このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

こどもの定期予防接種

更新日:2020年8月14日

予防接種とは

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、生後12か月にはほとんどが自然に失われていきます。そのため、赤ちゃん自身で免疫を作って病気を予防する必要がでてきます。これを助けるのが、予防接種です。
 予防接種とは、感染症の原因となるウイルスや細菌、菌が作り出す毒素の力を弱めて予防接種液(ワクチン)を作り、それを身体に接種することで、その病気に対する免疫を作ることです。
 予防接種を受けるか受けないかの最終的な判断は、保護者に任されています。感染症やワクチンの特徴、副反応については、「予防接種とこどもの健康」に記載されていますので、内容をよく読み、保護者のかたが納得した上でお子さんの体調がよい時に予防接種を受けましょう。
 守谷市では、「予防接種予診票」と「予防接種とこどもの健康」を、出生届を出した際に、市役所1階子育て世代包括支援センターにてお渡しします。(他市区町村で出生届を出されたかた、転入されたかたも子育て世代包括支援センターにてお渡ししますので、あらかじめご相談ください。)

こどもの定期予防接種

種類 対象年齢 回数・間隔 備考
ヒブ感染症 生後2月から生後60月に至るまで

【初回】27日以上あけて3回
【追加】初回接種終了後、7月以上あけて1回

初回接種時期により接種回数・接種間隔が変わります。
小児肺炎球菌 生後2月から生後60月に至るまで

【初回】27日以上あけて3回
【追加】初回接種終了後、60日以上あけ、かつ生後12月に至った日以降に1回

初回接種時期により接種回数・接種間隔が変わります。
B型肝炎

生後2月から生後12月に至るまでの間

【初回】27日以上あけて2回
【追加】第1回目の接種日から139日以上あけて1回

母子感染防止として、出生後に抗HBs人免疫グロブリンの投与に併せて、健康保険によるB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は、健康保険の適用となるため定期予防接種の対象にはなりません。
ロタウイルス 生後6週から生後24週0日または生後32週0日までの間 27日以上あけて2回または3回

ワクチンの種類により対象年齢・接種回数が異なります。
令和2年8月生まれ以降が定期接種の対象となります。

四種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ) 生後3月から生後90月に至るまでの間

【初回】20日以上あけて3回
【追加】初回接種終了後6月以上あけて1回

BCG 生後3月から生後12月に至るまでの間 1回
MR(麻しん風しん混合)

1期:生後12月から生後24月に至るまでの間
2期:小学校就学前の1年間(幼稚園、保育園の年長にあたる)

1期:1回
2期:1回

それぞれ対象年齢になったら早めに受けましょう。
水痘(水ぼうそう) 生後12月から生後36月に至るまでの間 3月以上あけて2回
日本脳炎

1期:生後6月から生後90月に至るまでの間(標準的には1期初回は3歳から4歳に至るまでの間)
2期:9歳から13歳未満

【1期初回】6日以上あけて2回
【1期追加】1期初回終了後6月以上あけて1回
【2期】1回

平成21年10月1日までに生まれた方で、日本脳炎予防接種の積極的勧奨の差し控えにより接種が完了されていない方は、「日本脳炎予防接種年齢拡大のお知らせ」をご覧ください。
二種混合(ジフテリア・破傷風) 11歳から13歳未満 1回
子宮頸がん(HPV) 小学校6年生から高校1年生相当(12歳となる年度の初日から16歳となる年度の末日まで)の女子 3回

ワクチンの種類により接種間隔は異なります。
(注釈)平成25年6月14日に厚生労働省から通知があり、子宮頸がん予防接種は、積極的勧奨を差し控えています。なお、接種の中止ではありませんので、接種を希望されるかたは定期予防接種(無料)として接種ができます。
詳細は「子宮頸がん予防接種の積極的勧奨の差し控えについて」をご覧ください。


予防接種における接種年齢の数え方

年齢は、「年齢計算ニ関スル法律」により、出生した日を一日として年齢を起算し、誕生日の前日24時限りをもって年齢を加えることとなっています。(法律上年齢が加算されるのは誕生日の前日です)
「至るまでの間」及び「未満」は対象日の前日までを指します。

予防接種スケジュール管理に便利なツール

もりや子育てナビ

webで生年月日を登録するだけで、お子さんの予防接種スケジュールが簡単に管理できるようになります。

保健センター予定表に掲載した内容です。
いつ頃、どの予防接種を受ければよいかの参考にしてください。

接種場所

予防接種はすべて、医療機関にて行う個別接種です。集団接種は行っておりません。
市内の予防接種協力医療機関をご確認ください。

市外の医療機関で定期予防接種を希望される場合は、 以下のページをご参照ください。

市外の医療機関で定期予防接種を希望する場合

持ち物

  • 母子健康手帳
  • 予診票
  • 予防接種と子どもの健康
  • 保険証

予防接種はかかりつけ医で受けましょう

予防接種は、健康状態や生活習慣を把握している、かかりつけ医で受けましょう。
かかりつけ医で受けることで、以下のメリットがあります。

  • ご自身の体調に合わせて接種しやすい
  • 接種後の体調変化に気づきやすく、副反応が起きた場合の対応や相談がしやすい
  • 接種回数や接種間隔の間違いが起きづらい

かかりつけ医をお持ちでない方は、この機会にかかりつけ医を持つことを検討しましょう。
かかりつけ医についての詳細は、日本医師会のホームページをご参照ください。

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う定期の予防接種の実施に係る対応について

新型コロナウイルス感染症の流行が心配で病院に行くのが不安です。予防接種は受けたほうがよいですか?

コロナウイルスが流行していますが、定期予防接種の対象期間延長はありますか?

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

守谷市保健センター
〒302-0109 茨城県守谷市本町631番地の1
電話:0297-48-6000
ファクス:0297-48-6319

この担当課にメールを送る

本文ここまで