このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

守谷市民交流館

更新日:2020年7月10日

利用制限緩和のお知らせ(7月10日更新)

茨城県により社会的活動再開に向けた対策の段階的緩和が示され、令和2年7月3日(金曜)からステージ2(感染が概ね抑制できている状態)が続いています。
これに伴い、守谷市では守谷市民交流館の利用制限を緩和し、「利用時間は最大2時間まで」とする制限を、令和2年7月27日(月曜)より解除します。


なお、引き続き新型コロナウイルス感染拡大防止のため、施設利用の際は、健康チェックや手洗い、マスクの着用等をお願いした上で、以下の注意事項および利用条件にご理解とご協力をお願いします。

「いばらきアマビエちゃん」を導入しました

守谷市民交流館では、茨城県の感染拡大防止を目的としたシステム「いばらきアマビエちゃん」を導入しました。

利用における注意事項および利用条件(7月10日更新)

  1. 市役所 市民協働推進課で利用許可申請の手続きを行う際に、「公共施設利用誓約書(新型コロナウイルス感染症対策チェックシート):市民交流館(エクセル:11KB)」を記入し、提出してください。また、利用当日に「施設利用者報告書(ワード:11KB)」を市民交流館の管理人に提出してください。提出いただけない場合や利用者が特定できない催し(セミナーや講演会等)については、ご利用をお断りさせていただきます。
  2. 施設の利用にあたっては、利用者間で十分な距離(1.5メートルから2メートル程度)を保ち、密集を避けてください。目安として、各部屋定員数の2分の1以下でご利用ください。
  3. 手洗い及び部屋や物品の消毒・換気の徹底、飛沫飛散防止のためマスクの着用にご協力をお願いします。
  4. 発熱や風邪等の症状がある方、体調不良の方が参加することのないようご留意ください。
  5. 和室にて、飲食される際は飛沫飛散防止のため、「横並びに座る」、「料理は個々に」等のご協力をお願いします。
  6. 窓がない等、十分に換気ができない部屋については、利用を休止とさせていただきます。
  7. 「最大2時間まで」としていた利用制限を、令和2年7月27日(月曜)より解除します。

感染対策を工夫することで利用できる活動

会話・発声・合唱や接触を伴う活動、呼気が激しくなる活動、対面における活動は、感染リスクが高まります。
マスクを着用する、人と人との接触を避ける、十分な距離を確保する、定期的に換気する(30分毎)、手洗い・消毒を徹底する、道具の共有を避ける等、感染リスクを下げる工夫をすることで利用することができます。

利用制限が緩和できる活動内容(例)
  1. 卓球、スポーツ吹矢などのスポーツレクリエーション等
  2. ダンス、リトミック、ヨガ等
  3. 空手、柔道、剣道、合気道、少林寺拳法、太極拳等
  4. 囲碁、将棋、麻雀
  5. 吹奏楽、太鼓、合唱、コーラス、カラオケ、詩吟等
  6. 調理
感染リスクを下げる工夫
  1. 十分な距離(1.5メートルから2メートル)を確保し、対面を避けてください。
  2. 対面になる場合は、真正面を避け、必要に応じてフェイスシールド等の着用をお願いします。
  3. 道具の共用はできるだけ避け、共用するものは消毒の徹底をお願いします。

備品等の消毒について(6月30日更新)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、モップなど備品を使用する際は、その前後に消毒液等での拭き取りをお願いしております。
市民交流館に用意されている、拭き取り専用液をご利用ください。なお、拭き取るための雑巾、キッチンペーパー等は各自ご持参いただきますよう、ご協力をお願いいたします。
(注意)市の除菌水の無料配布は、令和2年6月29日をもって終了しました。

予約について

予約受付

お電話または窓口にて予約を受け付けております。
(注意1)新たに予約する場合や、すでに予約済みの団体であっても、注意事項および利用条件により、利用できない場合があります。あらかじめご了承ください。ご不明な点は、お電話にてお問い合わせください。
(注意2)すでに予約済みの団体で、上記の注意事項および利用条件を満たす団体は、利用前に窓口にて本申請の手続きをお願いいたします。

予約開始日の朝の抽選

予約開始日の窓口における朝の抽選は、当面の間中止します。
予約受付は、電話での先着順とさせていただきますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
なお、受付開始時期は下記に記載のとおりです。

守谷市民交流館(愛称:モリヤガーレ)


展示や個展などの芸術・文化的活動や会議・ミーティングなどの市民相互の交流のための拠点として利用できる施設が、平成30年(2018年)4月1日(日曜)からオープンとなりました。

利用時間

午前9時から午後10時まで
(利用申請がない場合は午後5時に閉館となります。)

休館日

毎週木曜日、年末年始(12月29日から1月3日)

受付開始時期

利用を希望する日の2か月前から予約受付を開始します。
(6月20日に利用を希望する場合は、4月20日から予約を受け付けます。)

予約開始日が閉庁日(土曜、日曜、休日、祝日)の場合は、翌平日から予約を開始します。

(4月20日が日曜日の場合は、4月21日から6月20日の予約を受け付けます。)

多目的ホールで展示会などを企画する場合にのみ、利用を希望する日の6か月前から予約受付を開始します。
(6月20日に利用を希望する場合は、12月20日から予約を受け付けます。)

予約のキャンセルについて

予約後(電話での仮予約を含みます)、利用希望日の10日前までにキャンセルした場合は、支払い済みの使用料金をお返しすることができます。
利用希望日の9日前から、キャンセル料として利用料金を全額お支払いいただきます。

施設の利用方法

  施設貸出基準

多目的ホール
(市民ギャラリー)

展示会(絵画展など)、会議、ミーティング、太極拳・ヨガなどの激しい運動を伴わない活動
和室1

会議、ミーティング、太極拳・ヨガなどの激しい運動を伴わない活動

和室2

会議、ミーティング、太極拳・ヨガなどの激しい運動を伴わない活動

  • 運動施設ではないため、飛ぶ・跳ねるといった激しい動作のある活動(エアロビ・ダンス・空手など)の利用目的ではご利用いただけません。
  • 防音設備が整っていないため、楽器などの演奏や大きな音を伴う活動(カラオケ・合唱など)もご遠慮いただいております。(BGM程度の小音量は可)
  • 飲食が可能な施設は和室1と和室2です。
  • 施設の壁面に画びょう、虫ピン、セロハンテープ等は使用できません。展示等においては、施設備品(パネル・テーブル)をご利用ください。

施設詳細

施設名 面積 1時間当たりの料金 備品

多目的ホール
(市民ギャラリー)

266平方メートル 250円 展示パネル、会議用テーブル、イス
和室1 約30畳 50円 座机、座布団
和室2 約30畳 50円

座机、座布団

和室1と和室2は、ふすまで仕切られています。ふすまを開けることで、大きな1室として利用することができます。
(上の写真はふすまを開けた時のものです。)

住所

〒302-0107
茨城県守谷市大木966番地の1

電話

(注記1)午後5時15分以降または閉庁日に、施設の利用を当日キャンセルする場合はこちらの電話番号にご連絡ください。
市民交流館 電話:0297-45-5600
(注記2)施設予約や施設に関するお問い合わせは、下記の市民協働推進課(電話:0297-45-1111)にご連絡をお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生活経済部市民協働推進課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6526

この担当課にメールを送る

本文ここまで