このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 手続き
  • 楽しむ・学ぶ
  • 施設案内
  • 市のしくみ
サイトメニューここまで

本文ここから

修学のために転出した場合

更新日:2017年5月22日

修学のために転出した場合や、修学のために転出したひとが学生でなくなったときは、国民健康保険の手続きが必要になります。
必ず、14日以内に届出してください。

こんなとき 届出に必要なもの
修学のため子供が転出したとき 国民健康保険証、在学証明書、マイナンバーカード又はマイナンバー通知書、印鑑

こんなとき
(学生でなくなったとき)

届出に必要なもの
社会保険等に加入したとき 職場の保険証、マイナンバーカード又はマイナンバー通知書、国民健康保険証、印鑑
転出したまま社会保険等に加入しないとき 修学が終了した証明、マイナンバーカード又はマイナンバー通知書、国民健康保険証、印鑑
  • 修学のために転出したときは、毎年3月末の保険証更新時ごとに、在学証明書(4月以降に発行されたもの)を添えて申請が必要となり、申請された後に新しい保険証が交付されます。

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページへ移動します。


お問い合わせ

保健福祉部国保年金課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6525

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

守谷市役所

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1 電話番号:0297-45-1111(代表)

開庁時間:開庁日の午前8時30分から午後5時15分

市役所へのアクセス

Copyright 2013 Moriya City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る