このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症「第8波」に向けた方針(11月18日)

更新日:2022年11月24日

新型コロナウイルス感染症「第8波」に向けた方針(11月18日発表)

茨城県知事は令和4年11月18日(金曜)に記者会見し、「発熱外来の拡充」と「臨時の医療施設の設置」を進め、 より多くのかたに適切な医療を提供する方針であることを発表しました。

方針の背景

  • 新型コロナの重症化率は季節性インフルエンザ相当まで低下
  • 今冬は、季節性インフルエンザとの同時流行も懸念
  • 冬場は、発熱・循環器疾患などで、医療現場がひっ迫する傾向

対策の概要

「発熱患者19,400人、入院患者1,200人」に備え、以下の対策等を講じる。

発熱外来の拡充

以下により、受診が想定される17,600人に対し、17,800人分の診療・検査能力の確保を目指す。

  1. 発熱外来の新規開拓
  2. 診療時間の延長
  3. 臨時の発熱外来の設置

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。発熱患者に対応可能な診療検査医療機関(茨城県)

  • 県内の診療・検査医療機関を地図上に表示し、最寄りの医療機関を可視化。
  • 医療機関の“ピン”をクリックすると、住所や連絡先、診療時間などが表示。
  • 大病院はひっ迫するため、地域のクリニックの検索もお試しください。

医療機関の役割分担

発熱外来のひっ迫を緩和するため、発熱外来以外の医療機関との役割分担を進める。

112の医療機関で、新型コロナ「陰性」の発熱患者に対応。

自己検査の推奨

陽性者全体に占める自己検査の割合「約2割」まで向上を目指す(現在は約1割)。

抗原検査キットや食料・生活用品等の備蓄をお願いします。

臨時の医療施設の設置

入院患者の大半を高齢者が占めるため、「介護機能を備えた臨時の医療施設」を設置すべく、関係者と最終調整中。

療養対象

約200人
(酸素投与や点滴が必要なかた、医療対応が必要で介護も必要なかた)

その他特長

検査能力約300人/日の発熱外来を併設し、即日で薬の処方も可能

運用開始日

1月上旬開所を目指して調整中

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年11月18日発表)新型コロナウイルス感染症「第8波」に向けた方針について(茨城県)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。記者会見資料(11月18日)

第7波を踏まえた「現状認識」と「今後の対策」等(9月29日発表)

茨城県知事は令和4年9月29日(木曜)に記者会見し、茨城版コロナNext(新型コロナ対策指針)を見直し、「判断指標の改定」および「対策指針を廃止」することを発表しました。

なお、県全体の対策Stageは令和4年9月29日(木曜)から総合的に判断し、「Stage2」に引き下げられました。

判断指標の改定

第7波の実績(入院率等)を踏まえた判断指標に改定。

対策指針の廃止

今後、県内のステージ判断に応じた機械的な行動制限(外出自粛、営業短縮など)の要請は、原則、行わない考えであることから、要請時期の目安を示すための「対策指針」は廃止。

(注記)

懸念すべき変異株(重症化しやすいなど)により、県内で感染拡大・医療体制がひっ迫したなどの場合には、行動制限の要請もあり得る。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年9月29日発表)第7波を踏まえた「現状認識」と「今後の対策」等について(茨城県)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(9月29日)

「発生届の対象限定」スケジュールの変更(8月30日発表)

茨城県知事は令和4年8月30日(火曜)に記者会見し、令和4年8月31日(水曜)から予定していた「発生届の対象限定」を令和4年9月2日(金曜)からに変更となることを発表しました。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(8月30日)

発熱外来・保健所のひっ迫を緩和するための取扱いの変更(8月26日発表)

茨城県知事は令和4年8月26日(金曜)に記者会見し、発熱外来・保健所のひっ迫を緩和するため、発生届の対象を限定し、患者対応時間を確保するとともに、低リスク患者の氏名・療養期間等が把握できないため、対応の見直しすることを発表しました。

対応方針・スケジュール

  • 発生届の対象を限定し、高齢者や入院が必要なかた等に限って詳細な患者情報を登録する。
  • 国から令和4年8月31日(水曜)に告示を受け、限定を開始する。
    (関係機関と調整済)

国による方針の見直し等

根本的に変わる内容

自治体が発生届の対象を限定可能に

茨城県における発生届の対象者
  • 65歳以上
  • 入院を要する
  • 重症化リスクがあり、新型コロナ治療薬・酸素投与が必要
  • 妊娠中

実態的に変わらない内容

  • 新規陽性者数のカウントは継続
  • 症状が重い患者の病床確保
  • 症状が軽い患者の健康フォローアップ

発生届の限定で想定される課題と対応

  • 発熱外来の作業減少による患者対応に向けられる効果の期待
  • 陽性者のうち、低リスク患者の氏名・療養期間等が把握できないため、以下の見直しを実施

見直し後の対応

容体悪化時の受診・入院の調整

発生届がなくとも、医療機関と情報を共有し、受診・入院先を調整

宿泊療養希望者の調整(高齢家族がいる等)

申し出により、宿泊療養先を調整
(受診した医療機関や日時等を確認)

自宅療養者の健康観察

健康フォローアップの連絡先を案内し、容態悪化時の相談に24時間対応

自宅療養者の生活(食糧)支援

平時からの備えをお願いし、終了

療養証明書の発行

国が廃止の方針であり、茨城県でも終了
(医療保険への対応は厚労省と金融庁が調整中)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(8月26日)

不要不急の救急要請・発熱外来受診自重等のお願い等(8月5日発表)

茨城県は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの医療従事者が感染し、コロナ受入医療機関だけでなく、発熱外来や救急医療が非常にひっ迫していることから、不要不急の救急要請や発熱外来の受診自重のお願いを発表しました。

また、併せて「新型コロナウイルス感染症陽性」となった場合の流れを発表しました。

不要不急の救急要請や発熱外来の受診を自重

現在の状況

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多くの医療従事者が感染し、「コロナ受入医療機関」だけでなく、「発熱外来」や「救急医療」が非常にひっ迫しています。

お願い事項

発熱外来

以下の場合を除き、症状が出ても、すぐに発熱外来を受診せず、まずは自宅での静養に努めてください。

  • 65歳以上
  • 基礎疾患がある
  • 妊娠中
  • 症状が続く

以下についてもご協力をお願いします。

  • 必ず事前予約の上、受診してください。
  • 無症状者は、薬局での無料検査をご利用ください。(有症状者・濃厚接触者は不可)
  • 事業所は、従業員に対して陽性・陰性証明を求めないようお願いします。
救急要請
  • 不要不急な救急要請は控えてください。
  • すぐに救急車を呼ぶべきか迷ったときは電話相談をご利用ください。
    • (コロナ・コロナ疑い)県新型コロナウイルス感染症 受診・相談センター
      時間:午前8時30分~午後10時、土曜・日曜・祝祭日含む
      電話:029-301-3200
    • (それ以外)茨城県救急電話相談
      時間:24時間365日
      電話:#7119(大人)
      電話:#8000(15歳未満)

「新型コロナウイルス感染症陽性」となった場合の流れ

陽性判明後のフロー

  1. 陽性と判明
  2. 医療機関で配付される案内を確認
    • 体調悪化時の連絡先
    • 宿泊療養施設の申込方法 など
  3. 療養先決定の連絡
  4. 「入院」または「宿泊療養」
    やむを得ない事情がある場合は「自宅療養」
  5. (自宅療養の場合)毎日、健康状態をシステムに登録

留意事項

  • 「65歳以上で一人暮らし」または「重症化リスクが高く一人暮らし」のかたには、強く宿泊療養をお願いしています。
  • 「65歳以上」または「重症化リスクが高い」かた以外には、健康観察チームから連絡しません。
  • 自宅療養を選択する場合、療養期間分の食料・日用品を備えておくことが必要です。
療養期間
  • 有症状者:発症から10日間
  • 無症状者:検体採取日から7日間

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年8月5日発表)発熱外来・救急医療の受診に係るお願い及び新型コロナ陽性となった場合の流れについて(茨城県)

茨城版コロナNextにおける判断指標の改定(7月29日発表)

茨城県は、茨城版コロナNextねくすと(茨城県版コロナ対策指針)における判断指標の改定および医療機関・保健所の負担軽減を目的に発生届の簡素化を発表しました。

県のステージ判断(Stage3すてーじ)に変更はありませんが、県民及び事業者の皆様には、引き続き「基本的な感染症対策」を徹底いただくよう、ご協力をお願いします。

茨城版コロナNextの改定内容

判断指標(1)「県内の病床稼働数」のStage4の基準を引上げ

即応病床を800床に引き上げたことに伴い、判断指標「県内の病床稼働数」が、560床超でStage4となります。

判断指標(4)の使用を一時停止

判断指標(4)「陽性者のうち、濃厚接触者以外の数」は、医療機関・福祉施設を除き、感染症経路の確認を行っていないため、使用を停止します。

茨城版コロナNextの新判断指標の画像


医療機関・保健所の負担軽減について(発生届の簡素化)

見直しのポイント

国からの通知に基づき、「発生届」のうち、患者の基礎情報の記載を簡素化。

見直しの背景

  • 医療機関は、コロナ陽性患者の基礎情報をシステムに入力(発生届)する必要がある。
  • 保健所は、当該情報を確認した上で、不備不足がある場合には、患者に電話で聞き取りを行っている。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年7月29日発表)茨城版コロナNextにおける判断指標の改定について(茨城県)

県全体のステージ移行について(7月22日発表)

  • 本日(7月22日)、茨城県として過去最多となる2,700名超の新規陽性者を確認(これまでは、3月18日の1,800名が最多)
  • 県内の感染状況を示す指標(週平均の新規陽性者数)が、Stageすてーじ4に悪化見込み

総合的に判断し、本日(7月22日)、県全体のステージをStageすてーじ3に引上げ

  • 現段階では、医療提供体制のひっ迫が見られていないため、行動制限は行いません。
  • 県民の皆様には、改めて、今できる対策の徹底をお願いします。

改めて、徹底いただきたい対策の内容

速やかなワクチン接種(2回目、3回目、4回目)をお願いします。

  • 重症化予防のため、2~4回目の接種をされていないかたは、速やかな接種を
  • 特に、高齢者や高リスク者(喫煙者、運動不足のかた)は、速やかな4回目接種を
  • 来週7月27日(水曜)から、県大規模接種会場での接種を、毎日実施に拡大(現在週5日)

「基本的な感染症対策」の再点検と徹底をお願いします。

  • マスクの適切な着用
  • 体調不良時の会食やイベント参加の自粛
  • 人が集まる場所では、「効果的な換気」を徹底(空気の流れを作り、エアロゾル感染を予防。換気を阻害しないよう、パーティションの配置(向きなど)を工夫)
  • 高齢者、高リスク者及び妊婦のかたは、特に警戒をお願いします。

さらなる検査の活用により、感染予防の徹底をお願いします。

  • 帰省など「高齢者と接する前」や、「旅行やイベント参加前」には、事前に検査
  • 薬局における無料検査に加え、茨城空港・水戸駅前での無料検査所を設置

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染症に係る知事記者会見(7月22日)

茨城版コロナNext判断指標におけるStage2への引上げについて(7月12日発表)

茨城県は、新規陽性者数が増加傾向であるとともに病床稼働数がStageすてーじ2相当になったことに伴い、令和4年7月12日(火曜)付けで県全体のステージ判断をStageすてーじ2に引き上げることを発表しました。

今回の引上げに伴う対策の変更はありませんが、県民及び事業者の皆様には、引き続き「基本的な感染症対策」の徹底にご協力をお願いします。

夏本番に向けて、感染症対策と熱中症予防の両立を!

マスク着脱のポイント(屋内)

  • 原則、マスクを着用
  • 人との距離(2メートル以上)が確保できる中で、会話をしない場合には、マスクは必要なし

マスク着脱のポイント(屋外)

  • 原則、マスクは必要なし
  • 人との距離(2メートル以上)が確保できない中で、会話をする場合は、マスクを正しく着用する

熱中症予防のポイント

  • 運動するときは、人との距離を確保し、マスクを外す
  • のどが渇いていなくても、こまめに水分補給
  • エアコンを上手に活用し、使用中でもこまめに換気(扇風機などの併用も)
  • 熱中症患者のおよそ半数が高齢者のため、特に注意が必要

引き続き、「基本的な感染症対策」の継続を!

  • 手洗い・消毒、うがいは、ドアノブなどの共用物を触った後や食事の前後、帰宅時など、こまめに行いましょう。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年7月12日発表)茨城版コロナNext判断指標におけるStage2への引き上げついて(茨城県)

茨城版コロナNext判断指標におけるStage1への引下げについて(5月6日発表)

茨城県は、新規陽性者数と病床稼働数を総合的に判断し、令和4年5月6日(金曜)付けで県全体のステージ判断をStageすてーじ1に引き下げることを発表しました。

今回の引下げに伴う対策の変更はありません。

県民及び事業者の皆様には、引き続き「基本的な感染症対策」の徹底にご協力をお願いします。

大型連休中も、 「基本的な感染症対策」 の継続を!

基本的な感染症対策のポイント

  • マスクは正しく着用する
    (会話の際は必ず着用)
  • 手洗い・消毒を徹底する
  • 3密を回避し、社会的距離(2メートル以上)を確保

旅行やイベントなどの場面の、感染症対策のポイント

  • 体調に異常がある場合、無理に参加しない
  • 混雑する場所では、大声は出さない
  • 移動先や会場では、感染症対策ガイドライン等を順守する
    (入店時の手指消毒、飲食は定められた場所で行う、など)

会食する場面の、感染症対策のポイント

  • なるべく少人数・短時間で開催し、体調に異常がある場合、参加しない
  • 大声、回し飲み、コップや箸の共用は避ける
  • 食事中でも、会話をするときはマスクを正しく着用する
  • 外食する場合は、「いばらきアマビエちゃん」登録店舗を利用

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年5月6日発表)茨城版コロナNext判断指標におけるStage1への引き下げついて(茨城県)

茨城版コロナNext判断指標におけるStage2への引下げについて(3月29日発表)

茨城県は、県内の感染状況や病床稼働数の状況を総合的に判断し、茨城版コロナNextねくすと(茨城県版コロナ対策指針)の対策Stageすてーじを、令和4年3月29日(火曜)からStage2に引き下げること、また薬局等における無料検査事業を令和4年6月30日(木曜)まで延長することを発表しました。

なお、Stage2への引下げに伴う対策の変更はありません。

県民の皆様には引き続き、基本的な感染症対策の徹底へのご協力をお願いします。
 

年度末・年度初めは「基本的な感染症対策」の徹底を

お花見をする際には

  • マスクは正しく着用する
  • 3密を回避し、社会的距離(2メートル以上)を確保
  • 大声、回し飲み、コップや箸の共用は避ける

入学式など、大勢が集まる場面では

  • マスクは正しく着用し、手洗い・消毒を徹底する
  • 混雑する場所では、大声を出さない
  • 体調に異常がある場合、行事への無理な参加はしない
  • 主催者は、内容を精選し、短時間で開催など、開催方式を工夫

歓送迎会など、会食する場面では

  • なるべく少人数、短時間で開催し、体調に異常がある場合は参加しない
  • 大声、回し飲み、コップや箸の共用は避ける
  • 会話をするときはマスクを正しく着用する
  • 外食する場合は、「いばらきアマビエちゃん」登録店舗を利用

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年3月29日発表)茨城版コロナNext判断指標におけるStage2への引き下げについて

まん延防止等重点措置の解除を国に要請(3月15日発表)

茨城県知事は令和4年3月15日(火曜)に記者会見し、週平均の新規陽性者数が横ばいとなるなど高止まりとなっていますが、医療提供体制が2月下旬から減少傾向が続いており、茨城版コロナNextねくすとの対策ステージはStageすてーじ2が間近であることから、まん延防止等重点措置解除を国へ要請したことを発表しました。

県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナNext(コロナ対策指針)Ver.ばーじょん4の対策ステージは引き続きStageすてーじ3となっています。

未就学児・児童の感染拡大への対応

濃厚接触者以外も対象とした検査を再開

感染防止のための対応

日々の健康管理
  • 職員は、発熱や咽頭痛等がある場合は出勤しない。
  • 園児・児童には、家庭での健康確認をお願いする。
マスク着用、換気、手指消毒等
  • 職員は、不織布のマスクを着用する。
    (マスクは強制せず、必要に応じて外す(特に園児)。)
  • 常時換気または1時間に2回程度の換気を行う。
  • 手洗いは、石鹸を用いた流水により行う。
  • 手が触れる机等は、消毒用アルコールで消毒する。

陽性者等を確認した場合の対応

職員、園児・児童の陽性を確認した場合
  • 保健所に速やかに報告し、施設の消毒を行う。
  • 濃厚接触者になり得る職員、園児・児童に対し、連絡を行う。
  • 同一クラスなど、濃厚接触者以外も対象とした幅広い検査を実施する。
園児・児童が濃厚接触者になった場合

陽性者と最後に濃厚接触した日から、7日間の登園・登校自粛をお願いする。

ワクチン3回目接種の推進

4月中旬までに職員全員の3回目接種が完了するよう、県内の約200の業界団体を通じ、企業・大学等に対し、接種の促進を依頼

重点措置の解除後の県の対策

まん延防止等重点措置が解除された場合、解除された翌日以降、 以下の対策を県内全域で緩和

県民への要請

  • 会食時の人数制限(同一テーブル4人まで)は、解除
  • 感染リスクの高い場所への外出・移動の自粛要請は、解除

事業者への要請

  • すべての飲食店の営業時間短縮要請は、解除
  • 会食時の人数制限(同一テーブル4人まで)は、解除
  • イベント等の開催は、 「感染防止安全計画」を策定した場合、 収容定員まで

学校の対策(要請)

  • すべての小学校のリモート学習などの取組の要請は、解除
  • 部活動の他校との練習試合等は、実施可能とする

「いば旅あんしん割事業」の再開

予約再開日

令和4年3月16日(水曜)

対象期間

令和4年3月22日(火曜)から令和4年3月31日(木曜)宿泊分
(令和4年4月1日(金曜)チェックアウト分)

(注記)

令和4年4月1日(金曜)以降の延長については、国補助金の延長が決まり次第、公表

支援対象者

「ワクチン接種済(3回)」又は「検査で陰性」の県民に限定

支援内容

県内の日帰りまたは宿泊旅行を割引支援(宿泊は同一旅行で2泊分まで)
割引額は知事会見資料をご覧ください。

年度末・年度始めは 「基本的な感染症対策」 の徹底を!

お花見をする際には

  • マスクは正しく着用する(会話の際は必ず着用)
  • 3密を回避し、社会的距離(2メートル以上)を確保
  • 大声、回し飲み、コップや箸の共用は避ける

入学式など、大勢が集まる場面では

  • マスクは正しく着用し、手洗い・消毒を徹底する
  • 混雑する場所では、大声は出さない
  • 体調に異常がある場合、行事への無理な参加はしない
  • 主催者は、内容を精選し短時間で開催など、開催方式を工夫

歓送迎会など、会食する場面では

  • なるべく少人数・短時間で開催し、体調に異常がある場合、参加しない
  • 大声、回し飲み、コップや箸の共用は避ける
  • 会話をするときはマスクを正しく着用する
  • 外食する場合は、「いばらきアマビエちゃん」登録店舗を利用

小学校等の対策強化(3月9日発表)

茨城県は令和4年3月9日(水曜)に、県内の小学校等で感染児童が急増していることを踏まえ、令和4年3月14日(月曜)から令和4年3月18日(金曜)まで、小学校の対策を延長・強化することを発表しました。

なお、令和4年3月21日(月曜)まで、県内全域に対して、まん延防止等重点措置が適用されていますが、今回発表する「小学校の対策強化」以外の要請内容等に変更はありません。

小学校の対策強化

対象

  • すべての市町村立小学校(義務教育学校の前期課程を含む)
  • すべての県立特別支援学校(小学部)

ただし、小学6年生は対象外(卒業式およびその準備への配慮)

期間

令和4年3月14日(月曜)から令和4年3月18日(金曜)まで

対策内容

(小学校)

地域の感染状況に応じ、以下の取組を要請

  • 「リモート学習」または「分散登校」
  • 学校における感染拡大防止の徹底
(県立特別支援学校の小学部)

分散登校
(一部リモート学習も併用)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年3月9日発表)小学校等の対策強化について(茨城県)

茨城版コロナNextの新たな指標による対策ステージ見直し(3月7日発表)

茨城県知事は令和4年3月7日(月曜)に記者会見し、医療提供体制の大幅強化や、オミクロン株の特性(重症化しにくいなど)を踏まえ、茨城版コロナNextねくすと(コロナ対策指針)Ver.ばーじょん4の判断指標を、感染状況を的確に評価できる指標に再設定したことを発表しました。
 
見直し後の指標に基づき、県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断した結果、茨城版コロナNextの対策ステージはStageすてーじ3となりました。
また、見直し後の指標により、Stage2を基準として、国にまん延防止等重点措置の解除を要請していくこととなりました。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(3月7日)

まん延防止等重点措置の再延長を国に要請(3月1日発表)

茨城県知事は令和4年3月1日(火曜)に記者会見し、新規陽性者はやや減少したものの減少傾向の下げ止まりがみられ、また特にワクチン3回目未接種のかたなどを中心に、重症・中等症となっていることから、まん延防止等重点措置の再延長を、国に要請したことを発表しました。

県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナNextねくすと(コロナ対策指針)Ver.ばーじょん4の対策ステージは引き続きStageすてーじ4となっています。

県民への要請

まん延防止等重点措置が延長された場合、引き続き県内全域で対策を実施。

  • 基本的な感染症対策の徹底
    (症状がある場合には、速やかに医療機関を受診)
  • 同一テーブルでの会食は、 4人まで
    (乳幼児や介助者等は除く)
  • 感染リスクの高い場所への外出・移動の自粛
    (混雑した場所や、感染対策が徹底されていない飲食店など)

事業者への要請

まん延防止等重点措置が延長された場合、引き続き県内全域で対策を実施。

  • すべての飲食店の営業時間短縮 (「1」「2」のいずれかを店舗ごとに選択)
    1. 午後8時から午前5時までの営業自粛・酒類提供の終日停止(持ち込み含む)
    2. 午後9時から午前5時までの営業自粛 (酒提供可)
  • 同一テーブルでの会食は、 4人まで
    (乳幼児や介助者等は除く)
  • イベント等の開催は、 「感染防止安全計画」を策定した場合、 20,000人まで
  • テレワーク等の活用による出勤者数の削減

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(3月1日)

新型コロナウイルス感染症の重症・死亡事例を減らすために(2月24日発表)

茨城県知事は令和4年2月24日(木曜)に記者会見し、県内の新型コロナウイルス感染症の重症・死亡例の現状を踏まえ、県大規模接種による高齢者接種の臨時的支援と、経口薬の患者への早期処方を推進していくことを発表しました。

県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナNextねくすと(コロナ対策指針)Ver.ばーじょん4の対策ステージは引き続きStageすてーじ4となっています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

まん延防止等重点措置の延長および茨城版コロナNextのステージ引上げ(2月18日発表)

茨城県は県内の医療提供体制や県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナNextねくすと(茨城県版コロナ対策指針)の対策Stageすてーじを令和4年2月18日(金曜)からStage4に引き上げること、また国の「まん延防止等重点措置」が、令和4年3月6日(日曜)まで延長されたことを発表しました。

なお、すでに発表済みの県からの要請内容等について、今回のStage4への引上げに伴う変更はありません。

県民の皆様は引き続き、基本的な感染症対策の徹底のほか、会食時の条件付き人数制限、感染リスクの高い場所への外出・移動の自粛に皆様のご協力をお願いします。

まん延防止等重点措置の期間(延長)

令和4年1月27日(木曜)から令和4年3月6日(日曜)まで

県からの要請内容(県民・事業者への要請)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年2月18日発表)まん延防止等重点措置の延長・茨城版コロナNext判断指標におけるStage4への引上げについて(茨城県)

まん延防止等重点措置の延長を要請(2月16日発表)

茨城県知事は令和4年2月16日(水曜)に記者会見し、引き続き、社会経済活動の維持に支障が生じており、病床稼働数(特に中等症)は増加傾向にあることから、まん延防止等重点措置の延長を、国に要請したことを発表しました。

県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナNextねくすと(コロナ対策指針)Ver.ばーじょん4の対策ステージは引き続きStageすてーじ3となっています。

令和4年2月21日(月曜)以降の学校対応

市町村立学校や私立学校、大学等にも対策を要請

登校・授業

  • 可能な限り感染症対策を行い、通常登校、通常授業
  • 感染が確認された場合には、学級閉鎖等により速やかに対応

部活動

  • 活動や県内大会は、可能な限り感染症対策を行い、実施
  • 他校との練習試合、交流、合宿等は、自粛

学校行事

可能な限り感染症対策を行い、 実施

県民への要請

まん延防止等重点措置が延長された場合、引き続き県内全域で対策を実施。

  • 基本的な感染症対策の徹底
    (症状がある場合には、速やかに医療機関を受診)
  • 同一テーブルでの会食は、 4人まで
    (乳幼児や介助者等は除く)
  • 感染リスクの高い場所への外出・移動の自粛
    (混雑した場所や、感染対策が徹底されていない飲食店など)

事業者への要請

まん延防止等重点措置が延長された場合、引き続き県内全域で対策を実施。

  • すべての飲食店の営業時間短縮 (「1」「2」のいずれかを店舗ごとに選択)
    1. 午後8時から午前5時までの営業自粛・酒類提供の終日停止(持ち込み含む)
    2. 午後9時から午前5時までの営業自粛 (酒提供可)
  • 同一テーブルでの会食は、 4人まで
    (乳幼児や介助者等は除く)
  • イベント等の開催は、 「感染防止安全計画」を策定した場合、 20,000人まで
  • テレワーク等の活用による出勤者数の削減

小児ワクチン接種の考えかた

県としての小児接種の基本的な考えかた(当面)

  • 発症時に重症化の可能性がある重度の基礎疾患がある小児を中心に接種を推進。
  • 基礎疾患のある小児患者は、「接種できるか否か」を小児科医が慎重に判断する必要があることから、小児かかりつけ医及び「小児救急中核病院」を中心とし、県内広域体制により集中的に実施。

基礎疾患のある小児接種の対応

小児かかりつけ医での個別接種

対象児や保護者と面識のあるかかりつけ医での個別接種を推奨

かかりつけ医にて接種できない小児の受け皿として集団接種を実施
  • 個人かかりつけ医ではワクチン接種の最小単位10人を集められない場合
  • 従来のかかりつけ医が接種に協力できない場合 等

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(2月16日)

学校の対策延長・強化(2月8日発表)

茨城県は令和4年2月8日(火曜)に、県内の学校で感染者が増加していることを踏まえ、令和4年2月18日(金曜)まで、小学校の対策を延長・強化すること、また、令和4年2月20日(日曜)まで、小学校以外の学校でも対策を強化することを発表しました。

なお、令和4年2月20日(日曜)まで、県内全域に対して、まん延防止等重点措置が適用されていますが、今回発表する「学校の対策強化」以外の要請内容等に変更はありません。

小学校の対策延長・強化

対象

すべての市町村立小学校(義務教育学校の前期課程を含む)

延長期間

令和4年2月18日(金曜)まで

対策内容

原則、リモート学習実施の要請

県立高校等の対策強化(小学校を除く市町村立学校、私立学校、大学等にも要請)

授業・登校

  • 授業等はリスクの高い活動を自粛
  • 授業以外の場面(休み時間等)も、感染症対策を徹底
(リスクの高い活動の例)
  • 長時間、近距離で対面形式となるグループワーク
  • 調理学習
  • 密集や接触を伴う運動 等

部活動

原則禁止

(注記)

大会を控えている場合に限り、活動可能。
ただし、特にリスクの高い活動は行わないこと。
(県内大会は、主催団体に延期または中止を要請中)

学校行事

修学旅行等は「延期」または「中止」

(注記)

旅行先に関わらず、すべて延期または中止

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年2月8日発表)小学校の対策延長・強化、小学校以外の学校の対策強化について(茨城県)

薬局等での無料検査を一時停止(2月3日発表)

茨城県知事は令和4年2月3日(木曜)に記者会見し、県内のPCR・抗原検査キットの供給数を需要数が超過していることから、薬局等での無料検査および学校や保育所等の一斉検査を令和4年2月5日(土曜)から一時停止することを発表しました。

県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナNextねくすと(コロナ対策指針)Ver.ばーじょん4の対策ステージは引き続きStage3となっています。

その他詳細は以下の「知事記者会見」をご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(2月3日)

茨城版コロナNextのステージ引上げ(1月31日発表)

茨城県は病床稼働数が茨城版コロナNextねくすと(茨城県版コロナ対策指針)の対策Stageすてーじ3相当になったことに伴い、令和4年1月31日(月曜)からStage判断をStage3に引き上げることを発表しました。

なお、令和4年1月27日(木曜)から令和4年2月20日(日曜)まで、県内全域に対して、まん延防止等重点措置が適用されているところですが、すでに発表済みの県からの要請内容等について、今回のStage3への引上げに伴う変更はないとのことです。

県民の皆様は引き続き、基本的な感染症対策の徹底のほか、会食時の条件付き人数制限、まん延防止等重点措置が適用された都道府県への不要不急の往来自粛に皆様のご協力をお願いします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年1月31日発表)茨城版コロナNext判断指標におけるStage3への引上げについて(茨城県)

まん延防止等重点措置の適用が決定(1月25日発表)

茨城県は令和4年1月25日(火曜)に、県内全域に「まん延防止等重点措置」が適用されたことを発表しました。令和4年1月27日(木曜)から令和4年2月20日(日曜)までの25日間が実施期間となります。

措置区域

茨城県内全域

実施期間

令和4年1月27日(木曜)から令和4年2月20日(日曜)まで(25日間)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年1月25日発表)国の「まん延防止等重点措置」の適用について(茨城県)

まん延防止等重点措置の適用を国に要請(1月21日発表)

茨城県知事は令和4年1月21日(金曜)に記者会見し、新規陽性者が急増により社会経済活動の維持に支障が生じ始めていること、また病床稼働数が1週間以内に茨城県版コロナ対策指針のStageすてーじ3に達する見込みであることから、「まん延防止等重点措置」の適用を令和4年1月21日(金曜)に要請したことを発表しました。

県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナNextねくすと(コロナ対策指針)Ver.ばーじょん4の対策ステージは引き続きStage2となっています。

まん延防止等重点措置を適用する市町村

「直近1週間の人口1万人当たり新規陽性者数」が、国の適用決定日に「1.5人以上」の市町村

参考

守谷市の令和4年1月15日(木曜)~令和4年1月21日(木曜)までの「直近1週間の人口1万人当たり新規陽性者数」は「5.92人」

飲食店への営業時間短縮要請(国の措置適用後の予定)

対象業種

まん延防止等重点措置が適用された市町村に所在するすべての飲食店
(注記)テイクアウト・デリバリー・コンビニ等のイートインは要請の対象外であり、営業可

要請内容

要請期間の当初に「1」または「2」を店舗ごとに選択

  1. 午後8時以降の営業自粛・酒類の提供の停止(持ち込み含む)
  2. 午後9時以降の営業自粛

協力金の支給(全要請期間の協力店舗のみ)

中小企業1店舗1日あたりの支給額(売上高に応じて算定)
  1. 3万円~10万円
  2. 2.5万円~7.5万円
大企業

算定式は別途

申請開始時期

2月中旬

県民への要請(国の措置適用後の予定)

  • 基本的な感染症対策の徹底
  • 感染リスクの高い場所への外出・移動の自粛
  • 県外との不要不急の往来自粛

事業者への要請(国の措置適用後の予定)

  • 同一テーブルでの会食は、4人まで(ワクチン接種歴や検査の有無によらない)
  • イベント等の開催は、 「感染防止安全計画」を策定した場合、 20,000人まで
  • テレワーク等の活用による出勤者数の削減

学校での対策(国の措置適用後の予定)

市町村立学校や私立学校、大学等にも同様の対策を要請

部活動について

  • 重点措置区域に所在する学校の練習試合等は、県内の学校同士で、自校を含め2チーム以内
  • 県内大会は、原則、主催団体に「延期」または「中止」を要請
    • 上位大会に繋がる県内大会は、全参加者の陰性を確認
    • 県内で行う関東大会・全国大会等は、全参加者の陰性を確認
  • 合宿等の宿泊を伴う活動は、自粛

学校行事について

修学旅行等は、旅行先が重点措置区域の場合、「延期」または「中止」

ワクチン接種の加速

市町村と連携し、最大限前倒しで3回目接種を進めます。

高齢者等の接種は2月中に完了予定、その他のかたも順次開始。

3回目接種の状況

  • 病院の医療従事者:約64パーセント
  • 福祉施設の従事者・入所者:約15パーセント

県も大規模接種会場を設置し、ワクチン接種を推進します。
(5会場、令和4年2月2日(水曜)から順次再開)

いば旅あんしん割

新規予約受付

令和4年1月22日(土曜)以降、予約を全て停止

既存予約分

適用決定の翌日から7日間は割引対象(経過措置)

(経過措置終了後)
  • 適用しない市町村への旅行:検査の陰性証明を条件に割引を実施
  • 適用市町村への旅行:割引の対象外

キャンセル料の取り扱いは、専用ホームページでお知らせします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。いば旅あんしん割

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(1月21日)

茨城版コロナNextのステージ強化(1月18日発表)

茨城県知事は令和4年1月18日(火曜)に、茨城県コロナNextねくすとの対策Stageすてーじを令和4年1月18日(火曜)からStageすてーじ2に強化することを発表しました。

県民の皆様は引き続き、基本的な感染症対策の徹底のほか、会食時の条件付き人数制限、沖縄県・山口県・広島県(まん延防止等重点措置が適用された都道府県)への不要不急の往来自粛に皆様のご協力をお願いします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和4年1月18日発表)県全体のステージ移行について(茨城県)

成人式の参加制限、会食時の条件付き人数制限、特定県への不要不急の往来自粛要請(1月7日(金曜))

茨城県知事は令和4年1月7日(金曜)に記者会見し、年末年始の帰省等により、週平均陽性者数が、前週比11.6倍になったことなどを踏まえ、成人式の参加制限、会食時の条件付き人数制限等を要請することを発表しました。

県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナNextねくすと(コロナ対策指針)Ver.ばーじょん4の対策ステージは引き続きStageすてーじ1となっています。

要請内容

  • 成人式(式典)への出席は、「ワクチン2回接種済み」または「検査で陰性が確認された」かたのみ(令和4年1月7日に全ての市町村に要請済み)
  • 同一テーブルでの会食は4人まで。ただし、店舗で「ワクチン2回接種済み」または「検査陰性」であることを確認できる場合は、5人以上の会食も可能
  • 沖縄県、山口県、広島県(まん延防止等重点措置の適用が予定される都道府県)の不要不急の往来は自粛
ワクチン2回接種済みの証明
政府のワクチン接種証明アプリや、接種済証(写し可)及び顔写真付き身分証明書の提示

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナワクチン接種証明書アプリ(デジタル庁)

検査による陰性確認の証明
PCR検査は3日前まで、抗原定性検査キットによる検査は前日分までの検査結果が有効

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。感染不安を感じるかたへのPCR等無料検査のご案内について(茨城県)

県の要請に伴う守谷市成人式の対応

茨城県の要請に伴い、成人式に参加される新成人のかたに対し、ワクチン接種証明(2回分)もしくは陰性証明の提示、確認を行います。
なお、ワクチン接種が済んでいないかたは、当日の受付前に抗原検査を実施しますので、早めのご来場をお願いします。

参加されるかたは必ず以下のリンクをご覧ください。
直前のご連絡となり、申し訳ありませんがよろしくお願いします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(1月7日)

第6波の到来を見据えた緊急対策(1月5日発表)

茨城県知事は令和4年1月5日(水曜)に記者会見し、国内でも感染急拡大の兆候が見られ、かつ、県内でもオミクロン株の市中感染を確認したことを踏まえ、感染対策の強化を進めることを発表しました。

また、現時点で行動制限は求めず、基本的な感染症対策を呼びかけました。

クラスターの発生防止

病院の医療従事者に対し、ワクチン3回目接種を完了(1月15日までに)

現在、約1万7千人が接種済み

福祉施設の従事者・入所者に対し、ワクチン3回目接種を完了(2月10日までに)

県大規模接種会場を前倒しで開設(2月10日までに)

2月中旬開設予定を前倒しし、県内5か所(水戸市、古河市、牛久市、つくば市、神栖市)で開設

病院の医療従事者、福祉施設(入所系等)の従事者に対し、週1回の検査を実施

  • 病院の医療従事者:ワクチン3回目未接種者は週1回のPCR検査を実施するよう、各病院へ要請
  • 福祉施設の従事者:「薬局等での無料検査」等を活用して実施するよう、各施設へ要請

適切な医療の提供

病床を410床に拡充(1月19日までに)

現在は300床運用

軽症者・無症状者の急増に備え、宿泊療養施設を2,000室開設(2月4日までに)

現在は1,020室開設

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(1月5日)

感染不安を感じるかたへのPCR等無料検査の開始(1月2日発表)

茨城県知事は令和4年1月2日(日曜)に記者会見し、県内でオミクロン株の市中感染が発生したことを受け、令和4年1月4日(火曜)より、感染不安を感じるかたに対して、県内154箇所の薬局等において、無料でPCR検査等を受けられるようにすることを発表しました。

また、オミクロン株による第6波を小さく抑えるため、基本的な感染対策の徹底を呼びかけました。

実施期間

令和4年1月4日(火曜)から令和4年1月31日(月曜)

対象者

以下全てを満たすかた

  • 茨城県に在住
  • 感染不安を感じる
  • 発熱等の症状がない

受けられる検査の種類

  • PCR検査
  • 抗原定性検査

検査拠点により、取り扱う検査の種類が異なります。

検査が受けられる場所

薬局等を中心に県内150ヵ所以上で検査が可能です。
原則、予約不要ですが、実施体制の準備状況や混雑等により受検できない場合もあります。
詳しくは県ホームページからご確認ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(1月2日)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。感染不安を感じるかたへのPCR等無料検査のご案内について(茨城県)

PCR等無料検査に関する問い合わせ先

茨城県受診・相談センター
電話:029-301-3200

受付時間

午前8時30分から午後10時
(土曜・日曜、祝日、年末年始を含む)

茨城版コロナNext(コロナ対策指針)の改定(12月23日発表)

茨城県知事は令和3年12月23日(木曜)に記者会見し、ワクチン接種が進んだことや、検査体制のさらなる拡充・強化などを踏まえ、茨城版コロナNextねくすと(コロナ対策指針)を改定することを発表しました。

改定のポイント

  • 国の新たな対処方針や、指標(レベル分類)に対応
  • 検査体制の拡充(感染拡大地域・集団への集中検査等の実施)
  • 感染拡大市町村の取りやめ
  • ワクチン・検査パッケージ適用による行動制限の緩和を、新たに盛り込み

(注記)判断指標は見直さない(第5波においても、県内の医療提供体制・感染状況を的確に評価)

茨城県コロナNext Ver.4における対策内容について

外出自粛

感染拡大時等は、外出・移動の自粛を要請(混雑場所等の高リスクの場所や、県外への外出・移動の自粛)
ただし、ワクチン接種者や検査受検者には、県外との往来自粛は要請しない

飲食店

営業時間短縮要請について
 要請内容協力金の額
国の緊急事態措置原則時短:午後8時まで
酒:禁止
3~10万円
知事判断による緩和時短:午後9時まで
酒:提供可
2.5万円~7.5万円
まん延防止等重点措置原則時短:午後9時まで
酒:提供可
2.5万円~7.5万円
知事判断による緩和時短等:なしなし
(注記)会食の人数制限について

感染拡大時には、同一グループの同一テーブルでの会食は4人まで
(ワクチン・検査パッケージを適用すれば、5人以上の会食も可能)

カラオケ

国の緊急事態宣言時は、カラオケの利用を禁止
(ただし、ワクチン・検査パッケージを適用し、かつ収容率を50パーセント以下でカラオケの利用を可能とすることがある)

イベント

開催制限(人数上限)について
 原則安全計画策定による緩和
国の緊急事態措置5,000人まで
(大声あり)5,000人かつ50パーセントまで
10,000人までパッケージ適用により人数上限なし
まん延防止等重点措置20,000人まで
上記以外の場合5,000人または50パーセントの大きい方まで
(大声あり)50パーセントまで
収容定員まで
(人数制限なし)
 

(注記)大声:通常よりも大きな声量で、観客等が反復・継続的に発する声(「大声あり」は、制限緩和しない)

集客施設

感染拡大時は、入場者の整理・入場制限等を要請

コロナ対策指針(茨城版コロナNext Ver.4 令和3年12月23日改定)

コロナ対策指針(茨城版コロナNext Ver.4 令和3年12月23日改定)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。茨城版コロナNext(コロナ対策指針)の改定について(茨城県)

茨城版コロナNextのステージ引下げ(10月7日発表)

茨城県知事は令和3年10月7日(木曜)に、茨城県コロナNextねくすとの対策Stageすてーじを令和3年10月7日(木曜)からStageすてーじ1に緩和することを発表しました。

県民の皆様は引き続き、基本的な感染症対策の継続をお願いします。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和3年10月7日発表)県全体のステージ移行について(茨城県)

茨城版コロナNextのステージ引下げ(9月27日(月曜))

茨城県知事は令和3年9月27日(月曜)に記者会見し、県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、令和3年9月27日(月曜)から茨城版コロナNextねくすと(コロナ対策指針)Ver.ばーじょん3の対策ステージをStageすてーじ2に引下げしたことを発表しました。

また、国の緊急事態宣言については令和3年9月30日(木曜)までとなるため、県民の皆様に対して、引き続き営業時間短縮などへの協力について要請しました。

令和3年10月1日(金曜)以降の対応見込み

「催物(イベント等)開催制限」の段階的な緩和

  • 10月中(緊急事態宣言解除後1か月以内)のイベント開催は、上限5,000人または収容率50パーセント以内(最大10,000人まで)のいずれか大きい方
  • 11月以降のイベント開催についても、感染症対策を徹底

「他都道府県との往来時の感染症対策」の継続

  • 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象都道府県との不要不急の往来自粛
  • その他の都道府県との往来についても、地域の感染状況を踏まえて慎重に判断
    (注記)直近1週間の陽性者が、人口10万人あたり15人以上の都道府県との往来については、特に注意

「県有施設」の再開

県有施設は、すべて再開
(感染防止対策を徹底したうえで、令和3年10月1日(金曜)以降、順次再開)

「学校」の再開

  • 県立学校は、通常登校・通常授業
    (注記)コロナ不安により登校できない児童生徒はリモート対応とし、欠席扱いしない
  • 部活動は、可能な限り感染症対策を行い、通常の活動
  • 学校行事は、可能な限り感染症対策を行い、実施
    (市町村立学校や私立学校、大学等にも同様の対策を要請)

「テレワーク」等の推奨

  • テレワーク活用による、出勤者数の削減
  • 時差出勤で混雑緩和

「不要不急の外出」「高リスク行動自粛」の徹底

  • 基本的な感染症対策の継続
  • 会食時の感染症対策の徹底
  • 症状があれば、すぐに受診

「差別の禁止」の徹底

感染者やその家族、医療従事者等への不当な差別的取扱いは絶対にやめてください

「いば旅あんしん割事業」及び 「GoToイートキャンペーン」の再開見込み

長引く移動自粛により、厳しい状況にある観光・宿泊や飲食事業者を支援するため、現在停止している下記事業を再開します。

  • いば旅あんしん割事業
  • GoToイートキャンペーン

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(9月27日)

茨城版コロナNextのステージ引下げ(9月22日(水曜))

茨城県知事は令和3年9月22日(水曜)に記者会見し、県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、令和3年9月22日(水曜)から茨城版コロナ Nextねくすと(コロナ対策指針) Ver.ばーじょん3の対策ステージをStageすてーじ3に引下げしたことを発表しました。

引き続き、 国の緊急事態宣言下の対策(営業時間短縮、不要不急の外出自粛、学校の分散登校など)に、 ご協力ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和3年9月22日発表)県全体のステージ移行について(茨城県ホームページ)

県独自の「非常事態宣言」の前倒し解除(9月16日(木曜))

茨城県知事は令和3年9月16日(木曜)に記者会見し、新規陽性者数の減少傾向が継続し、病床稼働数も茨城版コロナ Nextねくすと(コロナ対策指針)のStageすてーじ3の水準まで改善したため、県独自の非常事態宣言を令和3年9月19日(日曜)までで、前倒し解除することを発表しました。
また、国の緊急事態宣言については令和3年9月30日(木曜)までとなるため、県民の皆様に対して、引き続き営業時間短縮などへの協力について要請しました。
 
茨城版コロナNext(コロナ対策指針) Ver.ばーじょん3の対策ステージは、県内の感染状況を総合的に判断し、引き続きStage4となっています。

県内全域に対して要請されている対策

令和3年9月19日(日曜)まで

(注記)実施期間は9月19日までに延長しています。

令和3年9月20日(月曜)から

知事記者会見へのリンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(9月16日)

緊急事態宣言・茨城県非常事態宣言の延長(9月9日(木曜))

茨城県知事は令和3年9月9日(木曜)に記者会見し、新規陽性者数は減少傾向にあるが、病床稼働数、特に重症病床稼働数は高止まりが続いていることから、県独自の非常事態宣言の要請期間を令和3年9月26日(日曜)まで延長することを発表しました。

また、国の緊急事態宣言についても令和3年9月30日(木曜)までの延長となることを併せて発表しました。

県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナ Nextねくすと(コロナ対策指針) Ver.ばーじょん3の対策ステージは引き続きStageすてーじ4となっています。

県独自の非常事態宣言

要請期間

令和3年9月26日(日曜) まで
(注記)医療崩壊を防げる感染状況の場合、9月26日を待たずに解除

対策の詳細

茨城県の医療提供体制の最新状況

国の緊急事態宣言

要請期間

令和3年9月30日(木曜) まで

対策の詳細

知事記者会見へのリンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(9月9日)

茨城県が非常事態宣言の延長を発表(8月27日(金曜))

茨城県知事は令和3年8月27日(金曜)に記者会見し、新たな感染者数の増加傾向が継続しており、感染状況は収束の見通しが立たない状況にあることから、県独自の非常事態宣言の要請期間を令和3年9月12日(日曜) まで延長することを発表しました。
 
また、第3波と比べて陽性者における20代以下の割合が増加していることから、学校再開による感染拡大を防ぐため、学校授業のリモート対応、部活動の全面禁止等が要請されました。

非常事態宣言の要請期間

令和3年9月12日(日曜) まで
(注記)国の緊急事態宣言と同じ期間となります。

対象地域

県内全域

非常事態における対策パッケージ

  1. 外食は控え、テイクアウトに。買い物は最少人数で、混雑時は入店しない。
  2. 現在、入院患者の半数以上が40代から50代のかたのため、特に40代から50代のかたは、ワクチン接種が済んでいない限り、出勤・外出を極力自粛してください。
  3. すべての商業施設等の入場制限(通常時の2分の1に)
  4. 県有施設の休館等の対応(図書館・美術館等を含む)。開催する場合は、1週間以内のPCR検査による陰性確認の徹底を依頼)
  5. 学校の授業はリモート対応、部活動は全面禁止、学校行事は延期又は中止。

医療提供体制の状況

抗体カクテル療法の積極的活用

ハイリスクの軽症・中等症患者を対象に、短期間の入院で抗体カクテル療法 (ロナプリーブの投薬)を行い、重症化を抑制することで、病床の逼迫を緩和しています。

新型コロナウイルス感染症に係る本県の周産期医療体制の状況

  • 新型コロナに感染した妊産婦の入院受入れのため、9医療機関を指定
  • 周産期入院調整コーディネーター支援員の配置

 

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(8月27日)

国が茨城県に対し緊急事態宣言を発令(8月17日(火曜))

茨城県は国の緊急事態宣言の発令を受けて、令和3年8月20日(金曜)から令和3年9月12日(日曜) まで、県全域に以下を要請することを発表しました。
 
なお令和3年8月19日(木曜)までは「まん延防止等重点措置」の対策が継続されます。

また、8月31日(火曜)までは「茨城県非常事態宣言」も発令されています。

国の緊急事態宣言の期間

令和3年8月20日(金曜)から令和3年9月12日(日曜) まで

県からの要請

営業時間短縮要請

飲食店
  • 午後8時から午前5時までの営業自粛
  • 酒類の提供(持込み)終日停止(提供等店舗には休業要請)(新規)
  • 全てのカラオケ設備(カラオケボックス等含む)の利用終日停止(利用店舗には休業要請)(新規)
    (注記)酒類提供等や、カラオケ利用を停止いただければ、営業は可能です。
  • 結婚式は、「宴会は90分以内、なるべく少人数(人数上限50人かつ収容率50パーセント以下)で開催」するよう協力依頼(新規)
大規模集客施設(1,000平方メートル超)

午後8時から午前5時までの営業自粛

(イベント開催・映画上映時は、午後9時以降の営業自粛)

不要不急の外出・高リスク行動の自粛要請

  • 不要不急の外出自粛
  • 少人数で行動し混雑する場所を避ける
  • 午後8時以降の飲食店利用自粛
  • 路上・公園などでの集団飲酒等の自粛

他都道府県との往来自粛要請

  • 県境をまたぐ往来は極力自粛
  • やむを得ず往来する際は、感染症対策を徹底するなど特に注意

イベント等の開催制限

開催する場合は、人数制限5,000人かつ収容率50パーセント以下

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。(令和3年8月17日発表)国の緊急事態宣言の発令を受けた本県の対策について(茨城県)

茨城県が非常事態宣言を発令(8月16日(月曜))

茨城県知事は令和3年8月16日(月曜)に記者会見し、茨城県非常事態宣言を発令しました。これにより、8月16日(月曜)から8月31日(火曜)までは県内全域が非常事態宣言の対象区域となります。

急激な入院患者の増加に伴い、病床がひっ迫しており、県では県内全ての病院に対し、不急の入院・手術の延期などによる最大限の病床確保を要請するとともに、命を救うため、県民が一丸となった行動抑制を直ちに実施する必要があると発表しました。

県内にお住まいの皆さまには外食は控え、テイクアウトにすること、最少人数での買い物、特にワクチン接種の済んでいない40歳代から50歳代の出勤・外出の極力自粛、全ての商業施設等の通常時の2分の1の入場制限、県有施設の休館、部活動の全面禁止、授業のリモート対応などが要請されました。

県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナ Nextねくすと(コロナ対策指針) Ver.ばーじょん3の対策ステージは引き続きStageすてーじ4となっています。

要請の期間

令和3年8月16日(月曜)から令和3年8月31日(火曜)まで

対象地域

県内全域

非常事態における対策

外食は控え、テイクアウトに。買い物は最少人数で、混雑時は入店しない

特に40歳代から50歳代のかたは、ワクチン接種が済んでいない限り出勤・外出を極力自粛

約200の団体に協力要請

全ての商業施設等の入場制限:通常時の2分の1に

ショッピングモール、スーパー、飲食店等に協力要請

県有施設の休館(図書館・美術館等を含む)

  • すでに予約済みのかたに、中止や延期の協力を依頼
    (開催する場合は、1週間以内のPCR検査による陰性確認の徹底を依頼)
  • 県以外の公営施設に対しても同様の対策を要請

部活動は全面禁止。授業(課外含む) はリモート対応

市町村立学校や私立学校、大学等にも同様の対策を要請

非常事態における対策(医療体制)

入院加療

  • 新型コロナ患者の受入れ病床を727床まで拡充調整中(現在591床)
  • 臨時の医療施設を開設するため、県医師会等に対し、医師・看護師の派遣協力要請
  • 感染症法第16条の2に基づき、コロナ患者を受け入れていない病院のうち、一定の規模や機能を有する48病院に対して受入病床の確保要請
  • 酸素ステーションを本日から7床開設
  • 抗体カクテル療法の積極的活用

宿泊療養

  • 8月27日(金曜)までに830室に拡充予定(現在450室)
  • 9月上旬までに1,020室に拡充予定

自宅療養

  • 看護師等による健康観察、パルスオキシメーターの配送
  • 医師会との連携により、体調不良時の診療体制を強化

さらなる緊急的な病床確保対策

  • 既存のコロナ病院の病床を拡充するとともに、特別措置法に基づく臨時の医療施設を開設するため、茨城県医師会等に対して、医師・看護師の派遣協力を要請
  • さらなる病床を確保するため、県医師会の協力を得ながら、コロナ患者を受け入れていない病院のうち、一定の規模や機能を有する48病院に対して、本日、感染症法第16条の2に基づく、受入病床の確保を要請

病床のひっ迫を緩和するための対策

抗体カクテル療法の積極的活用

ハイリスクの軽症・中等症患者を対象に、短期間の入院で抗体カクテル療法(ロナプリーブの投薬)を行い、重症化を抑制することで、病床のひっ迫を緩和します。

酸素ステーションの設置

医療機関や宿泊療養施設に「酸素ステーション」を設置し、病床がひっ迫し入院調整が難航した場合に、症状が増悪した患者の一時受け入れを行います。

宿泊療養施設のさらなる拡充

現状

  • 医師によるカルテ回診を毎日実施
  • オンコール体制を敷き、看護師2名程度が常駐
  • 全室にパルスオキシメーター、施設ごとに酸素 吸入器を配備
  • 医療機関と連携した入院切替え体制や、民間搬送事業者を活用した搬送体制を構築

体制強化の方向性

  • 酸素吸入器等の追加整備
  • 薬の処方体制(電話診療等)
  • 看護師の増員

自宅療養者へのフォローアップ

増加する自宅療養者に対する、健康観察の強化

  • 毎日、看護師等による健康状態の把握(要観察者には1日2回電話による確認)
  • 患者全員にパルスオキシメーターの配送
  • 外出せず療養していただくため、食料品等の配送
  • 対応スタッフの増員

医師等による見守り体制の強化

  • 県医師会の協力の下、県内88医療機関と連携し、自宅療養者の症状に応じて、医師による診療(電話診療、オンライン診療、訪問診療等)を開始
  • スマホを活用した健康状態等に関する相談機能の強化(調整中)
    (日々の健康状態の報告、チャットによる医師への相談等)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(8月16日)

    茨城県が緊急事態宣言の速やかな適用を改めて要請(8月12日(木曜))

    茨城県知事は令和3年8月12日(木曜)に記者会見し、感染状況・病床稼働状況が、悪化の一途をたどっているため、緊急事態宣言の速やかな適用を国に改めて要請したこと、また、 まん延防止等重点措置について対象区域を追加指定したことを発表しました。これにより、8月15日(日曜)からは高萩市以外の県内43市町村がまん延防止等重点措置の対象区域となります。

    該当市町村にお住まいの皆さまには引き続き、新たに飲食店での酒類提供の終日停止・カラオケ利用の終日停止、ショッピングセンター等の大規模集客施設の営業時間短縮、路上・公園等での集団飲酒等の自粛などが要請されました。

    県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナ Nextねくすと(コロナ対策指針) Ver.ばーじょん3の対策ステージは引き続きStageすてーじ4となっています。

    まん延防止等重点措置の区域追加

    • 令和3年8月8日(日曜)から8月14日(土曜) 7日間
      守谷市を含む県内38市町村
    • 令和3年8月15日(日曜)から8月31日(火曜) 17日間
      守谷市を含む県内43市町村(日立市、大洗町、城里町、大子町、 河内町の5市町を追加

    重点措置区域になっている対象事業者(飲食店及び大規模集客施設など)は、営業時間短縮に御協力願います。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。飲食店の営業時間短縮の要請について(令和3年7月以降)(茨城県)

    まん延防止等重点措置に伴う支援措置

    • 月次支援金
    • 雇用調整助成金
    • 休業支援金

    申請支援・相談窓口

    以下の窓口で各種補助金等の活用や申請方法などの相談に対応しております。

    補助金等の活用や経営に関するワンストップ相談窓口

    茨城県よろず支援拠点:029-224-5339 又は 最寄りの商工会・商工会議所へ

    就職・生活・労働に関するワンストップ相談窓口

    いばらき就職支援センター:029-300-1916

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(8月12日)

    国のまん延防止等重点措置の適用(8月5日(木曜))

    茨城県知事は令和3年8月5日(木曜)に記者会見し、守谷市を含む県内38市町村が国のまん延防止等重点措置の適用を受けたこと等を発表しました。
     
    また、該当市町村にお住まいの皆さまには、新たに飲食店での酒類提供の終日停止・カラオケ利用の終日停止、ショッピングセンター等の大規模集客施設の営業時間短縮、路上・公園等での集団飲酒等の自粛などが要請されました。
    県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナ Nextねくすと(コロナ対策指針) Ver.ばーじょん3の対策ステージはStageすてーじ4となっています。

    国のまん延防止等重点措置の概要

    実施期間

    令和3年8月8日(日曜)から令和3年8月31日(火曜)

    (注記)令和3年8月6日(金曜)、8月7日(土曜)は「県独自の緊急事態宣言」の対象

    対象地域

    守谷市を含む県内38市町村

    対策の内容

    飲食店に対する営業時間短縮要請等
    • 午後8時から午前5時までの営業自粛
    • 酒類の提供(持ち込み)は、終日停止(新規)
    • カラオケ設備の利用も、終日停止(新規)
    • 協力金3万円から10万円(新規)

    要請期間全てで営業自粛にご協力いただいた事業者のかたに、協力金の支給が予定されています。

    事業規模、売上高により金額が異なりますので、詳しくは県ホームページをご確認ください。

    営業時間短縮の要請について(令和3年7月以降)(茨城県)

    大規模集客施設(1,000平方メートル超)に対する営業時間短縮要請等(新規)
    • 午後8時から午前5時までの営業自粛(新規)
      (イベント開催・映画上映時は、 午後9時以降の営業自粛)
    • 協力金支給(計算方法等は別途公表)(新規)

    対象業種:建築物の床面積1,000平方メートル超の大型施設等

    (イベント関連施設)

    • 劇場
    • 映画館
    • 多目的ホール など

    (イベントを開催する可能性がある施設)

    • テニス場
    • ボウリング場
    • テーマパーク
    • ゴルフ練習場
    • バッティング練習場 など

    (自由に出入りできる施設)

    • 百貨店
    • ショッピングセンターその他物品販売を営む店舗
      (生活必需物資は除く)
    • スポーツクラブ
    • ゲームセンター等の遊興施設 など

    詳細は「大規模集客施設に対する営業時間短縮要請協力金(知事会見資料抜粋)」をご確認ください。

    大規模集客施設に対する営業時間短縮要請協力金(知事会見資料抜粋)(PDF:764KB)

    不要不急の外出自粛 ・高リスク行動自粛
    • 不要不急の外出自粛
    • 少人数で行動
    • 混雑する場所を避ける
    • 午後8時以降の飲食店利用自粛
    • 路上・公園等での集団飲酒等の自粛(新規)
    会食時の感染症対策
    • 同居家族以外ではいつも近くにいる4人まで
    • 「いばらきアマビエちゃん」登録店舗を利用
    イベント等開催制限

    人数上限5,000人かつ収容率50パーセント以下

    他都道府県との往来自粛
    • 緊急事態宣言等が発令されている都道府県との往来は自粛
      (その他の地域との往来についても、なるべく控える)
    • やむを得ず往来する際は、感染症対策を徹底するなど特に注意
    出勤者数の削減

    テレワークや時差出勤の活用

    部活動の制限

    他校との練習試合・合宿等は自粛
    (市町村立学校・私立学校・大学等にも、同様の内容を要請)

    県有施設の営業自粛

    原則休館
    (美術館、図書館等は開館を継続)

    海水浴場の閉鎖

    海水浴場の開設者に対して、閉鎖を要請
    (阿字ヶ浦、平磯、大洗サンビーチ)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(8月5日)

    茨城県独自の緊急事態宣言を発令(8月3日(火曜))

    茨城県知事は令和3年8月3日(火曜)に記者会見し、県内全域に県独自の緊急事態宣言を発令するとともに、緊急事態宣言の速やかな適用を、国に要請したことを発表しました。

    また県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、令和3年8月3日(火曜)から茨城版コロナ Nextねくすと(コロナ対策指針) Ver.ばーじょん3の対策ステージをStageすてーじ4に移行したことを発表しました。

    県独自の緊急事態宣言の概要

    実施期間

    令和3年8月6日(金曜)から令和3年8月19日(木曜)

    対象地域

    県内全域

    対策の内容

    県内の不要不急の外出自粛・感染リスクが高まる行動の自粛
    • 不要不急の外出・移動の自粛を要請
    • 家族やいつも一緒にいる仲間と少人数で行動
    • 混雑する場所・時間は避ける
    他都道府県との往来自粛等
    • 緊急事態宣言等が発令されている都道府県との往来は、極力自粛を要請
      (注記)その他の都道府県との往来も、なるべくお控えいただくようお願い
    • やむを得ず往来する際は、感染症対策を徹底するなど特に注意するよう要請
    出勤者数の削減
    • テレワークを積極的に活用し、可能な限り出勤職員数を削減することを要請
    • 混雑緩和のため時差出勤の活用を要請
    部活動の制限
    • 県立学校は、他校との練習試合、合宿等は自粛
    • 市町村立学校・私立学校・大学等に対しても、他校との練習試合等の自粛を要請
      (注記)感染症対策を徹底し、自校のみの活動
    営業時間短縮要請等

    県内すべての飲食店に対し、午後8時から午前5時までの営業自粛(酒類の提供は夜7時まで)を要請
    (注記)テイクアウトとデリバリーは午後8時以降も営業可

    会食時における感染症対策の強化

    会食を開催する場合、同居家族以外ではいつも近くにいる4人まで

    (注記)

    • 食事時の会話は、飲酒有無や昼夜・場所を問わず、感染が生じやすいため注意
    • 大声、回し飲み、箸の共用は避け、会話するときはマスクを着用
    • 少人数・短時間での開催とし、体調に異常がある場合は参加しない
    • 「いばらきアマビエちゃん」登録店舗を利用、食事が始まる前に全員が利用登録

    (登録店舗の皆様へ)
    利用者全員が「いばらきアマビエちゃん」の登録を済ませているか必ず確認してください(あるいは連絡先を記録)

    催物(イベント等)開催制限

    イベントを開催する場合、上限5,000人かつ収容率50パーセント以下とすることを要請

    県有施設の営業自粛

    県有施設は原則休館

    (休館する施設)

    • アクアワールド茨城県大洗水族館
    • いばらきフラワーパーク
    • ミュージアムパーク茨城県自然博物館
    • 竜神大吊橋
    • 袋田の滝観瀑台 等

    (注記)

    • 公園施設は、屋内施設の利用を制限。
    • 県近代美術館、県つくば美術館、県天心記念五浦美術館、県陶芸美術館、県立歴史館、 県立図書館は、感染拡大防止対策を徹底したうえで開館を継続。
    • すでにチケット販売や予約を受け付けている施設については、感染拡大防止対策を徹底したうえで受け入れ可能とする。
    海水浴場の閉鎖を要請

    海水浴場の開設者に対して、閉鎖を要請

    • ひたちなか市(阿字ヶ浦、平磯)
    • 大洗町(大洗サンビーチ)

    夏休み・お盆期間に特に注意をお願いしたい事項

    県民の皆様へ

    本県は現在、感染が急拡大しています! 県境を跨ぐ往来は、極力、お控えください!
    (注記)やむを得ず往来する場合は、感染リスクが高まる行動(会食・寄り道等)は避けましょう

    • テレワーク等の活用や、まとめ買いするなど、外出機会を縮減
    • 会食を開催する場合、同居家族以外ではいつも近くにいる4人まで
    • 普段会わない人と会う際はマスクを着用し、会食は控える

    他都道府県にお住まいの皆様へ

    • 申し訳ありませんが、今年の茨城への帰省はお控えください。
      (注記)やむを得ず来県される際は、感染リスクが高まる行動を避けていただくようお願いします。
    • 今年の夏休みは、茨城に遊びに来ないでください。
      来県は延期をご検討の上、感染状況が落ち着きました後、 ゆっくりと本県の観光・レジャー等をお楽しみください。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(8月3日)

    茨城県が緊急事態宣言の要請に向けて検討を開始(7月30日(金曜))

    茨城県知事は令和3年7月30日(金曜)に記者会見し、これまでにない急激な指標の悪化を踏まえ、緊急事態宣言の要請に向けて検討を開始したことを発表しました。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(7月30日)

    守谷市を含む県内16市町が感染拡大市町村として指定(7月27日更新)

    茨城県知事は令和3年7月27日(火曜)に記者会見し、国の指標(陽性者数)が Stageすてーじ3以上に相当する感染拡大市町村として、土浦市、古河市、龍ケ崎市、常総市、取手市、牛久市、つくば市、潮来市、守谷市、坂東市、稲敷市、行方市、つくばみらい市、大洗町、阿見町、境町を指定することを発表しました。

    また、該当市町にお住まいの皆様に、不要不急の外出自粛、飲食店の営業時間短縮、会食人数の制限、出勤者数の削減、催物(イベント等)開催制限について要請するとともに、県民の皆様に対して、自身や家族を守るために引き続き感染防止のために適切な対策を取るよう要請しました。

    県内の感染状況の悪化が継続しており、県内の医療提供体制および県内の感染状況を総合的に判断し、茨城版コロナ Nextねくすと(コロナ対策指針) Ver.3ばーじょんの判断指標において、本県の対策は「Stage3」に強化しました。

    感染拡大市町村にお住まいの皆様へ

    不要不急の外出自粛

    他の地域との往来は最低限に、特に夜8時以降は徹底

    営業時間短縮の要請

    要請対象期間

    感染拡大市町村指定期間

    対象事業者

    感染拡大市町村に所在する全ての飲食店(食品衛生法に基づく飲食店営業許可を受けている店舗)

    要請短縮時間

    午後8時から午前5時まで営業自粛

    (酒類の提供は午後7時まで、テイクアウトとデリバリーは午後8時以降も営業可)

    要請期間全てで営業自粛にご協力いただいた事業者のかたに、県から協力金の支給が予定されています。

    支給予定額

    事業規模、売上高により金額が異なりますので、詳しくは県ホームページをご確認ください。

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。営業時間短縮の要請について(茨城県)

    会食時の感染防止対策

    会食を開催する場合、同居家族以外ではいつも近くにいる4人まで

    出勤者数の削減

    テレワークの積極的活用・時差出勤の活用

    催物(イベント等)開催制限

    上限5,000人または収容率50パーセント以内(最大10,000人まで)のいずれか大きい方とすること

    県民の皆様へ

    「基本的な感染症対策」の徹底

    「マスク」は正しくつける!

    鼻やあごもカバー、「マスクなし」をなくしましょう!

    熱中症予防のため、屋外で人と十分な距離(2メートル以上)が確保できるときは、マスクを外しましょう。

    マスク着用時は激しい運動を避け、のどが渇いていなくても、こまめに水分補給しましょう。

    石けん等でしっかり「手洗い」!

    共有物(ドアノブ等)にさわった後などは、石けん等でしっかり「手洗い」しましょう。

    「社会的距離」の確保(1から2メートル)

    3密(密集・密接・密閉)を避けましょう!社会的距離(なるべく2メートル、最低1メートル)を確保しましょう

    「換気」をこまめに!

    30分に1回以上、窓やドアを2カ所以上開けて、部屋の空気が入れ替わるようにしましょう。

    一般的に家庭用エアコンは換気を行っていません。換気中も、エアコンを止める必要はありません。

    「他都道府県との往来時の感染症対策」の徹底

    • 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象都道府県との不要不急の往来自粛
    • その他の都道府県との往来についても、地域の感染状況を踏まえて慎重に判断
      (注記)直近1週間の陽性者が、人口10万人あたり15人を超える都道府県との往来については、特に注意

    「テレワーク」等の徹底

    • テレワークを積極的に活用し、可能な限り出勤者数を削減
    • 時差出勤で混雑緩和

    「差別の禁止」の徹底

    感染者やその家族、医療従事者等への不当な差別的取扱いは絶対にやめてください

    会食の際の対策の徹底について

    食事の際の会話は、飲酒の有無、昼夜・場所に関わらず、感染が生じやすい場面です。

    会食の際には、引き続き、以下のことに注意をお願いします。

    会食を開催するとき

    • お店を選ぶときは、「いばらきアマビエちゃん」登録店舗を利用
      (注記)アマビエちゃん登録店舗では、飛沫防止パネルの設置や配席の工夫など感染症対策が行われています
    • あらかじめ時間を設定してなるべく少人数、短時間で開催

    会食に参加するとき

    • 会食が始まる前に「いばらきアマビエちゃん」の利用登録を済ませる
    • お酒の回し飲みや箸の共用は避ける
    • 大声での会話を避け、会話するときは必ずマスクを着用
    • 体調に異常がある場合は参加しない

    登録店舗の皆様へ

    利用者全員が「いばらきアマビエちゃん」の登録を済ませていることを必ず確認してください(あるいは連絡先を記録)

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(7月27日)

    茨城県の対策ステージが「Stageすてーじ2」へ引き下げられました(6月7日更新)

    茨城県知事は令和3年6月7日(月曜)に記者会見し、県内の新規の陽性者数が減少傾向にあることなどから総合的に判断し、6月7日から茨城版コロナNextねくすと(コロナ対策指針)Ver.ばーじょん3の対策ステージをStage2へ引き下げることなどを発表しました。

    市民のみなさまにおかれましては、継続して対策の徹底をお願いいたします。

    指定を受けている感染拡大市町村は期間終了まで継続

    • 龍ケ崎市、常総市、北茨城市、大洗町、利根町(6月10日(木曜)解除)
    • 坂東市、桜川市、神栖市、美浦村(6月17日(木曜)解除)

    県民の皆様へのお願い

    対策にご協力いただき誠にありがとうございます。 引き続き、感染症対策の実施へのご協力をお願いいたします。

    「基本的な感染症対策」の徹底

    • マスクは正しく着ける!(鼻やあごもしっかりカバー、マスクなしをなくしましょう)
    • 共有物(ドアノブ等)にさわった後などは、石けん等でしっかり「手洗い」!
    • 3密(密集・密接・密閉)を避け、社会的距離を確保!(なるべく2メートル、最低1メートル)
    • 換気はこまめに!(30分に1回以上、部屋の空気が入れ替わる様に)基本的な感染症対策の徹底(マスク着用、3密回避、換気、手指消毒等)

    「他都道府県との往来時の感染症対策」の徹底

    • 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象都道府県との不要不急の往来自粛
    • その他の都道府県との往来についても、地域の感染状況を踏まえて慎重に判断
      (注記)直近1週間の陽性者が、人口10万人あたり15人を超える都道府県との往来については、特に注意

    「テレワーク」等の推奨

    • テレワークを積極的に活用し、可能な限り出勤者数を削減
    • 時差出勤で混雑緩和

    「差別の禁止」の徹底

    • 感染者やその家族、医療従事者等への不当な差別的取扱いは絶対にやめてください

    会食を開催するとき会食を開催するとき

    • お店を選ぶときは、「いばらきアマビエちゃん」登録店舗を利用
      (注記)アマビエちゃん登録店舗では、飛沫防止パネルの設置や配席の工夫など感染症対策が行われています
    • あらかじめ時間を設定してなるべく少人数、短時間で開催

    会食に参加するとき会食に参加するとき

    • 会食が始まる前に「いばらきアマビエちゃん」の利用登録を済ませる
    • お酒の回し飲みや箸の共用は避ける
    • 大声での会話を避け、会話するときは必ずマスクを着用
    • 体調に異常がある場合は参加しない

    感染拡大市町村の追加・延長・解除等の発表(5月31日更新)

    茨城県知事は令和3年5月31日(月曜)に記者会見し、感染拡大市町村の追加・延長・解除及び大洗町在住・在勤者を対象とした集中検査の結果を発表しました。

    令和3年5月31日(月曜)発表(追加、延長、解除)

    • 坂東市、桜川市、神栖市、美浦村が感染拡大市町村に追加が発表されました(令和3年6月3日(木曜)から令和3年6月16日(水曜)まで)
    • 大洗町、利根町の感染拡大市町村への指定期間延長が発表されました(令和3年6月9日(水曜)まで)
    • 土浦市、下妻市、常陸太田市、笠間市、牛久市、筑西市、かすみがうら市、鉾田市、小美玉市、東海村、阿見町、八千代町に対する感染拡大市町村の指定解除が発表されました(令和3年6月3日(木曜)から)

    大洗町を対象とした集中検査結果(中間報告)

    検査対象者数

    3,982名

    要請者数(5月30日検査分まで)

    2名

    外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(5月31日)

    県知事が大洗町全体を対象とした集中検査の実施等を発表(5月20日更新)

    茨城県知事は令和3年5月20日(木曜)に記者会見し、大洗町において、急激かつ幅広い年齢層への感染拡大が確認されていることから、大洗町在住・在勤者を対象とした集中検査を実施することを発表しました。
     
    併せて県内で新型コロナワクチン接種に従事する看護職が不足していることから、各市町村で看護職を募集していることを発表しました。

    令和3年5月31日(月曜)発表(追加、延長、解除)

    • 坂東市、桜川市、神栖市、美浦村が感染拡大市町村に 追加が発表されました(令和3年6月3日(木曜)から令和3年6月16日(水曜)まで)
    • 大洗町、利根町の感染拡大市町村への指定期間 延長が発表されました(令和3年6月9日(水曜)まで)
    • 土浦市、下妻市、常陸太田市、笠間市、牛久市、筑西市、かすみがうら市、鉾田市、小美玉市、東海村、阿見町、八千代町に対する感染拡大市町村の指定 解除が発表されました(令和3年6月3日(木曜)から)

    令和3年5月24日(月曜)発表(追加、延長、解除)

    • 龍ケ崎市、常総市、北茨城市が感染拡大市町村に 追加が発表されました(令和3年5月27日(木曜)から令和3年6月9日(水曜)まで)
    • 常陸太田市、大洗町、八千代町、利根町の感染拡大市町村への指定期間 延長が発表されました(令和3年6月2日(水曜)まで)
    • 水戸市、古河市、結城市、取手市、茨城町、境町に対する感染拡大市町村の指定 解除が発表されました(令和3年5月27日(木曜)から)

    令和3年5月17日(月曜)発表(追加、延長、解除)

    • 土浦市、下妻市、笠間市、牛久市、筑西市、かすみがうら市、鉾田市、小美玉市、東海村、阿見町が感染拡大市町村に 追加が発表されました(令和3年5月20日(木曜)から令和3年6月2日(水曜)まで)
    • 水戸市、古河市、結城市、茨城町、大洗町、八千代町、利根町の感染拡大市町村への指定期間 延長が発表されました(令和3年5月26日(水曜)まで)
    • 龍ケ崎市、つくば市に対する感染拡大市町村の指定 解除が発表されました(令和3年5月20日(木曜)から)

    まん延防止等重点措置の速やかな適用を国に要請

    再び、感染状況が急速に悪化し、医療提供体制の負荷も高まっています基本に立ち返り、正しい対策の徹底をお願いいたします

    令和3年5月10日(月曜)発表(追加、延長、解除)

    • 常陸太田市、取手市、境町が感染拡大市町村に追加が発表されました(令和3年5月13日(木曜)から令和3年5月26日(水曜)まで)
    • 水戸市、古河市、茨城町、大洗町の感染拡大市町村への指定期間延長が発表されました(令和3年5月19日(水曜)まで)
    • 土浦市、石岡市、下妻市、常総市、潮来市、守谷市、筑西市、五霞町に対する感染拡大市町村の指定解除が発表されました(令和3年5月13日(木曜)から)

    令和3年5月3日(月曜)発表(追加、延長、解除)

    • 結城市、龍ケ崎市、つくば市、八千代町、利根町が感染拡大市町村に追加されました
    • 水戸市、古河市、大洗町の感染拡大市町村への指定期間が延長されました
    • かすみがうら市、城里町、阿見町に対する感染拡大市町村の指定が解除されました

      知事が国にまん延防止等重点措置の適用を要請(4月30日更新)

      茨城県知事は令和3年4月30日(金曜)に記者会見し、市中感染の兆候が見られるため、4月30日付けで、「まん延防止等重点措置」の適用を国に要請しました。
      今後、県独自の対策の効果や感染状況などのデータを、国と緊密に連携して分析し、指標の急激な悪化など、必要に応じて速やかに対応していくとの見解を示し、県民の皆様に対して、感染が拡大している現在、大型連休期間中の感染防止対策の徹底を改めて要請しました。

      大型連休における県民の皆様へのお願い

      「他都道府県との往来」に関する対策の徹底

      • 今年の大型連休期間中は、他都道府県との往来は極力自粛
      • テレワークやウェブ会議などを活用し、外出機会を縮減

      「会食」に関する対策の徹底

      • 親戚や仲間との集まりも含め、会食を開催する場合、同居家族以外ではいつも一緒にいる4人まで
      • 食事の際の会話は、飲酒の有無、昼夜・場所に関わらず、感染が生じやすい場面ですので、野外での飲食も控えてください
      • 会食の際には「いばらきアマビエちゃん」登録店舗を利用、利用時は全員利用登録
      • 会食は、あらかじめ時間を設定して短時間・少人数で開催
      • 食事の際は、大声、回し飲み、箸の共用は避け、会話するときは必ずマスクを着用
      • 体調に異常がある場合は会食には参加しない
      • マスクなしをなくしましょう!

      他都道府県にお住いの皆様へ

      • 今年の大型連休期間中は、茨城に来ないでください
      • 感染状況が落ち着きました後、ゆっくりと本県の観光・ レジャー等をお楽しみください

      外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

      外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(4月30日)

      県知事が感染拡大市町村指定の追加等を発表(4月26日更新)

      茨城県知事は令和3年4月26日(月曜)に記者会見し、国の指標(陽性者数)がStageすてーじ3以上に相当する感染拡大市町村として、土浦市、石岡市、下妻市、常総市、潮来市、守谷市、筑西市、茨城町、五霞町を指定することを発表しました。また、該当市町にお住まいの皆様に、不要不急の外出自粛と営業時間短縮、会食人数の制限、出勤者数の削減、催物(イベント等)開催制限について要請するとともに、県民の皆様に対して、自身や家族を守るために引き続き感染防止のために適切な対策を取るよう要請しました。
      県内の感染状況の悪化が継続しており、病床稼働数が急速に増加している概況を踏まえて、茨城版コロナNextねくすと(コロナ対策指針)Ver.3ばーじょんの判断指標において、本県の対策は「Stage3」に移行しました。

      感染拡大市町村の追加指定

      指定日感染拡大市町村営業時間短縮要請期間
      令和3年4月19日水戸市、古河市、かすみがうら市、 大洗町、城里町、阿見町令和3年4月22日(木曜)から令和3年5月5日(水曜)まで(14日間)
      令和3年4月26日土浦市、石岡市、下妻市、常総市、潮来市、守谷市、筑西市、茨城町、五霞町令和3年4月29日(木曜)から令和3年5月12日(水曜)まで(14日間)

      感染拡大市町村にお住いの皆様へ

      不要不急の外出自粛

      他の地域との往来は最低限に、特に夜8時以降は徹底

      営業時間短縮の要請

      要請対象期間:感染拡大市町村指定期間
      対象事業者:感染拡大市町村に所在する全ての飲食店(食品衛生法に基づく飲食店営業許可を受けている店舗)
      要請短縮時間:午後8時から午前5時まで営業自粛(酒類の提供は午後7時まで、テイクアウトとデリバリーは午後8時以降も営業可)
      要請期間全てで営業自粛にご協力いただいた事業者のかたに、県から協力金の支給が予定されています。
      支給予定額:事業規模、売上高により金額が異なりますので、詳しくは県ホームページをご確認ください。

      外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。営業時間短縮の要請について(茨城県ホームページ)

      会食時の感染防止対策

      会食を開催する場合、同居家族以外ではいつも近くにいる4人まで

      出勤者数の削減

      テレワークの積極的活用・時差出勤の活用

      催物(イベント等)開催制限

      上限5,000人かつ収容率50パーセント以下とすること

        大型連休における皆様へのお願い

        県民の皆様へ

        • 今年の大型連休期間中は、他都道府県との往来は極力自粛
        • テレワークやウェブ会議などを活用し、外出機会を縮減
        • 親戚や仲間との集まりも含め、会食を開催する場合、同居家族以外ではいつも一緒にいる4人まで
        • 食事の際の会話は、飲酒の有無、昼夜・場所に関わらず、感染が生じやすい場面ですので、野外での飲食も控えてください
        • 会食の際には「いばらきアマビエちゃん」登録店舗を利用、利用時は全員利用登録
        • 会食は、あらかじめ時間を設定して短時間・少人数で開催
        • 食事の際は、大声、回し飲み、箸の共用は避け、会話するときは必ずマスクを着用
        • 体調に異常がある場合は会食には参加しない

        他都道府県にお住いの皆様へ

        • 今年の大型連休期間中は、茨城に来ないでください
        • 感染状況が落ち着きました後、ゆっくりと本県の観光・ レジャー等をお楽しみください

        外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

        外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(4月26日)

        感染拡大市町村の指定等を発表しました(4月19日更新)

        茨城県知事は令和3年4月19日(月曜)に記者会見し、国の指標(陽性者数)がStageすてーじ3以上に相当する感染拡大市町村として、水戸市、古河市、かすみがうら市、 大洗町、城里町、阿見町を指定することを発表しました。また、該当市町にお住まいの皆様に、不要不急の外出自粛と営業時間短縮、会食人数の制限、出勤者数の削減、催物(イベント等)開催制限について要請するとともに、県民の皆様に対して、自身や家族を守るために引き続き感染防止のために適切な対策を取るよう要請しました。

        感染拡大市町村の指定

        感染拡大市町村指定:水戸市、古河市、かすみがうら市、 大洗町、城里町、阿見町
        期間:令和3年4月22日(木曜)から 5月5日(水曜)まで(2週間)
        対象市町の住民の皆様は、不要不急の外出自粛をお願いします。

        県民の皆様へのお願い

        自身・家族等を守る行動をお願いします

        「マスク」は正しくつける!
        • 飛沫は鼻からも拡散。マスクはしっかり着けよう!(鼻やあごもカバー)
        • 「マスクなし」をなくしましょう!
        「手洗い」のタイミングに注意!
        • 石けん等で、しっかり手洗いすれば、手についたウイルスは減らせます!
        • 帰宅時(職場や学校への到着時)、食事や調理の前後、共有物(ドアノブ等)にさわった後などのタイミングでは、手を洗いましょう(手の乾燥にも注意)
        • 手を洗う前に、目・鼻・口をさわらないようにしましょう
        「社会的距離」の確保(1~2m)
        • 3密(密集・密接・密閉)を避けましょう!
        • 野外でも、社会的距離(なるべく2m、最低1m)を確保しましょう
        「換気」をこまめに(30分に1回以上)
        • 部屋の空気が入れ替わる様に、対角上に窓や扉を開けましょう
        「差別の禁止」の徹底
        • 感染者やその家族、医療従事者等への不当な差別的取扱いは絶対にやめてください

        オフィス等で実施をお願いしたい感染対策

        • テレワークや時差出勤の活用を徹底
        • 挨拶回り等をできるかぎり控えて
        • 食事の際の会話は控えて

         テレワーク導入をはじめ,様々な経営課題に対応する相談窓口など

        他都道府県との往来の自粛等について

        • 国の緊急事態宣言地域やまん延防止等重点措置区域との不要不急の往来(帰省・観光など)は自粛
        • 直近1週間の陽性者が、人口10万人あたり15人を超える都道府県との往来(通勤・通学を含む)は、感染症対策を徹底するなど特に注意

        会食時の感染症対策の徹底について

        食事の際の会話は、飲酒の有無、昼夜・場所に関わらず、感染が生じやすい場面です。歓迎会など会食の機会が増える季節になりますので、引き続き注意をお願いします。

        会食を開催するとき
        • お店を選ぶときは、「いばらきアマビエちゃん」登録店舗を利用
        • あらかじめ時間を設定して短時間、少人数で開催
        会食に参加するとき
        • 会食が始まる前に「いばらきアマビエちゃん」の利用登録を済ませる
        • お酒の回し飲みや箸の共用は避ける
        • 大声での会話を避け、会話するときは必ずマスクを着用
        • 体調に異常がある場合は参加しない

        「いばらきアマビエちゃん」登録店舗の皆様は、利用者全員が登録を済ませていることを必ず確認してください。
         

        外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見

        外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。知事記者会見資料(4月19日)

        茨城県からのお知らせ(令和2年度以前)

        PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
        お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
        Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

        お問い合わせ

        市長公室秘書課
        〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
        電話:0297-45-1111(代表)
        ファクス:0297-45-6529

        この担当課にメールを送る

        本文ここまで