このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

大井沢小学校要請訪問(10月30日)

更新日:2013年11月12日

 大井沢小学校を訪問しました。大井沢小学校では「自分の考えをもち、表現できる児童の育成」という研究テーマを設定し、児童の学力向上、教師の授業力向上を意識した取組が行われていました。
 研究テーマに迫るために、ユニバーサルデザインを意識した授業を展開していました。
「分かる授業の展開」「学ぶ楽しさが実感できる授業」を大井沢小学校では追究しています。
 5年生の国語の授業「物語のしかけを探そう」では、物語文「注文の多い料理店」と「つりばしわたれ」を比較し、構成や表現の工夫のおもしろさを読み取る授業が行われました。付箋紙に共通点(赤の付箋紙)、相違点(青の付箋紙)を記入し視覚に訴える工夫や話合いの視点を明確にし板書するなど、様々な工夫が見られました。
  話合い活動では、「意見をつなぐ」ことが意識されており、「○○さんの意見と同じですが、~だと思います。」「○○さんと少し違いますが・・・」のように、多くの児童が、友達の意見をよく聞いて、自分の意見を発表していました。
平成25年10月30日(水曜)
 

お問い合わせ

教育委員会教育指導課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-5703

この担当課にメールを送る

本文ここまで