このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. 高齢者・福祉
  3. 大人の健康と保健サービス
  4. 健康のお知らせ
  5. がん治療をされているかたのウィッグ、乳房補整具購入費用助成のご案内

本文ここから

がん治療をされているかたのウィッグ、乳房補整具購入費用助成のご案内

更新日:2019年3月29日

がんの治療に伴う外見の悩みを抱えているがん患者の心理的及び経済的な負担を軽減するとともに、就労等の社会参加を促進し、療養生活がよりよいものとなるように、ウィッグ及び乳房補整具の購入費用を助成します。

助成の対象者(次の全ての項目に該当するかたです。)

  1. ウィッグ等の購入時から申請を行う日まで、守谷市に住所を有するかた
  2. 市税の滞納がないかた
  3. がんの治療を受けたかた又は現に受けているかたで、治療の副作用による脱毛又は乳房の切除等に対処するためにウィッグ等を購入したかた。
  4. 同種の助成等を受けていないかた。ただし、「いばらきがん患者トータルサポート事業(社会参加サポート事業)補助金」との併用は可能です。

対象になる購入経費(2019年4月1日から2020年3月31日までに購入した以下の製品が対象です。)

ウィッグ

  1. ウィッグ本体
  2. 装着に必要な装着用のネット

(注意)付属品、ケア用品及び毛髪が付いた帽子は対象外です。

乳房補整具

  1. 乳房補整パッド
  2. 人工ニップル
  3. 人工乳房
  4. 補整下着

(注意)付属品、ケア用品及び体内に挿入する人工乳房は対象外です。

助成額

購入経費の2分の1(ウィッグは2万円、乳房補整具は1万円を上限額とします)
それぞれ1、000円未満の端数は切り捨てとします。また、同一ウィッグ等について「いばらきがん患者トータルサポート事業(社会参加サポート事業)補助金」を受けている場合は、補助金分を減じた額を購入経費とします。

助成回数

ウィッグ及び乳房補整具それぞれ1回ずつ

申請の期限

ウィッグ等を購入した翌日から1年以内

申請方法(以下の書類を用意して、保健センターに申請してください)

申請に必要な書類
  書類名 説明
1 守谷市がん患者ウィッグ等購入費助成金交付申請書兼請求書 保健センターで配布しています。また、守谷市保健センターホームページからダウンロードできます。請求書には押印(認め印)が必要です。
2 がん治療の受診を証明する書類のコピー 診療明細書、治療方針計画書など。
3 購入した金額の明細が分かる書類の原本 宛名、購入日、購入金額、金額の内訳、領収証発行者の名称及び住所の記載されたもの。
4 本人確認書類のコピー 運転免許証など。
5 振込先口座が確認できる書類のコピー 銀行名、名義、口座番号が確認できるもの。(通帳など)
6 「いばらきがん患者トータルサポート事業(社会参加サポート事業)交付決定通知書」のコピー 茨城県の補助金の交付を受けているかたのみ必要です。

茨城県が実施するがん対策(県のホームページに移動します)

茨城県でも、がん患者支援のための補助事業を実施しています。詳しくは、県ホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。がん患者向け助成制度

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

守谷市保健センター
〒302-0109 茨城県守谷市本町631番地の1
電話:0297-48-6000
ファクス:0297-48-6319

この担当課にメールを送る

本文ここまで