になります!

1

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。内閣府ホームページ(社会保障・税番号制度)

利用範囲

  • 平成28年1月から、マイナンバーは社会保障、税、災害対策の行政手続で利用されます。
  • 年金、雇用保険、医療保険の手続、生活保護や福祉の給付、確定申告などの税の手続など、法律で定められた事務に限ってマイナンバーが利用されます。
  • 民間事業者でも、社会保険、源泉徴収事務などで法律で定められた範囲に限り、マイナンバーが利用されます。

不正な利用禁止

  • 法律で定められた目的以外でマイナンバーを利用したり、他人に提供したりすることはできません。
  • 他人のマイナンバーを不正に入手したり、正当な理由なく提供したりすると、処罰されることがあります。
  • 国では、個人番号その他の特定個人情報の有用性に配慮しつつ、その適正な取扱いを確保するために必要な措置を講ずることを任務とする内閣府外局の第三者機関として、特定個人情報保護委員会を設置しました。
  • 市は、マイナンバーと結びついた個人情報を保護するため、さまざまな対策を講じます。

関連リンク集

関連リンク集

国の各省庁がマイナンバー制度についてお知らせしているホームページや、内閣官房が提供している外国語のホームページのリンク集です。

ツイッターでの情報提供

 マイナンバー公式ツイッターで情報発信を行っており、内閣府(内閣官房)の情報に加え、関係省庁のホームページの更新情報の紹介などを行っています。

公式twitter:https://twitter.com/MyNumber_PR

コールセンター

国により、市民や民間事業者からの問い合わせに対応するコールセンターが開設されました。

マイナンバー総合フリーダイヤル

日本語窓口

電話:0120-95-0178(無料)
 
IP電話等でつながらない場合の電話番号

  • マイナンバー制度に関すること
    電話:050-3816-9405(有料)
  • 通知カード、個人番号カードに関すること
    電話:050-3818-1250(有料)

外国語窓口

  • マイナンバー制度に関すること
    電話:0120-0178-26(無料)
  • 通知カード、個人番号カードに関すること
    電話:0120-0178-27(無料)

英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語対応。

対応時間(年末年始を除く)

平日:午前9時30分から午後8時00分
土曜、日曜、祝日:午前9時30分から午後5時30分 
 
注記

  • 英語以外の言語については、平日の午前9時30分から午後8時までの対応となります。

 

上記、マイナンバー総合フリーダイヤルの電話がつながりづらい場合は、下記コールセンター(有料)にお問い合わせいただくことができます。

 

マイナンバーコールセンター(制度に関するお問い合わせ)

日本語窓口

電話:0570-20-0178 全国共通ナビダイヤル

IP電話等でつながらない場合の電話番号

電話:050-3816-9405

外国語窓口

電話:0570-20-0291
英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語対応。

対応時間(年末年始を除く)

平日:午前9時30分から午後10時00分
土曜、日曜、祝日:午前9時30分から午後5時30分 
 
注記:中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語については、平日は午前9時30分から午後8時、土曜、日曜、祝日は午前9時30分から午後5時30分となります。
 

通知カード・個人番号カードセンターに関するお問い合わせ

電話:0570-783-578

対応時間(年末年始を除く)

平日:午前8時30分から午後10時00分
土曜、日曜、祝日:午前9時30分から午後5時30分

IP電話等でつながらない場合の電話番号

電話:050-3818-1250
 
備考:個人番号カードの一時利用停止については24時間365日受け付けます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページへ移動します。


お問い合わせ

総務部企画課 組織のページへ
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6529

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

守谷市役所

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1 電話番号:0297-45-1111(代表)

開庁時間:開庁日の午前8時30分から午後5時15分

市役所へのアクセス

Copyright 2013 Moriya City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る