このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. いざというとき
  3. 防災
  4. 防災ガイド
  5. 守谷市防災ハザードマップ

本文ここから

守谷市防災ハザードマップ

更新日:2020年10月29日

近年のゲリラ豪雨、大型台風などによる被害の増大に伴い、想定し得る最大規模の洪水に対する避難体制を強化するため、国は「浸水想定区域」を見直しました。これを受けて、これまで市が発行していた「守谷市防災ガイド」を全面改訂し、「守谷市防災ハザードマップ」を作成しました。

マップには、川が氾濫した場合の浸水の深さ、避難場所、避難情報の入手方法などを掲載しています。災害発生時に皆さんが取るべき行動の確認や、事前の備えとして、ぜひご活用ください。

「守谷市防災ハザードマップ」は、平成31年2月に全戸配布いたしました。
また、交通防災課窓口でも配布しております。

現在配布しております「守谷市防災ハザードマップ」は、守谷市ひがし野地区の一部の地番が区画整理時の仮地番で表示されております。ご注意ください。

地点別浸水シミュレーション検索システム(浸水ナビ)

想定破堤点や堤防決壊(破堤)後、どこが・いつ・どのくらい浸水するかを知ることができます。
自身の住まいのリスクを確認してみましょう。

検索方法

(1)地点別浸水シミュレーション検索システムを見る。

(2)河川検索(守谷市内河川) 

 河川名を入力し検索ボタンを押します。候補が複数表示される場合は、次のとおり選択してください。

  • 利根川:利根川水系利根川 想定最大規模 利根川上流河川事務所
  • 鬼怒川:そのまま表示されます 
  • 小貝川:利根川水系小貝川 想定最大規模 下館河川事務所 

(3)破堤地点(青丸)を選択

 稲戸井調整地に関する氾濫のシミュレーションは表示されていませんので、浸水想定区域を参照ください。

マイ・タイムラインを作成してみませんか

災害から身を守るためには、適切に避難をすることが重要です。
災害時には個人の防災行動計画(スケジュール表)であるマイ・タイムラインを事前に作成しておくことで、いざというときの避難に役立ちます。
茨城県のホームページでは、マイ・タイムラインの作成手順や作成に関する大切なことを紹介しています。
近年は、大型の台風や豪雨による被害も増大しています。この機会に、自分自身がとる防災行動を考え、整理してみませんか。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。茨城県ホームページ(マイ・タイムラインを作ろう)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生活経済部交通防災課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6526

この担当課にメールを送る

本文ここまで