このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 妊産婦・子どもの健康と保健サービス
  4. 妊産婦の健康
  5. マタニティキーホルダー・陣痛時タクシー・いばらき身障者等用駐車場利用証について

本文ここから

マタニティキーホルダー・陣痛時タクシー・いばらき身障者等用駐車場利用証について

更新日:2020年1月8日

母子健康手帳交付時にマタニティキーホルダーを配布しています。このマークは妊産婦さんへの思いやりをマークにしたものです。


マタニティマーク

妊娠中、特に初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためのとても大切な時期です。しかし、外見からは妊婦であるかどうか判断しにくかったり、「つらい症状」がある場合もあります。
マタニティキーホルダーは、妊産婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲の人が妊産婦さんへの配慮を示しやすくするためのものです。ご活用ください。
マタニティマークは、厚生労働省のホームページからもダウンロードできます。

妊産婦にやさしい環境をつくりましょう

 もしも、あなたの住んでいる街や職場などでこのマークをつけているお母さんを見かけたら、

  • 電車、バスなどでは、優先して席を譲る
  • 近くでの喫煙は控える
  • 「お手伝いしましょうか?」の一言

など、妊産婦さんへの思いやりのある気遣いをお願いいたします。

陣痛時のタクシー利用について

急な陣痛に備えて確認しておきましょう

陣痛時に利用可能な福祉タクシー
事業者名 連絡先 平常時の利用 市外の対応 陣痛時の利用

株式会社守谷福祉協会
ふくろう福祉タクシー

0297-34-0294 対応可 要相談
  1. 事前に電話で申し込む
  2. 担当者が訪問し、面接をする(自宅の場所、荷物の準備、必要な時間帯、乗車予定人数などを確認します。)
  3. 面接後登録完了
  4. 陣痛が30分から15分間隔になったら連絡可
利用せずに出産した場合はその旨連絡ください。

平常時の利用とは、妊婦健診、買い物等です。

守谷市内のタクシー事業者
守谷市内のタクシー事業者 連絡先 陣痛時の利用 市外の対応 備考
小川交通有限会社 0120-58-4111 不可
  • 陣痛時の利用が可能な事業所でも、夜間の配車が少なかったり、深夜は営業時間外だったりする場合があります。必ず事前に問合せして確認をお願いします。
  • 破水している場合は、車内を汚さないよう毛布や防水シーツ、ビニールシートなどの準備が必要です。
  • 移送時の介助は通常行いません。自力で乗り降りできる場合または介助者がいる場合のみ利用可能です。

関鉄県南タクシー株式会社

0120-85-8817 不可

守谷タクシー有限会社

0120-84-0009 不可

平常時の利用とは、妊婦健診、買い物等です。

いばらき身障者等用駐車場利用証をご利用ください

妊娠7か月から産後6か月まで使える駐車場利用証です

いばらき身障者等用駐車場利用証

妊産婦で妊娠7か月から産後6か月のかたが利用できる「いばらき身障者等用駐車場利用証」を希望されるかたは、母子健康手帳を持参のうえ市役所1階子育て世代包括支援センター又は保健センターにて申請してください。

いばらき身障者等用駐車場利用証制度をご利用ください

お問い合わせ

守谷市保健センター
〒302-0109 茨城県守谷市本町631番地の1
電話:0297-48-6000
ファクス:0297-48-6319

この担当課にメールを送る

本文ここまで