このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

学校体育施設開放事業の一部再開について

更新日:2020年7月1日

学校体育施設開放事業の一部再開について

日ごろから、学校体育施設開放事業にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
茨城県の対策ステージが「ステージ1」に緩和され、6月9日(火曜)から中学校部活動が再開されたこと鑑み、「学校部活動に準ずる活動(スポーツ少年団等)」のみ、開放を再開することといたしました。
その他の大人の団体については、今後の感染状況等を見て、7月中に判断いたします。
なお、利用に当たっては、使用上の留意点の遵守、感染防止対策の徹底をお願いいたします。
 

再開日

屋外施設(グラウンド) 6月27日(土曜)
屋内施設(体育館、卓球場、格技場) 6月29日(月曜)

再開対象団体

学校部活動に準ずる活動を行っている団体(スポーツ少年団等)
再開対象団体一覧(PDF:94KB)

その他の団体

その他の大人の団体については、7月中に判断いたします。

使用上の留意点

感染防止対策を講じた上で利用する。

  • せきや発熱等、風邪の症状があるときは利用しない。
  • 活動前に参加者全員の健康状態を確認する(検温など)。
  • 手洗いや咳エチケットの慣行、マスクの着用(運動中を除く)。
  • 窓等を開け、しっかり換気した状態で利用する 。
  • 手の届く距離での密集、近距離での会話や発声を避ける。
  • 利用前や利用後の手洗いを徹底する。
  • 利用者で消毒液などを準備し、手や使用備品、使用した箇所(扉、ドアノブ 、スイッチ 等)の消毒を行う。
  • ゴミは必ず持ち帰る(マスク、ティッシュ、ペットボトル等)
  • 利用団体メンバーの健康状態が悪くなったときや、新型コロナウイルスに罹患した場合は、すぐに生涯学習課に連絡する。
  • 活動時間終了までに清掃・消毒作業、健康状態の確認を済ませ、時間内に解散すること。

次亜塩素酸水について

独立行政法人製品評価技術基盤機構(nite)で行っていた消毒方法の有効性評価について、新型コロナウイルスに対する有効な消毒物質が取りまとめられました。その結果、6月26日、経済産業省ほかから、次亜塩素酸水の使用について、以下の結果が示されましたので、6月29日をもって、除菌水(次亜塩素酸水)の配布を中止しました。

  • 流水でかけ流すとき:有効塩素濃度35ppm以上のもの
  • 拭き掃除に使うとき:有効塩素濃度80ppm以上のもの

守谷市では有効塩素濃度40ppmの除菌水(次亜塩素酸水)を配布しておりました。

活動報告方法

報告先報告方法
生涯学習課
  • 電子申請で報告
  • 電子申請が使用できない場合は、「チェックシート(1)」をFAXで提出する。

(生涯学習課FAX番号 45-5703)

使用学校
  • メールで報告もしくは「チェックシート(1)」を学校のポストに投函し報告する
  • 上記ができない場合は、「チェックシート(1)」をFAXで提出する

様式ダウンロード

  • 提出していただくもの(メールで学校へ報告する場合には提出不要)

学校施設の利用に係る活動チェックシート(1)(ワード:23KB)

  • 団体で保管していただくもの(団員が新型コロナウイルスに感染した場合に提出)

学校体育施設開放事業チェックシート(2)(エクセル:12KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

教育委員会生涯学習課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-5703

この担当課にメールを送る

本文ここまで