このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 手続き
  • 楽しむ・学ぶ
  • 施設案内
  • 市のしくみ
サイトメニューここまで

本文ここから

(後期高齢者医療)交通事故などにあったとき

更新日:2015年8月18日

後期高齢者医療に加入しているかたが、交通事故等に起因して傷病を受けた場合、後期高齢者医療で治療を受けることができます。
後期高齢者医療での治療を受ける場合は、必ず、国保年金課へ第三者行為の届出をしてください。(届出書等の様式は国保年金課の他、茨城県後期高齢者医療広域連合のホームページにあります。)
第三者行為の届出がされたことにより、はじめて後期高齢者医療が被害者の代わりに加害者に対して治療費等の請求ができるようになります。(届出がされないと後期高齢者医療での治療が受けれられなくなります。)
事故等の発生後、速やかに手続きを行ってください。
なお、相手のいない単独事故の場合は、負傷原因報告書の提出が必要です。
ただし、酒気帯び運転や無免許等の不法行為による傷病は後期高齢者医療での治療が受けられません(自由診療となります)。また、後期高齢者医療への届出前に示談が成立した場合は、後期高齢者医療での治療は受けられませんので、示談の前に必ず国保年金課にご相談ください。

後期高齢者医療制度については、茨城県後期高齢者医療広域連合のホームページもご参照ください。

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページへ移動します。


お問い合わせ

保健福祉部国保年金課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6525

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

守谷市役所

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1 電話番号:0297-45-1111(代表)

開庁時間:開庁日の午前8時30分から午後5時15分

市役所へのアクセス

Copyright 2013 Moriya City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る