このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. コミュニケーション
  3. よくある質問
  4. てつづき
  5. 市民税
  6. 市民税・県民税納税通知書の所得控除額と確定申告書の所得控除額が違うのはなぜ?

本文ここから

市民税・県民税納税通知書の所得控除額と確定申告書の所得控除額が違うのはなぜ?

更新日:2016年12月8日

 配偶者控除や生命保険料控除等、所得税(国税)と市民税・県民税(地方税)では控除額が異なるものがあります。市民税・県民税は住民の生活に直接関わりあう性質を持つ税金であることから、広く住民のかたにご負担いただくため、控除額は所得税より若干低くなっています。
 納税通知書に記載されている控除額は市民税・県民税の控除額であり、確定申告書に記載されている控除額は所得税の控除額です。

控除差額表

所得控除の種類 所得税の控除額 住民税の控除額
生命保険料控除 最高10万円 最高7万円
地震保険料控除 最高5万円 最高2万5千円
障害者控除 普通 27万円 26万円
特別 40万円 30万円
同居特別 75万円 53万円
寡婦(寡夫)控除 27万円 26万円
寡婦特別控除 35万円 30万円
勤労学生控除 27万円 26万円
扶養控除 一般 38万円 33万円
特定 63万円 45万円
老人 48万円 38万円
同居老親 58万円 45万円
配偶者控除 一般 38万円 33万円
老人 48万円 38万円
配偶者特別控除 最高38万円 最高33万円
基礎控除 38万円 33万円

市民税・県民税

市民税・県民税の概要についてはこちらをご覧ください。

市税のしおり

市民税・県民税のほか、法人市民税、軽自動車税、固定資産税など、税のしくみを分かりやすく紹介したものです。

お問い合わせ

総務部税務課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-2590

この担当課にメールを送る

本文ここまで