このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

とり肉の甘夏ソースがけのつくりかた

更新日:2019年11月26日

とりもも肉を竜田揚げにして、甘夏ソースをかけます。しょうゆベースに甘夏の甘酸っぱさが効いたソースが、食欲を誘う一品です。

材料:1人分(カッコ内は4人分の量)

鶏もも肉:60グラムを1枚(60グラムを4枚)
下味用調味料

  • 日本酒:小さじ1(4人分だと小さじ4)
  • しょうゆ:小さじ1と3分の1(4人分だと小さじ5と3分の1)
  • 生おろししょうが:少々(4人分だと小さじ1くらい)

甘夏ソースの材料(注意:生の甘夏を使うときは、砂糖の分量を増やしてください

  • 甘夏みかんの缶詰(生の甘夏でも可):40グラム(4人分だと160グラム)
  • 長ネギ:3から4センチメートル(4人分だと1本くらい)
  • しょうゆ:小さじ3分の2(4人分だと小さじ2と3分の2)
  • 砂糖(上白糖):小さじ1と3分の2(4人分だと小さじ6と3分の2)
  • ごま油:少々(4人分だと小さじくらい)

かたくり粉:15グラム(4人分だと60グラムくらい)
揚げ油:適量

つくりかた

  1. 鶏もも肉を、合わせた下味用調味料(日本酒・しょうゆ・生おろししょうが)に漬け、20分ほど置きます。
  2. 甘夏ソースを作ります。甘夏みかんは、缶詰ならばシロップを捨てて、身だけを使います。生の甘夏みかんならば外皮・薄皮と種をむいておきます。まず、軽く身をほぐした甘夏みかんと砂糖をボウルに入れ、しゃもじなどで軽くつぶします。次にみじん切りにした長ネギとしょうゆをボウルに入れ混ぜます。さいごに、ごま油を入れ、砂糖が溶けるまで軽く混ぜます。(給食では火を通して作りますが、家庭では加熱しなくてもよいです)
  3. 下味をつけたとり肉にかたくり粉を全面にまぶして、余計な粉をはたいておきます。
  4. 180度に熱した揚げ油でとり肉を揚げます。
  5. とり肉が揚がったら、熱いうちに皿に盛り付け、甘夏ソースをまわしかけます。
  • 調味料の分量は、給食での大量調理用レシピから割り出した量です。味見をして調味料の量は調整をしてください。
  • 給食では1人1個の献立ですが、たくさん食べる場合は数量を増やしてください。
  • 生の甘夏みかん1個をむくと、およそ200グラムになります。(大きさにより変わります)
  • 甘夏以外のかんきつ類でもおいしく作ることができますので、お試しください。

お問い合わせ

教育委員会学校給食センター
〒302-0116 茨城県守谷市大柏1064番地の2
電話:0297-48-0253
ファクス:0297-48-5388

この担当課にメールを送る

本文ここまで