このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和3年9月29日掲載)

更新日:2021年9月29日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和3年9月29日掲載)

こんにちは、市長の松丸修久でございます。

市民の皆さまには、新型コロナウイルス対策にご協力いただき、心より感謝を申し上げます。また、医療機関の皆さまには新型コロナワクチン接種に対し、多大なるご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

政府は昨日、全国的な新規感染者の減少傾向や医療のひっ迫度等の改善を受けて、茨城県を含む19都道府県に発令中の「緊急事態宣言」と、宮城県など8県に適用中の「まん延防止等重点措置」について、令和3年9月30日(木曜)をもって全面解除することを決定いたしました。

茨城県でも、週平均の新規感染者数や経路不明者数が、第5波のピーク時の7分の1に減少し、いずれも、第3波・第4波のピークを下回る水準まで改善したことから、県独自の判断指標をステージ3からステージ2に引き下げ、令和3年10月1日(金曜)からは、飲食店などの営業時間短縮や不要不急の外出自粛要請など、ほぼ全ての行動制限等が解除されます。

本市においても、令和3年9月27日(月曜)から感染防止対策を徹底したうえで、市内の公共施設等の利用を順次再開するとともに、段階的に通常の教育活動に移行するため、小・中学校での対面授業とオンライン授業を取り入れた「ハイブリッド授業」を実施しております。また、令和3年9月28日(火曜)時点の12歳以上を対象にした、新型コロナワクチンの接種率では、1回目を終えたかたの割合が74.1パーセント、2回目が61.7パーセントに達しており、10月下旬には、2回目の接種率が、おおむね80パーセント以上になると見込んでおります。

市では、今後も皆さまの安心・安全を最優先に、日常生活と社会経済活動の回復に向けて全力で取り組んでまいります。

市民の皆さまにおかれましては、「緊急事態宣言」の解除後であっても、引き続き、基本的な感染防止対策の継続に、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

ありがとうございました。

令和3年9月29日(水曜)
守谷市長 松丸修久

Statement from the Mayor of Moriya about the end of the “state of emergency” (published on September 29th)

Dear citizens of Moriya,

This is Nobuhisa Matsumaru, the Mayor of Moriya.

I would like to express my sincere gratitude to all citizens of Moriya for your cooperation in preventing the spread of COVID-19. Furthermore, I would like to thank all medical institutions for their great cooperation regarding the administration of the COVID-19 vaccine.

Yesterday, the Japanese government decided to lift the “state of emergency” (issued in 19 prefectures including Ibaraki prefecture) and the “semi-state of emergency” (issued in 8 prefectures including Miyagi prefecture) on September 30th, because new infections have decreased nationwide and therefore, there is less pressure on the medical support system.

In Ibaraki prefecture, the average number of new infections and untraceable cases per week has decreased to about one-seventh of the peak of the 5th wave and has improved to a level below the peak of the 3rd and 4th wave. Therefore, Ibaraki prefecture has lowered its own classification from “Stage 3” to “Stage 2” and has decided to lift almost all restrictions from October 1st onwards, such as the shortening of restaurant business hours and the request to refrain from unnecessary outings.

In Moriya as well, the use of public facilities will be sequentially resumed from September 27th with infection control measures in place. In order to gradually return to regular educational activities, elementary and junior high schools will carry out “hybrid lessons” which incorporate face-to-face classes as well as online classes.

In addition, as of September 28th the Covid-19 vaccination rate of citizens aged 12 years or older has reached 74.1% for those who have received the first dose and 61.7% for those who received the second dose. We expect that the percentage of people who received both doses of the vaccine will be around 80% in late October.

Moriya city will continue to give top priority to the safety and security of all citizens and will do its utmost to restore daily life and socio-economic activities. I would like to ask all citizens for their continued cooperation in continuing to take basic infection prevention measures even after the “state of emergency” has been lifted.

Thank you very much.

September 29th, 2021 (Wednesday)

Nobuhisa Matsumaru, Mayor of Moriya

お問い合わせ

市長公室秘書課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6529

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長メッセージ

情報が見つからない時は

サブナビゲーションここまで