このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
  • くらし
  • 手続き
  • 楽しむ・学ぶ
  • 施設案内
  • 市のしくみ
サイトメニューここまで

本文ここから

市役所会場での申告受付の流れ

更新日:2018年1月10日

申告書を作成されていないかたと、作成済で提出のみのかたで受付方法が異なります。

申告会場

市役所1階 各会議室
(中庭中央階段を上がって、正面左側)

大会議室

  • 大会議室前に受付番号札を用意しますので、お取りください。
  • 総合受付があります。
  • 受付の済んだかたの待合会場です。
  • 待ち時間を利用して、収支内訳書や医療費などを受付番号順に確認をする「チェックコーナー」があります。
  • 作成済みの申告書をお預かりする「作成済申告書受付コーナー」があります。

中会議室

  • 申告書を作成する会場です。大会議室から、順番にご案内します。

小会議室

  • パソコンを使って確定申告書をご自分で作成する「自主申告作成コーナー」の会場です。
  • 案内に従って入力すれば自動計算されますので、パソコン操作のできる方はこのコーナーをご利用ください。作成された申告書は印刷してその場でお預かりできます。

注意
 「自主申告作成コーナー」をご利用される方も、事前に会場前の番号札をお取りいただく必要があります。
 申告書の電子送信はできません。

申告書を作成されていないかた、職員の内容確認が必要なかた

1.会場前の番号札をお取りになり、お待ちください

配布時間は次のとおりです。

午前の部

午前7時30分から午前11時(受付は午前9時から午前11時となります)

午後の部

午前11時から午後3時(受付は午後1時30分から午後3時となります)

2.受付番号順にお呼びします

  1. 呼ばれたかたは、総合受付にて受付をお願いします。
  2. 受付の際に、申告内容を簡単にうかがいます。申告する内容をお伝えください。

3.順番まで大会議室内でお待ちください(順番は受付前のモニターで確認できます)

  1. 待ち時間を利用して、収支内訳書、医療費控除、寄附金控除、住宅ローン控除などを申告されるかたの確認を行います。確認後は再度大会議室内でお待ちください。
  2. 順番がきましたらお呼びしますので、受付に番号札を返却してください。職員が申告書作成会場にご案内します。

注意

  • 会場を離れる際は、受付に声をかけてください。受付時間内に戻らなかったときは、午前の部の場合、再度午後の部の受付をしていただきます。午後の部の場合、当日の受付はお受けできません。
  • 収支内訳書の作成や医療費の計算等は、事前に済ませておいてください。未作成のかたは受付できません
  • 書類が不足していると、申告書が作成できません。待ち時間の間に不足がないかをよくご確認ください。
  • 申告内容により順番が前後することがありますので、ご了承ください。

4.申告書を作成します

  1. 源泉徴収票、各種控除証明書、大会議室で確認を受けたかたの連絡票などすべて提出してください。
  2. 職員が申告書を作成しますので、お待ちください。
  3. 作成が終わりましたら、誤りがないかを職員と一緒にご確認ください。
  4. 確認後に捺印をしてください。
  5. 控え・税務署に提出不要の控除証明書等をお返しして終了となります。
  6. 当日中に再確認をして、不備があればご連絡をします。

記入済みで提出のみのかた

確認不要のかた

  1. 番号札を取らずに大会議室内のポストにご提出ください。
  2. 住民税申告書をお持ちのかたは、記入内容を確認しますので、作成済申告書受付コーナーにお持ちください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

※「用語解説」に表示される用語のリンクは、Weblio辞書のページへ移動します。


お問い合わせ

総務部税務課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-2590

この担当課にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

守谷市役所

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1 電話番号:0297-45-1111(代表)

開庁時間:開庁日の午前8時30分から午後5時15分

市役所へのアクセス

Copyright 2013 Moriya City. All Right Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る