このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

絵画

更新日:2013年2月1日

絵馬

 八坂神社所有の絵馬は慶応2年(1866年)2月、当時守谷町の斉藤徳左衛門、同藤兵衛、平尾丈助、布川村(現利根町)の伊勢屋平八、江戸八丁掘(現東京都中央区)の和田屋三右衛門らが奉納したものです。筆者は、狩野派の画家狩野友信で、その図柄は八坂神社の祭神「素戔嗚尊(スサノオノミコト)」が八岐大蛇(ヤマタノオロチ)を退治するという神話に基づく雄壮な場面です。狩野友信は明治以後洋画に志し、明治12年(1879年)から開成学校及び東京大学予備門で絵画を教授し、後に東京美術学校(現東京芸術大学)の教授となりました。


八坂神社 絵馬

お問い合わせ

教育委員会生涯学習課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-5703

この担当課にメールを送る

本文ここまで