このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 子育てひろばウェブ版
  4. 子どもを預ける
  5. 新型コロナウイルスに関連する保育所の対応

本文ここから

新型コロナウイルスに関連する保育所の対応

更新日:2020年6月8日

6月以降の幼児教育・保育施設における対応について(令和2年6月8日)

 保護者の皆様には、新型コロナウイルス感染症拡大防止の取組に対して御理解と御協力をいただき、御礼申し上げます。
 茨城県におきましては、6月8日以降は【感染が抑制できている状態】と判断し、茨城版コロナNext(ねくすと) におけるステージ1に緩和することが決定いたしました。この決定を受けまして、守谷市の教育・保育施設におきましては、下記のとおり、6月15日(月曜)から通常保育といたします。
 しかしながら、感染拡大防止に向けた取組は、引き続き継続していくことが必要です。保育所等では可能な限りお子様の安全を守るため、感染症対策に最大限の努力をしてまいりますが、感染リスクをゼロにすることは難しい状況にあります。家庭保育が可能な場合や、お仕事が早く終わったときの早めのお迎えなど、皆様の御協力をお願いいたします。
 また、今後におきましても、保護者のかたもお子様も、御心配や御不安を感じたときには、利用施設の職員等に遠慮なくご相談ください。
 守谷市の教育・保育施設におきましては、4月から保育の利用自粛を要請し、5月からは申出制による保育の縮小を行ってまいりました。保護者の皆様におかれましては、御理解と御協力を賜りましたことを、心より感謝申し上げます。

  • 教育、保育施設の利用自粛について
  1. 6月1日(月曜)から6月14日(日曜)まで
    可能な範囲での利用自粛への御協力についてお願いいたします(申出制ではありません)。保育料については日割り計算といたします。
  2. 6月15日(月曜)以降
    通常保育となります。利用自粛による保育料減免は行いません。
    今後の保育や行事等の実施方法等については、各施設の判断により決定します。

教育・保育施設において、新型コロナウイルス感染症の発生が確認された場合の対応方針について

本方針は現時点での市の見解としてお示しするもので、新型コロナウイルス感染症が発生した場合には、休園に伴う影響等を十分に考慮し、県と相談の上、休園の判断をいたします。

市内教育・保育施設の職員、児童に新型コロナウイルス感染症が発生した(陽性が確認された)場合

  • 検査にて陽性が確認された職員、児童については、治癒し、感染の恐れが無くなるまでの間、登園等を避けるよう要請します。
  • 保健所等が濃厚接触者として特定した職員、児童についても、陽性が確認された職員又は児童と最後に接触した日から起算して14日間を経過す るまで、かつ、検査において陰性が確認されるまで、登園等を避けるよう要請し、健康観察を行います。
  • 茨城県と相談の上、検査にて陽性が確認された職員、児童が在籍する施設については14日間を目安として一部又は全部の休園の判断をします。
  • 休園しない場合でも、健康と安全を第一に考え、可能な限り、登園等を避けるよう要請し、教育・保育の提供を縮小します。

職員、児童や同居する方(家族等)が濃厚接触者に特定された場合

  • 濃厚接触者に特定された職員、児童は、陽性が確認された方と最後に接触した日から起算して14日間を経過するまで、かつ、検査において陰性が確認されるまで、登園等を避けるよう要請し、健康観察を行います。
  • 濃厚接触者に特定された方が、検査において陰性であることが確認されるまで、同居する職員、児童は、登園等を避けるよう要請します。

市内における新型コロナウイルス感染症の感染が著しく拡大している場合

  • 市内全体の保育の提供の縮小や臨時休園を検討します。


今後、市内において新型コロナウイルスの感染者が確認された場合等、市の対応が急きょ変更することも、あらかじめ御承知おきくださいますようお願いいたします。

6月以降の幼児教育・保育施設における対応について(令和2年5月26日)

新型コロナウイルス感染症拡大防止の取組に対し、多大なる御理解と御協力を賜り厚く御礼申し上げます。
守谷市におきましては、申出制による保育の提供として5月末まで強い自粛のお願いをいたしました。多くの保護者の皆様に御理解と御協力をいただきましたことを、重ねて御礼申し上げます。
緊急事態宣言は全国で解除されましたので、今後の守谷市での対応につきまして、下記のとおりといたします。
保育所等の利用自粛要請について
(1)5月31日(日曜)まで
申出制による保育提供の縮小を継続いたします。
(2)6月1日(月曜)から6月14日(日曜)まで
可能な範囲での利用自粛への御協力についてお願いいたします。(申出制ではありません。)保育料については日割り計算といたします。
(3)6月15日(月曜)以降
6月8日(月曜)を目途に判断いたします。

保育所等では可能な限り児童の安全を守るため、感染症対策に最大限の努力をしてまいりますが、感染リスクをゼロにすることは難しい状況にあります。家庭保育が可能な場合や、お仕事が早く終わった時の早めのお迎えなど皆様の御協力をお願いいたします。
また自粛期間が長くなり、精神的な負担を感じているお子様や保護者の方もいらっしゃると思います。御不安や御心配がある場合には、遠慮せず保育所等へ御相談ください。
今後、市内において新型コロナウイルス感染者が確認された場合等、市の対応が急きょ変更することも、あらかじめ御承知おきくださいますようお願
いいたします。

新型コロナウイルス感染症の影響による保育所の入園等に関するFAQ(保護者用)

令和2年4月に保育所に入園を予定しているかたや既に保育所に在園しているかたから、新型コロナウイルス感染症に関して、多くのご質問やご相談をお受けております。
その中でも、特に多く寄せられているご質問について、市の対応をまとめましたので、ご確認ください。
今後、国の動向等により、内容が変更になる場合もあります。その場合は、以下のFAQを随時更新していきます。

5月受付分の保育所入所申込み・転園希望届の受付について

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から窓口の混雑緩和を図るため、郵送による受付を行います。(5月29日(金曜)守谷市役所児童福祉課必着)
窓口での申込みも受付しておりますが、長時間の滞在を避けるため、事前に必要書類にご記入の上お越しくださいますようお願いいたします。ご不明な点がございましたら、お電話で事前にご確認ください。

(注意1)守谷市内にお住まいのかたで、市外の保育所等をお申込みされるかたは、希望の市区町村に事前に必要書類や締切日等をご確認いただき、締切日から1週間ほど余裕をもってご提出ください。
(注意2)5月受付分の申込みは、7月以降入所希望のものが対象です。

郵送によるお申込みをする際の注意点

(1)5月受付分(7月以降入所)の保育所入所申込み・転園希望届の受付は、5月29日(金曜)までに守谷市役所児童福祉課必着したものが有効です(ポスト投函日ではありません)。

  • 5月30日(土曜)以降に到着した場合は、6月受付となります。
  • 保育所入所申込み内容の書き漏れや書き間違え、書類不備があった場合は、利用調整の対象外となります。
  • 就労証明書等のお勤め先等に証明していただく書類について、現在は休業等により証明してもらうことが困難な状況であると思いますが、利用調整を行う上で、大変重要な資料となりますので、ご用意いただきますようお願いいたします。
  • 個人番号を確認するための書類として、マイナンバーカードの写し(両面)または通知カードの写しをご提出ください。通知カードの写しの場合は、別途身元確認書類の写しもご提出ください。身元確認書類は「令和2年度 守谷市保育所等入所のご案内」の7ページをご確認ください。

(2)特定記録郵便または簡易書留での送付を推奨いたします。

  • 普通郵便での郵便事故等、市で入所申込書等の到着が確認できない場合の責任は負いかねます。
  • 転園希望届の場合は、特定記録郵便または簡易書留での送付は必要ありません。

児童福祉

お手元に申請書がない場合は、「児童福祉」よりダウンロードしてください。また、守谷市役所児童福祉課窓口で配布しているほか、郵送での送付を希望されるかたは、ご連絡ください。

緊急事態宣言解除に伴う教育・保育施設における対応について(令和2年5月18日)

新型コロナウイルス感染症拡大防止の取組に対し、多大なる御理解と御協力を賜り厚く御礼申し上げます。
茨城県を対象として発令されていた緊急事態宣言については5月14日(木曜)に解除されました。守谷市においては、利用自粛をお願いしていた期間における保育施設の利用自粛率は最大約7割となり、幸いにも、今日までの教育・保育施設における新型コロナウイルス感染症の発生事例はありませんでした。
これも皆様の感染拡大防止に向けた取組に御協力をいただいた結果だと、重ねて感謝申し上げます。
現在実施しております申出制による保育の提供については、4月28日(火曜)にお知らせいたしましたとおり5月末まで継続いたしますが、緊急事態宣言の解除により、5月中に追加で保育施設の利用が必要になった場合には、その旨を保育施設に御相談いただきますようお願いいたします。6月以降の対応につきましては、茨城県の基本方針を基に検討いたします。
守谷市は緊急事態宣言が継続されている東京都等を通勤圏とする保護者の方も多く、また国内においては新型コロナウイルス感染症の新規発生事例は依然確認されており、収束したとは言い難い状況です。保護者の皆様には、国が公表した「新しい生活様式」の実践と、可能な場合には自宅保育の御協力をお願いいたします。

教育・保育施設の利用自粛継続に伴う被雇用者の休暇取得への御配慮について(お願い)(令和2年5月6日追記)

日頃から守谷市の教育・保育行政に御協力を賜り御礼申し上げます。
守谷市では、保護者の方に4月8日から5月6日までの教育・保育施設の利用自粛のお願いしておりましたが、更なる感染拡大防止に取組むため、引き続き5月31日まで利用自粛を継続することを決定いたしました。
雇用主の皆様におかれましては、全国的に感染が拡大する中で経営にも大きな影響が出ているところ大変お心苦しいのですが、守谷市在住の被雇用者の方が、市の保育施設の登園自粛要請に対し自宅で保育するための休暇を取得することについて、引き続き、特段の御配慮をいただきますようお願い申し上げます。
新型コロナウイルス感染拡大を防止し、生命を守るための行動のひとつとして、何卒、御理解と御協力を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。
また、新型コロナウイルス感染症は日々状況が変化しており、市の対応も急きょ変更する場合があることも、あわせて御承知おきくださいますようお願いいたします。

教育・保育施設における保育提供の縮小(令和2年4月28日追記)

日頃から、新型コロナウイルス感染拡大防止の取組みにつきまして、御理解と御協力をいただき誠にありがとうございます。
教育・保育施設の利用につきましては、令和2年4月8日(水曜)から令和2年5月6日(水曜)まで、自粛のお願いを申し上げ、現在約6割のかたに御協力をいただいている状況となっております。保護者の皆様のお力添えに、改めて感謝申し上げます。
しかし、未だに新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、教育・保育施設の利用においては、「3密(換気の悪い密閉空間、多くの人が密集、近距離での会話や発声)」を防ぐことが困難な場面もあり、なお一層の御協力が必要な状況にあります。
また、市内公立小中学校におきましては、令和2年5月31日(日曜)まで臨時休業とすることを決定いたしており、教育・保育施設においても、更なる感染拡大防止に取組む必要があるため、令和2年5月1日(金曜)以降において、下記のとおり保育の提供を縮小させていただきます。お子様の生命や健康を第一に考える観点からの苦渋の決断となりますことを御理解いただき、何卒御協力くださいますようお願いいたします。
なお、新型コロナウイルス感染症は日々状況が変化しており、市の対応も急きょ変更する場合があることも、あらかじめ御承知おきくださいますようお願いいたします。
 

  1. 実施期間
    令和2年5月1日(金曜)から令和2年5月31日(日曜)
  2. 受入対象となるかた
    医療体制や社会機能を維持するために就業の継続が必要なかたや、特別な事情があり家庭保育が困難なかた
  3. 提出方法
    「緊急特別保育利用申出書(5月分)」を、令和2年5月1日(金曜)までに、各園にご提出ください。
  4. 保育料
    保育料は、日割り計算となります。ご利用の施設によって保育料の精算方法が異なります。

詳しくは、緊急特別保育利用申出書の留意事項新型コロナウイルス感染症拡大防止のための教育・保育施設における保育提供の縮小について(お願い)をご確認ください。

更なる登園自粛のお願い(令和2年4月17日追記)

茨城県では、令和2年4月4日に守谷市を含む10市町に対し「感染拡大要注意市町村」に指定し、外出自粛要請と、社会機能を維持するために必要な職種を除きオフィスでの仕事は原則自宅で行っていただくよう通勤自粛要請をしました。
守谷市においては、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、令和2年4月6日(月曜)に「新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための教育・保育施設利用の自粛について(お願い)」の通知により、令和2年4月8日(水曜)から令和2年5月6日(水曜)までの間、皆様に施設利用の自粛のお願いをしており、現在、約3割の登園自粛をしていただいている状況になっております。
国においては、東京都など7都道府県に発出していた緊急事態宣言の対象地域を、4月16日には全都道府県に拡大し、茨城県を特定警戒都道府県と位置付ける等感染拡大防止に努めております。
つきましては、以下の「保護者宛て:保育施設利用の自粛について(お願い)」の内容をご確認いただきまして、休暇取得等により自宅でお子様の保育が行える場合には、更なる御協力をお願いいたします。
また、休暇取得がしやすくなるよう、市からの雇用主様宛に休暇取得を御配慮いただきたい旨の依頼文書「雇用主様あて:教育・保育施設の利用自粛に伴う被雇用者の休暇取得へのご配慮について(お願い)」を以下のとおり作成いたしましたので、御活用ください。
新型コロナウイルス感染症は日々状況が変化しており、市の対応も急きょ変更する場合があることも、あらかじめ御承知おきくださいますようお願いいたします。

登園自粛のお願い

守谷市内の公私立教育・保育施設(幼稚園、保育所、認定こども園、小規模保育事業、家庭的保育事業、守谷市乳幼児保育室(認証保育園)の認証枠内)については、感染予防策に留意した上で、原則として開園しておりますが、このたび市立小中学校の休校が延長されたことを踏まえ、感染拡大防止に向けた対策を強化することといたしました。
つきましては、以下の「新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための教育・保育施設利用の自粛について(お願い)」の内容をご確認ください。なお、登園自粛にご協力いただける場合は、現在通っている保育所等に連絡いただきますようお願いいたします。
登園自粛の要請期間は、令和2年4月8日(水曜)から令和2年5月6日(水曜)までとします。

登園自粛に伴う保育所保育料の取り扱い(2020年4月分以降)

「新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための教育・保育施設利用の自粛について(お願い)」に掲載したとおり、無償化対象児童を除き、登園自粛にご協力いただいた日数において日割り計算といたします。(4月1日分から適用となります。)いったんお支払いいただき、後日還付する予定です。詳細につきましては、決定次第、ご案内します。

登園自粛に伴う保育所保育料の取り扱い(2020年3月分)

新型コロナウイルス感染症について、国からの通知により、保育所等については臨時休業の要請の対象外であり、感染の予防に留意した上で、原則として開所することとされています。
しかし、新型コロナウイルス感染症の国内における発生状況を鑑み、守谷市では、「 同一の月において11日以上連続(日曜・祝日除く)して、保護者の判断により自主的な登園回避をした児童」については、利用者負担額(保育料)の減免の対象とすることといたします。減免を受けるためには申請が必要となります。
詳細は以下をご確認ください。(なお、市外の保育所等については、減免申請の提出先は市役所児童福祉課のみとなります。)


また、認証保育制度の保育料についても、今回同様の取扱いといたします。減免を受けるためには申請が必要となります。

詳細は以下をご確認ください。

保育所(園)の詳細情報

保育所(園)のご案内

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健福祉部児童福祉課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6527

この担当課にメールを送る

本文ここまで