このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

婚姻届、離婚届などの証人とは?

更新日:2013年2月1日

 婚姻届、離婚届など届出には20歳以上のかた2人以上に証人(署名・押印が必要)になってもらう必要があります。これは当事者双方の婚姻,離婚する意思を第三者に証明してもらうという意味があります。
 一般的には夫の父、妻の父の2人が証人になるケースが多く見受けられますが、夫の父母の2人、妻の父母の2人、友人2人、外国人のかた2人でも20歳を以上のかた2人が証人となっていればよいとされています。

婚姻届

離婚届

お問い合わせ

生活経済部総合窓口課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6525

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからない時は

サブナビゲーションここまで