このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

入院したときの食事代

更新日:2020年5月25日

 入院時の食事代は、診療や薬にかかる費用とは別に、標準負担額を支払い、残りは国保が負担します。

入院時食事代の標準負担額

区分

1食当たりの食事

住民税課税世帯(注釈1) 460円
住民税非課税世帯
低所得者2(注釈2)
過去12か月で90日までの入院 210円
過去12か月で90日を超える入院(注釈3) 160円
低所得者1(注釈2) 100円

  • (注釈1
     住民税課税世帯のかたでも、指定難病患者や小児特定疾病児童、継続的に精神病床に入院している場合、1食につき260円となります。
  • (注釈2
     住民税非課税世帯、低所得者2、低所得者1に該当されるかたは 、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の提示が必要となります。国保年金課で交付申請して、医療機関に提示してください( 詳細は、 「限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証の申請」をご確認ください。)。
  • (注釈3)
     「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けてから、入院日数が90日を超える場合は、長期入院該当となります。詳細は、長期入院についてをご確認ください。

長期入院について

 「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けてから90日を超える入院をされた場合、申請いただくことで、91日目以降の入院時食事代の標準負担額が減額されます。減額対象は、申請日の食事代からとなるため、該当することが分かった時点で国保年金課で申請してください。
 長期入院についてはこちらのご案内もご確認ください。

受付日時

月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時15分(祝日および年末年始除く。)

申請場所

守谷市役所 国保年金課

申請に必要なもの

  • 認定証が必要なかたの国民健康保険保険証
  • すでに交付を受けている限度額適用・標準負担額減額認定証
  • 印鑑
  • 長期入院該当者と世帯主のマイナンバーが確認できるもの
  • 入院日数と食事代の確認できる領収書 (発効前の場合には、ご相談ください。医療機関へ電話等で、確認をとらせていただきます。)
  • 振込先口座の分かるもの(キャッシュカードまたは通帳)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健福祉部国保年金課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6525

この担当課にメールを送る

本文ここまで