このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

平成26年度前期コース

更新日:2016年2月12日

コース一覧

  • 総合コース
  • 専門コース
  • オープンコース

平成26年度前期コースの申込は終了しました。
オープンコースは初回講義日の2週間前までの申込み受付けとなります。
また、各コースとも聴講は定員になるまで受付けしています。
オープンコース及び聴講の申込みは、受講希望コース(または講義)及び氏名などを、市役所市民協働推進課または守谷市民活動支援センターへ電話、メールなどによりお知らせください。もりや市民大学HPの申込みフォームからもお申込みできます。
 

総合コース「守谷を知るコース」


日時

内容

講師

1

6月1日(日曜)
午後1時30分から午後3時30分

開講式&市政講座(全コース共通)
「守谷市の総合計画を知る」
守谷市総合計画概要及び重点施策とその現状を知る。

●市役所総務部次長

2

6月7日(土曜)
午前10時30分から正午

情報社会
「地域の安全マップ「すマップ」を学ぶ」
電子地図上に通学路やヒヤリ情報を記録し、学校周辺の安全マップ作成の事例を学習する。

●中村祥一
(NPO法人スマートコンシェルジュセンター理事長)

3

6月14日(土曜)
午前10時30分から正午

市政
「守谷市の健康施策を知る」
市の健康施策について現状と課題、今後の方針を知る。

●守谷市保健センター所長

4

7月5日(土曜)
午前10時30分から正午

地域活動/イベントシリーズ
「北守谷夏まつり」
北守谷夏まつり開催の経緯と現状を知る。

●北守谷連絡協議会

5

7月12日(土曜)
午前10時30分から正午

ライフデザイン
「守谷市シルバー人材センターの活動」
センター業務と地域での役割、高齢者の生きがいと関連性について知る。

●高力庸吉
(公益社団法人守谷市シルバー人材センター副理事長)

6

8月2日(土曜)
午前10時30分から正午

市政
「守谷市の上下水道事業を知る」
上下水道整備までの経緯と現状を知る。

●守谷市上下水道事務所長

7

8月23日(土曜)
午前10時30分から正午

健康
「こころの健康」
引きこもり要因の多くは「発達障害」と言われている。発達障害への理解を深める。

●飯塚忠
(茨城の専攻科を考える会)

8

9月6日(土曜)
午前10時30分から正午

歴史
「長龍寺から見た駅前の変遷」
長龍寺近辺及び駅前地区の変遷について知る。

●北村哲朗
(長龍寺東堂)

9

10月4日(土曜)
午前10時30分から正午

福祉
「社会福祉法人峰林荘の活動」
市内で最も長く活動を続ける峰林荘の活動と、市内の老人福祉施設の現状を知る。

●片桐武美
(社会福祉法人峰林荘理事長)

10

10月18日(土曜)
午前10時30分から正午

先進事例
「阿見町「筑見区自治会」の地域づくり活動について」
筑見区自治会が実践する高齢者等地域住民の支え合いシステムについて学び、自治会活動のあり方を考える。

●田邉勉
(筑見区自治会会長)

正午から午後0時30分

修了式


講座名、講座内容、講座日時等は変更となる場合があります。

専門コース「地域福祉と互助の地域づくりコース」


日時

内容

講師

1

6月1日(日曜)
午後1時30分から午後3時30分

開講式&市政講座(全コース共通)
「守谷市の総合計画を知る」
守谷市総合計画概要及び重点施策とその現状を知る。

●市役所総務部次長

2

6月7日(土曜)
午後1時30分から午後3時

守谷市の地域福祉
守谷市地域福祉計画及び地域福祉活動計画の概要及び各地区の課題と実行状況を知る。

●市役所保健福祉部長
 守谷市社会福祉協議会

3

6月14日(土曜)
午後1時30分から午後3時

今、なぜ「助け合い」なのか
公助依存により衰退した自助、互助の実態を学び、「住民主体の地域福祉」の必要性を理解する。

●木原孝久
(住民流福祉総合研究所所長)

4

7月5日(土曜)
午後1時30分から午後3時

「助け合い」を阻んでいるのは何か?
日本人の「おつき合いの習慣」を見直し、助け合いができる「おつき合い」のあり方を理解する。

●木原孝久
(住民流福祉総合研究所所長)

5

7月12日(土曜)
午後1時30分から午後3時

「住民流」の福祉とは何か?
住民の福祉の流儀の全体像を把握し、従来の福祉のあり方を考え直す。

●木原孝久
(住民流福祉総合研究所所長)

6

8月2日(土曜)
午後1時30分から午後3時

「支え合いマップ」とは何か?
支え合いマップづくりのイロハを学び、マップにより地域が見えるカラクリを理解する。

●木原孝久
(住民流福祉総合研究所所長)

7

8月9日(土曜)
午後1時30分から午後3時

マップづくりで地域問題と解決策が見つかる!
マップづくりを通した地域課題の抽出と解決についてグループ演習を行い、地域課題解決の秘訣を体得する。

●木原孝久
(住民流福祉総合研究所所長)

8

9月6日(土曜)
午後1時30分から午後3時

自分でマップをつくってみよう
受講生各自が自宅周辺をマップ化したものを持ち寄って発表し、全体討議を行う。

●木原孝久
(住民流福祉総合研究所所長)

9

10月4日(土曜)
午後1時30分から午後3時

福祉ニーズを発見するには?
福祉ニーズの見つけ方を体得し、住民流の対応方法を理解する。

●木原孝久
(住民流福祉総合研究所所長)

10

10月11日(土曜)
午後1時30分から午後3時

「地域福祉計画」―住民流ならこう読む
体得した「住民流」の視点により守谷市地域福祉計画を読み直す。

●木原孝久
(住民流福祉総合研究所所長)

11

10月18日(土曜)
午後2時から午後3時30分

さて、私はどんな役割を?
地域福祉の中で自分が果たせる役割について、受講生一人ひとりによる発表と講評。

●木原孝久
(住民流福祉総合研究所所長)

午後3時30分から午後4時

修了式


講座名、講座内容、講座日時等は変更となる場合があります。

専門コース「防災コース」


日時

内容

講師

1

6月1日(日曜)
午後1時30分から午後3時30分

開講式&市政講座(全コース共通)
「守谷市の総合計画を知る」
守谷市総合計画概要及び重点施策とその現状を知る。

●市役所総務部次長

2

6月5日(木曜)
午前10時30分から正午

守谷市の防災施策を知る
守谷の防災計画、自主防災組織の現状、発災型防災訓練について学ぶ。

●市役所交通防災課

3

6月26日(木曜)
午前10時30分から正午

身近でできる防災対策
起こりうる自然災害に対する日頃からの備えや身近な防災対策。

●内山庄一郎
(独立行政法人防災科学技術研究所
社会防災システム研究領域
災害リスク研究ユニット 研究員)

4

7月3日(木曜)
午前10時30分から正午

首都直下地震について
近い将来発生が懸念されている首都直下地震とは何か。その災害イメージと対策について学ぶ。

●坪川博彰
(独立行政法人防災科学技術研究所
社会防災システム研究領域
災害リスク研究ユニット 客員研究員)

5

7月24日(木曜)
午前10時30分から正午

地震被害と対策
地震による建物などの被害と、被害を軽減する方法について学ぶ。

●中村いずみ
(独立行政法人防災科学技術研究所
減災実験研究領域
兵庫耐震公害研究センター
主任研究員)

6

8月7日(木曜)
午前10時30分から正午

竜巻災害と対策
竜巻災害の発送メカニズムや竜巻災害から身を守る対策について学ぶ。

●鈴木真一
(独立行政法人防災科学技術研究所
観測・予測研究領域
水・土砂防災研究ユニット
主任研究員)

7

8月21日(木曜)
午前10時30分から正午

風水害と対策
大型台風や記録的な豪雨などの都市型風水害とその対策について学ぶ。

●中根和郎
(独立行政法人防災科学技術研究所
研究支援グループ&社会防災システム研究領域
災害リスク研究ユニット 研究参事)

8

9月4日(木曜)
午前10時30分から正午

災害リスク情報
地震ハザードステーション(J-SHIS)を用い、地域で活用できる災害リスク情報について学ぶ。

●東宏樹
(独立行政法人防災科学技術研究所
社会防災システム研究領域
災害リスク研究ユニット 研究員)

9

9月25日(木曜)
午前10時30分から正午

防災ワークショップ1 地域課題の抽出
地域で起こりうる自然災害に対し、地域コミュニティの協力が必要な防災上の課題について議論する。

●李泰榮
(独立行政法人防災科学技術研究所
社会防災システム研究領域
災害リスク研究ユニット 研究員)

10

10月2日(木曜)
午前10時30分から正午

防災ワークショップ2 防災対策の検討
ワークショップ1の結果を踏まえ、地域資源の活用と地域関係者の協力を導く防災対策(防災マップ等)を検討する。

●李泰榮
(独立行政法人防災科学技術研究所
社会防災システム研究領域
災害リスク研究ユニット 研究員)

正午から午後0時30分

修了式


講座名、講座内容、講座日時等は変更となる場合があります。

オープンコース「Thursday night course in MORIYA 僕らの10年後の守谷」


日時

内容

講師

1

6月5日(木曜)
午後7時から午後8時30分

好きなことを仕事にしよう
守谷タクシーのロゴをはじめ、守谷の若い仕掛け人。

●実好敏正
(おもしろ商事さねよし店主)

2

6月19日(木曜)
午後7時から午後8時30分

健康に恋して
健康の女神へのアプローチを一番知っている。

●大場一広
(医療法人慶友会守谷慶友病院K-Fit施設長)

3

7月3日(木曜)
午後7時から午後8時30分

守谷にイタリアを作ろうとしている男
イタリアで修業をし、守谷でイタリアンレストランとメルカート(市場)を開き大成功!

●後藤健一郎
(さくら坂VIVACE店長)

4

7月17日(木曜)
午後7時から午後8時30分

トークセッション~もりやをもっとおもしろく~
3回の講座を振り返りながらボーダレスな話で未来を考える。

●実好敏正
 大場一広
 後藤健一郎

講座名、講座内容、講座日時等は変更となる場合があります。
夜間となるため、保育ルームは利用できません。

オープンコース「シニアのハッピーライフを考える」


日時

内容

講師

1

6月24日(火曜)
午前10時30分から午後0時30分

街ビジネスの動向と展開例
シニアの「雇われない働き方」と国の施策の動向。

●柳沼正秀
(一般社団法人高齢者活躍支援協議会理事)

2

7月1日(火曜)
午前10時30分から午後0時30分

事例研究(ケース1)
東京・品川区の中延商店街にあるお助け隊の活躍。(高齢者支援)

●青木弘道
(街のお助け隊コンセルジュ)

3

7月8日(火曜)
午前10時30分から午後0時30分

事例研究(ケース2)
高齢化社会に寄り添った家事代行サービス立ち上げ推進中。

●有我昌時
(株式会社かじワン代表取締役)

4

7月22日(火曜)
午前10時30分から午後0時30分

事例研究(ケース3)
働く人たちの協同組合:地域が豊かになる事を願い、一人ひとりが主体的に出資、運営、働く。

●保坂弘子
(東京ワーカーズ・コレクティブ協同組合)

講座名、講座内容、講座日時等は変更となる場合があります。

オープンコース「親子で満喫! 守谷の夏休み」

1

8月23日(土曜)
午前10時から正午

守谷の野鳥
小さな鳥の博物館及び野鳥の森散策路において野鳥観察後、猛禽類ショーを見学。
場所:小さな鳥の資料館

●池田昇
(小さな鳥の資料館館長)

2

8月23日(土曜)
午後1時30分から午後3時30分

夏の昆虫
夏の昆虫の生態等について学習後、虫の紙工作(切折り紙)に挑戦。
場所:守谷市民活動支援センター

●堀亮太
(中学校生物教師)

3

8月24日(日曜)
午前10時から正午

夏休みの思い出を形にしよう
市民大学での体験や夏休みの思い出を絵画で表現。
場所:守谷市民活動支援センター

●高橋里帆
(横浜国立大学大学院教育学研究科教育デザインコース)

講座名、講座内容、講座日時等は変更となる場合があります。
当コースの対象者は、小学校3年生から6年生までの児童とその保護者となります。
8月23日は校外授業が含まれるため、保育ルームは利用できません。

オープンコース「リタイア後を考える」

1

9月5日(金曜)
午後7時から午後9時

今から取組む健康維持
退職後の継続的健康維持に今必要な取組みを紹介。

●海野英哉
(海野メディカルクリニック院長)

2

9月19日(金曜)
午後7時から午後9時

今から始めるマネープラン
退職後の収入と支出の見積り方を事例で学ぶ。

●高花富夫
(NPO法人エイプロシス証券カウンセラー)

3

10月10日(金曜)
午後7時から午後9時

今から考える生きがいづくり
退職後の生きがいづくりを今から考える。

●松田智生
(株式会社三菱総合研究所)

講座名、講座内容、講座日時等は変更となる場合があります。
夜間となるため、保育ルームは利用できません。

オープンコース「子育てお母さんのための講座」

1

9月2日(火曜)
午前10時30分から午後0時30分

子育てネットワークの作り方
~今、子育て中のお母さんは?~
サークルやネットワーク作りでの悩み・課題の解決方法や、活動資金を得る方法についてを学ぶ。

●鷲田美加、金久保紀子(NPO 法人つくば市民活動推進機構)

2

9月16日(火曜)
午前10時30分から午後0時30分

お子様と一緒に子育て活動事例の調査バスツアー
【バス訪問】子育て支援センターなどを見学し、つくば市での子育てネットワークの活動事例を調査する。

●柘植法子、小川達己
(NPO法人つくば市民活動推進機構)

3

10月7日(火曜)
午前10時30分から午後0時30分

子育てサークルのネットワークについての守谷の実情把握と課題抽出
守谷で活動中の子育てサークル「ままもり」の事例発表を聞く。

事例発表:ままもり
●小川達己、田上まさこ(NPO法人つくば市民活動推進機構)

4

10月21日(火曜)
午前10時30分から午後0時30分

守谷の子育てネットワークづくりと子育てママのステップアップ
3回の講座で学んだこと、訪問調査をもとに、守谷での子育てネットワークづくりと子育てお母さんのステップアップを模索する。

●田上まさこ、鷲田美加(NPO法人つくば市民活動推進機構)

講座名、講座内容、講座日時等は変更となる場合があります。
9月16日は校外授業となるため保育ルームは利用できませんが、お子様同伴での参加が可能です。

申込・問合せ先

守谷市民活動支援センター

〒302-0119 
守谷市御所ケ丘五丁目25番地1
電話:0297-46-3370

市役所市民協働推進課

〒302-0198
守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生活経済部市民協働推進課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6526

この担当課にメールを送る

本文ここまで