このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 手続き
  • 楽しむ・学ぶ
  • 施設案内
  • 市のしくみ
サイトメニューここまで

本文ここから

アーティストは今

アーカスプロジェクトは、1994年のプレ事業開始から2014年で20周年を迎えました。
この20年の間に、世界中から91人のアーティストたちが守谷市に滞在し、守谷市で得た経験を活かして、世界へはばたいています。
ここでは、守谷市での滞在・制作を経たあとの、アーティストのその後の活躍をご紹介します。

ジョシュア・ソファーさん(2008年度招聘)

現在、英国ロンドンにて活動中のジョシュアさんは、2008年守谷市滞在中に市内の捨てられた本で図書館を作り、同時に守谷中央図書館で1週間に排出したゴミを収集・分類しました。それらを「ゴミの図書館/図書館のゴミ」としてオープンスタジオで展示しました。
それがきっかけとなり、2014年6月にロンドンのサイエンスミュージアムにて、1カ月分のゴミを収集し、ゴミが美しくビジュアルアーカイブ化された展覧会(9月14日まで)を開催しました。ジョシュアさんの活動のきっかけとなった守谷市での活動や現在の活動は、英国紙ガーディアンにも大きく取り上げられました。

山出淳也さん(1996年招聘)

現在、別府市にてBEPPU PRJECTの代表理事・「混浴温泉世界」総合プロデューサーとして、国際芸術祭を開催するなど活躍されています。平成20年度 芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞(芸術振興部門)。
このほか、現在、山出さんが総合ディレクターを務める「国東半島芸術祭」は、旅する芸術祭です。
渡来の文化と土着の文化が混じり合うことで、独自の文化が育まれてきた大分県国東(クニサキ)半島。この国東半島で芸術祭が開幕されています。会期は平成26年10月4日(土曜日)から11月30日(日曜日)までです。水曜日は休み。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国東半島芸術祭ホームページ

小泉明郎さん(2003年招聘)

2012年に第15回アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ最優秀賞を受賞。2013年ピンチューク・アートセンター(キエフ・ウクライナ)における第2回次世代アート賞では、ピープルズチョイス賞を受賞。第2回次世代アート賞にノミネートされた世界各国21名のアーティストの一人として選ばれました。

藤井 光さん(2005年招聘)

映画監督として活躍。ドキュメンタリー映画「プロジェクトFUKUSHIMA!」を制作し、全国で上映されています。

ソンミン・アン(2010年招聘)

アーカス滞在中に制作された「Be True your School」がシンガポールビエンナーレ2011に出品。シンガポール国立美術館に所蔵されました。
この作品は元大井沢小学校(現・もりや学びの里)の校歌を、卒業生の市民に思い出してもらい、歌ってもらう様子を映像作品にしたものです。

アーカスプロジェクトに関するお問い合わせ

アーカススタジオ

守谷市板戸井2418 もりや学びの里内
 火曜日から土曜日 午前10持から午後6時
 (日曜日・月曜日・祝日は休館 /月曜日が祝日の場合は火曜日が振替となります。)

電話:0297-46-2600
Eメール:arcus@arcus-project.com

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。アーカスプロジェクト公式ホームページ

各種イベントの最新の情報がご確認いただけます。

教育委員会生涯学習課

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-5703

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページへ移動します。


本文ここまで


以下フッターです。

守谷市役所

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1 電話番号:0297-45-1111(代表)

開庁時間:開庁日の午前8時30分から午後5時15分

市役所へのアクセス

Copyright 2013 Moriya City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る