このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

認知症サポーター養成講座

更新日:2021年6月24日

認知症への取り組み

あなたの身近な場所で認知症サポーター養成講座を開催しませんか

認知症は、要介護状態の原因となる一番の病気です。これから高齢社会が進むと、認知症高齢者も増加すると考えられます。

認知症になっても、住みなれた地域で生活ができるよう、地域で認知症のかたや家族を応援するかたが必要になっています。

あなたも、認知症サポーターになって、地域の応援者になりませんか。

広がれ!認知症サポーターの輪

守谷市認知症サポーター数

4,942人(令和3年3月末現在)

認知症サポーターとは

  • 認知症を理解し、認知症のかたやその家族を見守る「応援者(サポーター)」です。
  • 認知症サポーター養成講座を受講したかたが認知症サポーターです。
  • 講座を修了されたかたには、「認知症サポーターカード」をお渡しします。

認知症サポーターの活動

特別な活動ではなく、地域で困っているかたを見かけたら声をかけるなど、一人ひとりが日常生活の中でできることをお願いするものです。

認知症サポーター養成講座の内容

  • 時間:約60分から90分
  • 認知症の基本的な知識
  • 認知症のかたとの接しかたなど

講座は、研修を受けたキャラバン・メイトが講師となります。

申し込みは何人から?

市内に在住在勤のかたで、近所の集まりから、自治会、職場、サークル、地域活動のグループなどでおおむね5名以上のグループです。

どこへでも、キャラバンメイト(講師)が、お伺いします。

申し込みの方法

申込用紙に必要事項を記入のうえ、直接、守谷市役所健幸長寿課へお申し込みください。

電話:0297-45-1111(直通)

ファックス:0297-45-6527

個人で参加できる講座

認知症サポーター養成講座は、原則として5名以上のグループを対象に開催していますが、認知症に関心をお持ちのかたが一人でも多く受講できるように、個人申込の受付を開始しました。

なお、期日指定がありますのでご注意ください。

今までの開催状況

ボランティアグループ、民生委員、女性セミナー、生命保険営業所、守谷市職員など

守谷市高齢者福祉・介護保険ガイドブック

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健福祉部健幸長寿課
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6527

この担当課にメールを送る

本文ここまで