このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. 高齢者・福祉
  3. 大人の健康と保健サービス
  4. 感染症
  5. 成人男性への風しん抗体検査・定期予防接種(クーポンを配付しています)

本文ここから

成人男性への風しん抗体検査・定期予防接種(クーポンを配付しています)

更新日:2021年4月1日

2019年4月から2022年2月末までの3年間、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象にクーポンを配布し、風しんの抗体検査と予防接種を実施しています。
守谷市では、クーポンを使って抗体検査をしたかたのうち、4人に1人が陰性(予防接種が必要)でした。(令和元年度と令和2年度の実績から)
クーポンをお持ちのかたは、この機会にぜひ抗体検査を受けましょう。

本事業以外にも、守谷市では、風しんの予防接種費用を一部助成しています。詳細は、このページ下部をご参照ください。

抗体検査・予防接種を受けるためには「クーポン」が必要です。

令和3年度 クーポン送付対象について(令和3年4月1日~令和4年2月28日まで使用可能)
対象者 クーポン入手方法

昭和37年4月2日から
昭和54年4月1日の間に生まれた男性

風神の絵が描かれた封筒に入れて送ります。
(令和3年3月より順次送付しています)


クーポンを使用して検査を受けることができるのは1回のみです。

  • クーポン使用履歴を確認するのには2か月ほどかかることもあり、令和3年1月から3月の間にクーポンを使用したかたにも、令和3年4月にクーポンが届いてしまいます。

(令和2年12月までに守谷市のクーポン券を使用したかたには送付しません)

  • 期間中に守谷市に転入されたかたは、前市区町村のクーポンを使用していても、使用履歴の確認が困難なため、守谷市のクーポンが届いてしまいます。

重複使用分は自己負担となってしまうため、使用にあたってはご注意ください。

クーポンを使った場合の費用

抗体検査:無料
予防接種:無料(抗体検査の結果、抗体がないことが明らかになったかた)

クーポン券を使用できる場所

抗体検査:全国の協力医療機関守谷市で行う特定健診会場、会社の健康診断会場
予防接種:全国の協力医療機関

注記)

  • 守谷市で行う特定健康診査は完全予約制です。医療機関での抗体検査もご検討ください。
  • 医療機関によって、診療日時に違いがあります。受診前に、お電話で確認することをお勧め致します。
  • 全国の協力医療機関は、厚労省HPでご確認ください。
  • 市内医療機関については、以下をご参照ください。

市内協力医療機関一覧(令和3年2月8日現在)(PDF:169KB)

風しんポスターの画像
守谷市内では、このポスターが貼ってある病院で受けられます

以下に該当するかたは保健センターにご相談ください

  • クーポンを紛失してしまった・見当たらないかた
  • 他自治体から転入し、クーポンが手元にないかた

保健センターへお電話いただくか、または、お名前・生年月日・住所・電話番号を記入のうえ、メール(hoken@city.moriya.ibaraki.jp)かページ下部の「この担当課にメールを送る」より、お申込みをお願い致します。

クーポン券を使用する上での注意点

  • 抗体検査や予防接種は、クーポン券の持参が必須です。忘れた場合、その日は受けることができません。
  • 転入転出によりクーポン券に印字された自治体名と、住民票のある自治体が異なる場合、クーポン券を使用することはできません。必ず受診時に住民票のある自治体にて再発行を受けてから受診してください。使用後、転出する予定があるかたは、あらかじめ保健センターにお問合せをお願いします。

抗体検査・予防接種の受け方

1.抗体検査の対象かを確認する

守谷市が発行するクーポン券をお持ちのかたが対象になります。
過去に風しんにかかった記録をお持ちのかたや、抗体検査をうけた記録をお持ちのかたでも、抗体検査を受けることができます。ただし、平成26年(2014年)4月1日以降に抗体検査を受け、陰性の記録をお持ちのかたは、抗体検査を行わず、予防接種を受けてください。

2.抗体検査の受けかた

全国の協力医療機関」「守谷市が行う特定健診の会場」「会社の健康診断の会場」に、守谷市が発行したクーポン券・本人確認書類(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)を持参する。
受診表に記入し、抗体検査の対象であることを確認したうえで、抗体検査を受ける。
後日、対面や郵送で、抗体検査の結果を記した受診表が返却される。
(返却された受診表は、検査結果の証明となるため、大切に保管しましょう。)

陽性(抗体がある)の場合:予防接種をする必要はありません
陰性(抗体がない)の場合:予防接種を受ける必要があります

3.予防接種の受けかた

抗体検査の結果、十分な量の風しんの抗体がないことが判明したかたは、定期予防接種の対象となります。
全国の協力医療機関へ、抗体検査結果・予防接種のクーポン券・本人確認書類
(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード等)を持参する。
病院に用意されている予診票に記入し、予防接種の対象者であることを確認のうえ、予防接種を受ける。
(返却された予診票は、予防接種を受けた証明となるため、大切に保管しましょう。)

その他

風しんの抗体検査・予防接種に関する事業の情報まとめ

対象者 リンク

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性
(守谷市が発行したクーポン券が必要)

成人男性への風しん抗体検査・定期予防接種
(このページ)

昭和39年4月2日から平成2年4月1日の間に生まれた

  • 妊娠している女性の夫(胎児の父)
  • 妊娠を希望する女性

風しん予防接種費用の助成
(守谷市ホームページ)

各事業ごとに、助成の条件や料金等が異なります。
詳細は、必ず各ページをご参照ください。

風しんに関してのQ&A

風しんについての詳細は、厚生労働省ホームページや、守谷市ホームページをご参照ください。
風しんは大人がかかると、発熱や発疹の期間が子どもに比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。
また、妊娠20週頃までの女性が風しんウイルスに感染すると、眼や心臓、耳等に障害をもつ(先天性風しん症候群)子どもが出生することがあります。(妊娠1か月でかかった場合は50パーセント以上、妊娠2か月の場合は35パーセントなどとされています)
妊娠中の女性は予防接種が受けられないため、多くのみなさんが抗体を持っておく必要があります。

特に今回抗体検査・予防接種の対象となっている世代の男性は、抗体保有率が他の年代の方と比べて低い状況です。この期間に抗体検査・予防接種を受けるようにしましょう。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

守谷市保健センター
〒302-0109 茨城県守谷市本町631番地の1
電話:0297-48-6000
ファクス:0297-48-6319

この担当課にメールを送る

本文ここまで