このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 手続き
  • 楽しむ・学ぶ
  • 施設案内
  • 市のしくみ
サイトメニューここまで

本文ここから

離婚届

更新日:2013年8月9日

離婚届について

 離婚届をされると、婚姻の際に氏を変更した配偶者は、原則元の氏に戻ります。婚姻中の氏をそのまま使用することもできますが、そのためには別の届出(離婚の際に称していた氏を称する届出)が必要です。離婚後は婚姻前の戸籍に戻ることも、新たに戸籍をつくることもできます。
 離婚届では配偶者の戸籍に変動があるのみで、子の戸籍に異動はありません。例えば、子の戸籍を離婚後の母の戸籍に異動させるには、子の入籍届が必要になります。

協議離婚をする場合

届出期間

  • 届けた日から効力が生じます。

届出地

  • 夫妻の本籍地、住所地、所在地のいずれかの市区町村

届出人

  • 夫と妻(それぞれの署名、押印が必要です)

届出に必要なもの

  • 離婚届 1通 (成人のかた2名の証人が必要です。)
  • 届出人それぞれの印鑑(スタンプ式は不可)
  • 戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書(本籍地の市区町村に届出する場合は不要)
  • 窓口に来られたかた(使者可※)の本人確認を行っています。届出時には身分証明書等をご持参くださるようご協力をお願いします。※使者のかたに届出を依頼する場合は、必ず届出書への押印及び記載内容(記載例参照)を確認のうえ、届出するようお願いします。

離婚届記載例(協議離婚)

その他

  • 届書の様式は全国共通ですので、どちらの市町村の届書を使用されても結構です。守谷市では、市役所総合窓口課、北守谷公民館、高野公民館、郷州公民館、保健センター、文化会館で配布しています
  • 届書は鉛筆や消えやすいインク(消えるボールペンなど)で書かないでください。
  • 戸籍の届出は、原則24時間、365日受付を行っています。しかし、届出書の記載内容の不備がある場合や、各種手続きが発生する場合は、改めて平日の市役所開庁時間(午前8時30分から午後5時15分)に来庁していただくことがあります。
  • 届出内容が戸籍に記載されるまで2週間程度の時間がかかります。
  • 住所地等の変更には、転入届、転出届、転居届などの手続きが別途必要になります。

裁判離婚,調停離婚をする場合

届出期間

  • 裁判確定または調停成立の日から10日以内

届出地

  • 夫妻の本籍地、住所地、所在地のいずれかの市区町村

届出人

  • 訴えを提起した者または調停の申立人(署名、押印が必要です。届出期間の10日以内に届出しないときは相手方も届出できます)

届出に必要なもの

  • 離婚届 1通 (証人は必要ありません。)
  • 届出人の印鑑(スタンプ式は不可)
  • 戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書(本籍地の市区町村に届出する場合は不要)
  • 調停離婚の場合は調停調書の謄本
  • 審判離婚の場合は審判書の謄本
  • 判決離婚の場合は判決書の謄本及び確定証明書

離婚届記載例(裁判離婚)

その他

  • 届書の様式は全国共通ですので、どちらの市町村の届書を使用されても結構です。守谷市では、市役所総合窓口課、北守谷公民館、高野公民館、郷州公民館、保健センター、文化会館で配布しています。
  • 届書は鉛筆や消えやすいインク(消えるボールペンなど)で書かないでください。
  • 戸籍の届出は、原則24時間、365日受付を行っています。しかし、届出書の記載内容の不備がある場合や、各種手続きが発生する場合は、改めて平日の市役所開庁時間(午前8時30分から午後5時15分)に来庁していただくことがあります。
  • 届出内容が戸籍に記載されるまで2週間程度の時間がかかります。
  • 住所地等の変更には、転入届、転出届、転居届などの手続きが別途必要になります。

離婚の際に称していた氏を称する届

離婚の際に称していた氏を称する届

 離婚によって婚姻前の氏に復した者が、婚姻していたときの氏を称することができる届出です。

届出期間

  • 離婚の日の翌日から3か月以内に届け出ることによって効力を生じます(離婚届と同時届出もできます)。

届出地

  • 届出人の本籍地又は所在地、住所地のいずれかの市区町村

届出人

  • 離婚によって婚姻前の氏に復した人(署名、押印が必要です)

届出に必要なもの

  • 離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届) 1通
  • 届出人の印鑑(スタンプ式は不可)
  • 戸籍謄本(本籍地の市区町村に届出する場合は不要)
  • 窓口に来られたかた(使者可※)の本人確認を行っています。届出時には身分証明書等をご持参くださるようご協力をお願いします。※使者のかたに届出を依頼する場合は、必ず届出書への押印及び記載内容(記載例参照)を確認のうえ、届出するようお願いします。

離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2)記載例

その他

  • 届書の様式は全国共通ですので、どちらの市町村の届書を使用されても結構です。守谷市では、市役所総合窓口課、北守谷公民館、高野公民館、郷州公民館、保健センター、文化会館で配布しています。
  • 届書は鉛筆や消えやすいインク(消えるボールペンなど)で書かないでください。
  • 戸籍の届出は、原則24時間、365日受付を行っています。しかし、届出書の記載内容の不備がある場合や、各種手続きが発生する場合は、改めて平日の市役所開庁時間(午前8時30分から午後5時15分)に来庁していただくことがあります。
  • 届出内容が戸籍に記載されるまで2週間程度の時間がかかります。
  • 住所地等の変更には、転入届、転出届、転居届などの手続きが別途必要になります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページへ移動します。


お問い合わせ

生活経済部総合窓口課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6525

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

守谷市役所

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1 電話番号:0297-45-1111(代表)

開庁時間:開庁日の午前8時30分から午後5時15分

市役所へのアクセス

Copyright 2013 Moriya City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る