このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 手続き
  • 楽しむ・学ぶ
  • 施設案内
  • 市のしくみ
サイトメニューここまで

本文ここから

パスポート(旅券)の申請

更新日:2015年3月3日

パスポート(旅券)の申請

 パスポート申請及び交付は県内の各パスポートセンター及び出張所で行っていましたが、旅券法の一部改正により市町村への権限委譲が認められ、守谷市では平成21年6月1日から市役所総合窓口課(1階)で申請・交付を行っています。
 申請は、守谷市に住民登録されているかたが対象となります。原則、県の窓口や他の市町村での申請・受領ができません。

申請できるかた

  • 守谷市に住民登録のあるかた
  • 学生や単身赴任などで県外に住民登録されており、守谷市にお住まいのかた(居所申請)

(居所申請は本人申請となりますので、事前にお問い合わせください)

申請・交付の日時

申請

  • 月曜日から金曜日 午前9時から午後4時45分

交付

  • 月曜日から金曜日 午前9時から午後4時45分
  • 日曜日 午前9時から午後4時45分(正午から午後1時除く)

土曜日、祝日・休日及び年末年始を除く

申請場所

  • 市役所1階総合窓口課 パスポート窓口

申請に必要な書類

1.一般旅券発給申請書 1通

  • 10年用と5年用の申請書があります。
  • 未成年(20歳未満)の方は5年用のみの申請となります。

2.戸籍抄本または謄本 1通(発行の日から6か月以内)

  • 有効期間内に新しい旅券と切り替えるかたで、前回旅券から氏名、本籍の都道府県名に変更がない場合は、戸籍抄(謄)本の提出を省略できます。(ただし、一時帰国者、非ヘボン表記希望者の場合は省略できません。)
  • 同一戸籍内の2名以上のかたが同時に申請する場合は、戸籍謄本の提出を1通で省略することができます。
  • 守谷市に本籍がないかたは、本籍地にて取得してください。

3.写真 1枚(6か月以内に撮影したもの)

写真の例:写真の高さ45ミリメートル、幅35ミリメートル、頭からあごまでの部分は34ミリメートル(前後2ミリメートル)、頭から写真の上端までは4ミリメートル(前後2ミリメートル)

  • 左図の寸法を満たしており、縁なし、正面向き、無帽、無背景で顔がはっきりと写っているもの。白黒可。
  • 裏に薄く氏名を記入して、なるべく貼付せずにご持参ください。

(証明写真ボックスなど自分で撮影する場合はご注意ください。)

  • 証明写真ボックスは市役所本庁舎内にも設置されています。
受付できない写真
  • プリンター等で印刷したもので、通常の写真に比べて品質が劣るもの(シマの出ているもの、粒子の粗いもの、解像度の低いもの等)。
  • キズやシワがついてしまったもの。
  • 顔の一部が頭髪や衣類などで隠れているもの。
  • メガネのレンズの色の濃いものや、レンズに光が反射して目の一部が見えないもの。
  • 不鮮明、陰影がきつい、暗すぎる、明るすぎるもの。
  • 画像を加工してあるもの。
  • カラーコンタクトレンズを装着したもの。

4.申請者本人を確認できる書類

1つで本人を確認できるもの(写真を貼ったもの)

日本国旅券(失効後6か月以内のものを含む)、運転免許証、個人番号カード、写真付き住民基本台帳カード、船員手帳、海技免状、小型船舶操縦免許証、宅地建物取引士証、電気工事士免状、無線従事者免許証、猟銃・空気銃所持許可証、戦傷病者手帳、認定電気工事従事者認定証、特殊電気工事資格者認定証、耐空検査員の証、航空従事者技能証明証、運行管理者技能検定合格証明書、動力車操縦者運転免許証、教習資格認定証(猟銃)、合格証明書(警備員)、官公庁(独立行政法人、特殊法人及び官公庁の共済組合を含む)の職員身分証明書(写真が貼ってあるもの)

2つ必要とするもの
  • イとロ (例)健康保険証+会社の身分証明書(写真付き)
  • イとイ (例)健康保険証+厚生年金証書(手帳)

 (ロとロでは、受付できません)

区分 書類
健康保険証、国民健康保険証、船員保険の被保険者証、介護保険被保険者証、共済組合員証、国民年金証書(手帳)、厚生年金証書(手帳)、船員保険年金証書(手帳)、共済年金証書、恩給証書、印鑑登録証明書+実印

次のうち写真が貼ってあるもの
学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書、失効旅券、身体障害者手帳等(顔等が確認できるもの)

なお、小学生以下の子供の場合は、健康保険証+母子手帳でも可能です。

5.前回発行の旅券

  • 有効期間が残っている場合は、有効な旅券を提出しないと新規の受付はできません。
  • 前回旅券が失効している場合でも申請時にお持ちください。なお、失効している旅券を紛失した場合はその旨お申し出ください(前回旅券は有効期間の有無にかかわらず、失効処理をした後返却します)。

申請についての注意事項

旅券の有効期間内に申請する場合

旅券の残存有効期間が1年未満となったとき、旅券の査証欄に余白がなくなったときは、新規申請をすることができます。ただし、提出された旅券の残存有効期間は切り捨てとなります。

未成年者及び成年被後見人が申請する場合

親権者(父または母)または後見人が、申請書の裏面の「法定代理人署名欄」に署名してください。なお、親権者または後見人が遠隔地にいるために、法定代理人署名ができない場合は、ご相談ください。

代理人が申請書類を提出する場合

旅券の申請は代理のかたでもできます。この場合、本人の申請に必要な書類(前項1~5)のほかに次のことに注意してください。

  • 申請書表面の「所持人自署欄」、裏面の「申請者署名欄」に申請者本人が記入してください。
  • 代理人本人を確認できる書類が、前項の「4.申請者本人を確認できる書類」の中から1つ必要です。

刑罰等に該当する場合

申請書の「刑罰等関係」欄に該当するときは、お問い合わせください。

交付(受領)

月曜日から金曜日 午前9時から午後4時45分 
日曜日 午前9時から午後4時45分(正午から午後1時除く)

  • 申請日から8日目以降(土・日曜日、祝・休日、年末年始は日数に含みません)に受領できます。
  • 旅券は年齢に関係なく、本人でなければ受け取ることはできません。
  • 手数料は旅券を受け取るときに、収入印紙と茨城県収入証紙で納めてください。

交付場所

  • 市役所1階総合窓口課 パスポート窓口

必要書類

  • 申請時にお渡しした「引換書」

手数料

  • 10年旅券:16,000円(収入印紙14,000円、茨城県収入証紙2,000円)
  • 5年旅券:11,000円(収入印紙9,000円、茨城県収入証紙2,000円)
  • 申請時12歳未満:6,000円(収入印紙4,000円、茨城県収入証紙2,000円)

収入印紙及び茨城県収入証紙は、市役所総合窓口課パスポート窓口でも販売しています。

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページへ移動します。


お問い合わせ

生活経済部総合窓口課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6525

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

守谷市役所

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1 電話番号:0297-45-1111(代表)

開庁時間:開庁日の午前8時30分から午後5時15分

市役所へのアクセス

Copyright 2013 Moriya City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る