このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

厚生労働大臣が指定する特定疾病の場合

更新日:2021年9月22日

高額な治療を長期間続ける必要のある病気(血友病、血液凝固因子製剤に起因するHIV感染症、人工透析が必要な慢性腎不全)は、毎月の自己負担額が1万円または2万円になります(注釈)

該当のかたは、「特定疾病療養受療証」の交付申請をしてください。

(注釈)

  • 慢性腎不全で人工透析を要する70歳未満のかたのうち、基礎控除(33万円)を差し引いた後の総所得金額等が600万円を超える人は、自己負担額が2万円までとなります。
  • 同じ月内、同じ医療機関であっても、入院と外来はそれぞれ自己負担額が必要です
  • 自己負担額の軽減を受けるために、医療機関の窓口で特定疾病受領証を提示してください。

交付申請について

特定疾病療養受領証は、申請をいただいてから1週間程度で郵送いたします。

受付日時

月曜から金曜
午前8時30分から午後5時15分
(祝日および年末年始除く。)

申請場所

守谷市役所 国保年金課

申請に必要なもの

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健福祉部国保年金課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6525

この担当課にメールを送る

本文ここまで