このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 手続き
  • 楽しむ・学ぶ
  • 施設案内
  • 市のしくみ
サイトメニューここまで

本文ここから

守谷市障がい者福祉計画(第2期)について

更新日:2014年4月21日

策定の趣旨

守谷市では、障がいの有無にかかわらず、誰もが相互に人格と個性を尊重して安心して暮らすことのできる地域社会の実現を目指し、障がいのある人に関する施策の総合的かつ効果的な展開の方向を定め、障がいのある人の有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活や家庭生活を営むことができるよう、障がい福祉サービス等の充実を図ることを目的として「守谷市障がい者福祉計画(第2期)」を策定しました。

計画の位置づけ

  1. 「守谷市障がい者福祉計画」とは
    障害者基本法第11条第3項に規定する「市町村障がい者計画」に相当するもので、保健・医療や教育、社会参加、まちづくり等、障がい者施策の総合的な計画です。
  2. 上位計画及び関連計画との関係
    「第二次守谷市総合計画」の部門別計画として位置づけています。また、同じ部門別計画である「第5期守谷市高齢者福祉計画・介護保険事業計画」、「守谷市次世代育成支援対策行動計画」、「第二次健康もりや21計画」等の関連計画と、これらの計画に共通する地域福祉推進に関する理念とその具体化のための施策を規定する「守谷市地域福祉計画」と相互に連携しています。

計画の対象者

障害者基本法に規定する「障がい者」とし、特に断わりのない限り、身体・知的・精神の各障がい者のほか、発達障がい者、高次脳機能障がい者及び難病患者を含むものとしています。
また、障がいのある人だけではなく、市民がともに支え合う環境づくりを促進するための施策・事業に関しては、全ての市民を対象者としています。

計画の期間

平成26年度を初年度とし、平成29年度までの4年間とします。なお、国の動向や社会情勢の変化等により、必要に応じて計画内容を見直すこととします。

施策の体系

守谷市障がい者福祉計画(第2期)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページへ移動します。


お問い合わせ

保健福祉部社会福祉課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6527

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

守谷市役所

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1 電話番号:0297-45-1111(代表)

開庁時間:開庁日の午前8時30分から午後5時15分

市役所へのアクセス

Copyright 2013 Moriya City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る