このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. くらし・手続き
  3. ペット、飼育
  4. 飼い主のいない猫の不妊去勢手術費助成

本文ここから

飼い主のいない猫の不妊去勢手術費助成

更新日:2022年4月8日

守谷市動物愛護協議会では、市内における飼い主のいない猫の不妊去勢手術を進めるため、手術費用に対する助成を行っています。

「野良猫が増えて困る、糞尿被害に困っている、子猫を保護してほしい」など、飼い主のいない猫についてのさまざまな相談が寄せられますが、全てに対応することは難しい状況です。また、猫は繁殖力が非常に強く、子猫も殺処分の対象となってしまうことがあります。このような問題への対応策として、守谷市動物愛護協議会では、野良猫の繁殖制限を目的としたTNR活動を推奨しています。不妊去勢手術にご協力をお願いします。

捕獲時に推定生後5か月以上の猫について、捕獲・不妊去勢手術後、リリースせずに愛猫として室内飼育する、または、譲渡目的で保護する場合においても助成対象となります。

TNR活動とは

TNR活動とは、猫を捕まえ(Trap)、不妊去勢手術をし(Neuter)、元の場所へ戻す(Return)ことにより、殺処分をすることなく自然に野良猫の頭数を減少させ、トラブルを未然に防ぐ、人にも猫にも優しい方法です。

未手術の猫と区別するために、手術の際に片方の耳先をカット(オスは右耳、メスは左耳)します。カットした耳の形が桜の花びらに似ているため、さくら猫と呼ばれます。

申請方法

  1. 申請用紙(市内協力動物病院及び市役所生活環境課窓口で取得)の申請者記入欄に必要事項を記入し、協力動物病院へ猫を搬入する際、病院へ提出する。
  2. 猫を病院から搬出する際、耳先のカットを確認し、申請用紙の動物病院記入欄に必要事項の記入と署名をしてもらう。また、手術の明細書を受け取る。
  3. 猫を元の場所へ戻した後、申請者記入欄の「リリース後の猫の状況」に記入する(例:翌日に餌を食べに来た、3日後に日なたぼっこしているところを見かけたなど)。また、申請用紙の振込先に必要事項を記入する。
  4. 申請用紙と手術の明細書を市役所生活環境課に提出する(本人確認ができる身分証明書を持参してください)。

事業概要

対象期間

令和4年4月1日(金曜)から令和5年3月28日(火曜)に実施された手術

申請期限

令和5年3月29日(水曜)必着

対象者

守谷市民及び守谷市在住のかた

対象となる猫

守谷市内に生息する飼い主のいない猫

助成金額

オス5千円、メス1万円を上限とした不妊去勢手術費用(抗生剤含む)

注意事項

  • 今年度の予算に達した時点で申請を締め切ります(先着順)ので、事前に動物愛護協議会担当者(下記連絡先)にお問い合わせください。
  • 申請者1名(1世帯)当たりの申請は、3頭までとさせていただきます。

市内協力動物病院

病院名(50音順) 所在地 連絡先
おおかわ動物病院 立沢235-11 21-1299
岡田動物病院 松ケ丘4-3-5 45-3895
けやき台動物病院 けやき台1-27-10 ユウアイグランデ南守谷101 48-8199
新守谷動物病院 松前台2-2-3 45-9926
杉山動物病院 松並1877-9 45-8166
つむぎ動物病院 みずき野5-5-16 38-7181
とまと動物病院 御所ケ丘2-11-6 37-5437
ふれあい動物病院 けやき台3-9-1 21-1502
守谷フォレスト動物病院 けやき台6-16-16 46-1701
ゆりがおか動物病院 百合ケ丘2-2779-216 45-1966

事業に関する問い合わせ

守谷市動物愛護協議会・TNR助成金担当(一木ひとき
電話:090-9373-6283
メールアドレス: doubutsuaigo.moriya@gmail.com

お問い合わせ

生活経済部生活環境課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6526

この担当課にメールを送る

本文ここまで