このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで
  1. 現在のページ トップページ
  2. くらし・手続き
  3. その他
  4. 守谷市からのお知らせ(新型コロナウイルス関連)
  5. 市の対応・市長メッセージ
  6. 市長メッセージ
  7. 保健センター職員のワクチン先行接種(6月予定)に関する市長メッセージ(令和3年5月27日掲載)

本文ここから

保健センター職員のワクチン先行接種(6月予定)に関する市長メッセージ(令和3年5月27日掲載)

更新日:2021年5月27日

保健センター職員のワクチン先行接種(6月予定)に関する市長メッセージ(令和3年5月27日掲載)

こんにちは、市長の松丸修久でございます。

市民の皆さまには、新型コロナウイルス感染症拡大防止に、ご理解とご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。また、取手市医師会をはじめとする、市内医療機関の皆さまには、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種につきまして、多大なるご尽力をいただき、深く感謝を申し上げます。

全国で感染力の強い変異株が猛威を振るい、重症者数が過去最多を記録する中、政府は、東京都や大阪府などに発令している「緊急事態宣言」の期限の延長を検討しており、茨城県でも病床稼働数など、医療のひっ迫具合などにより、いまだ「ステージ3」の状態が続いております。

現在、本市では65歳以上の皆さまが、7月末までに2回目のワクチン接種を終えることができるよう、市内の医療機関21ケ所のご協力をいただきながら、個別接種を実施しております。また、64歳以下の皆さまに対するワクチン接種につきましても、8月からの開始を予定しており、これまでの「個別接種」に加え、迅速かつ効率的なワクチン接種を行うため、保健センターを会場とする「集団接種」の準備も進めております。

これに伴い、受け付け業務などに従事する職員が、感染源となるリスクの回避と、接種会場の安全確保を目的に、会場となる保健センター及び集団接種に従事する市の職員56人に対して、ワクチンの先行接種を実施したいと考えております。

職員への接種は、市民の皆さまが安全に、安心して、ワクチン接種や、健診などで保健センターをご利用いただけるよう、危機管理の観点から、最悪の事態に備えるため実施するものであります。

市では、引き続き、市民の皆さまの安全を最優先に、一日でも早く、全ての皆さまのワクチン接種が行えるよう、全力で取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をいただきますよう、心よりお願い申し上げます。

令和3年5月27日(木曜)
守谷市長 松丸修久

Statement from the Mayor of Moriya about COVID-19 vaccinations (published on May 27th )

Dear citizens of Moriya,

This is Nobuhisa Matsumaru, the Mayor of Moriya.

I would like to express my sincere gratitude to all citizens of Moriya for your great understanding and cooperation in order to prevent the spread of COVID-19. I would also like to express my deepest gratitude to the Toride City Medical Association and all medical institutions in our city for their great efforts regarding vaccinations against COVID-19.

Throughout Japan, highly infectious variants of COVID-19 are spreading while the number of patients in serious condition is higher than ever. Therefore, the Japanese government is considering extending the end of the “State of Emergency” issued in Tokyo, Osaka and other prefectures. Meanwhile, Ibaraki continues to be classified as “Stage 3” of the government’s classification system since the medical system of our prefecture is under pressure, e.g. a high hospital bed occupancy rate.

Currently, 21 medical institutions in Moriya city carry out the administration of vaccinations on an individual basis so that all citizens aged 65 years or older can complete the second vaccination until the end of July.

Furthermore, vaccinations for citizens aged 64 years or younger are scheduled to start in August. We are proceeding with preparations for a “mass vaccination” site at the Health Center in addition to vaccinations on an individual basis to guarantee a swift and efficient vaccination process.

To prevent city employees in charge of the reception work at the mass vaccination site from becoming a source of infection and to ensure the security of the vaccination site, we are considering to carry out advance vaccinations of 56 city employees, including the staff of the Health Center as well as other city employees working at the mass vaccination site.

The vaccination of city employees will be carried out to be prepared for the worst case from a crisis management point of view so that everyone can use the Health Center for vaccinations or medical examinations safely.

Giving top priority to the safety of our citizens, we will do our utmost to make vaccinations accessible to all citizens as soon as possible. We highly appreciate your understanding and cooperation. Thank you very much.

お問い合わせ

市長公室秘書課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6529

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長メッセージ

情報が見つからない時は

サブナビゲーションここまで