このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

認知症早期発見のめやす

更新日:2019年4月15日

物忘れが気になりはじめた、「あれ?」と思ったら年のせいだと片付けないで、早めの相談・受診が大切です。
本人以外の周囲のかたが早く気付くことも、早期発見には大切です。
いくつか思い当たることがあれば、早めの受診や相談をおすすめします。
認知症は早期発見・早期治療が大切になる病気なので、早めにかかりつけ医や専門の医療機関に受診しましょう。

認知症早期発見のめやす

生活上の心配やお困りごと

  • 日にちを忘れるようになった
  • 身だしなみに気を使わなくなった
  • 薬の飲み忘れが多くなった
  • ゴミの分別やゴミ出しができなくなった
  • お金の管理が心配になった
  • 「物を盗まれた」というようになった
  • 自分で電話をかけるのが難しくなった
  • 家に引きこもることが多くなった
  • サービスの利用を嫌がるようになった
  • トイレを失敗するようになった
  • 最近、転びやすくなった
  • 鍋を焦がしたり、暖房器具の消し忘れなど火の不始末が心配になった
  • 直前の出来事や話したことを忘れるようになった
  • 何となく元気がなかったり、興味や関心を示さなくなった
  • 些細なことで怒ったり、不安を抱くようになった
  • 物の置き忘れやしまい忘れが目立つようになった
  • 家にいてもウロウロするようになった
  • 着替えやお風呂に入るのを嫌がるようになった
  • 夜中に起きだし、歩き回ったり騒いだりするようになった
  • 家族や介護者に対し、暴言や暴力をふるうようになった
  • 見えないものが見えたり、聞こえたりすると言うようになった
  • 安全に車を運転できるのか心配になった

ご家族(介護者)の今の心境

  • 最近、特に目が離せなくなってきた
  • 最近、特に介護するのが大変になってきた
  • 最近、特に気が休まらない感じがする

上記のポイントをまとめたものです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健福祉部介護福祉課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6527

この担当課にメールを送る

本文ここまで