このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. コミュニケーション
  3. よくある質問
  4. てつづき
  5. 固定資産税
  6. 固定資産税の「評価替え」とは何ですか?

本文ここから

固定資産税の「評価替え」とは何ですか?

更新日:2022年8月18日

固定資産税は、固定資産の価格、すなわち「適正な時価」を課税標準として課税されます。

本来であれば毎年度評価の見直し(評価替え)を行い、「適正な時価」を基に課税することが納税者の皆さんの税負担を公平にします。

しかし、膨大な量の土地や家屋について、毎年度評価を見直すことは、事務量や徴税コスト抑制などの観点から、土地と家屋は、原則3年ごとに評価額を見直すことになっています。

この意味から評価替えは、この間における資産価格の変動に対応し、評価額を適正な均衡の取れた価格に見直す作業であるといえます。

なお、土地の価格は、地価の下落があり、価格を据え置くことが適当でないときは、価格を修正できることとなっています。

固定資産税

お問い合わせ

総務部税務課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-2590

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからない時は

サブナビゲーションここまで