このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(1月8日掲載)

更新日:2021年1月8日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(1月8日掲載)

市長の松丸修久でございます。

市民の皆さまには、新型コロナウイルス感染症拡大防止に、多大なるご理解とご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。

全国的な新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、感染者数の約半数が集中する東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の1都3県を対象に、2度目となる「緊急事態宣言」が発出されました。

午後8時以降の「不要不急の外出自粛」、飲食店などを対象にした「時短営業」、企業に対しては「テレワークの推進による出勤者数の7割削減」などが要請されており、つくばエクスプレスにより都心と直結している守谷市においても、東京都や千葉県、埼玉県などとの往来も多いことから、感染リスクについては、これらの地域と類似するものと考えております。

また、茨城県からも県内の感染状況が急速に悪化している状況を踏まえ、県内全域に1月20日(水曜)までの間「不要不急の外出や移動の自粛」が要請されておりましたが、加えて、守谷市は「感染拡大市町村」にも位置付けられ、酒類を提供する飲食店等への、営業時間の短縮なども要請されました。

茨城県では、今後、医療提供体制が、さらに逼迫した場合には、国に「緊急事態宣言」の発出を要請する考えも示しております。

皆さま、お一人おひとりの行動が、ご家族や自らの命を守り、社会を守ることにつながります。市民の皆さまには、他の都道府県との往来などについて、慎重に対応していただくようお願い申し上げます。

なお、現在市では、国が進めている新型コロナウイルスのワクチン接種に向け、早期に接種体制を整えるべく、スピード感を持ちながら準備を進めており、全力を挙げて新型コロナウイルス感染症の予防と拡大防止に取り組んでまいります。
 
市民の皆さまには、改めましてマスクの着用、3密の回避、室内の換気、手洗い等、あらゆる場面での感染防止対策の徹底に、ご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。
 
令和3年1月8日(金曜)
守谷市長 松丸修久
 

Statement from the Mayor of Moriya (published January 8th )

This is Nobuhisa Matsumaru, the Mayor of Moriya.

I would like to express my sincere gratitude to all citizens of Moriya for your great understanding and cooperation in order to prevent the spread of COVID-19.

At the moment, COVID-19 continues to spread nationwide. The “state of emergency” has been declared for a second time, targeting Tokyo, Chiba, Saitama and Kanagawa prefectures, since about half of all COVID-19 infections are concentrated in this area.

Residents in these four prefectures are requested to “refrain from going out unless necessary” after 8pm, restaurant facilities are asked to “shorten operating hours” and companies are urged to “promote the use of telework in order to reduce the number of employees in the workplace by 70%”. Since Moriya city is directly connected to the Tokyo city center via Tsukuba Express train and there frequent traffic between our city and Tokyo, Chiba and Saitama prefectures, we consider the infection risk to be on a similar level.

Also, Ibaraki prefecture has requested all of its residents to “refrain from going out or traveling unless necessary” until Wednesday, January 20th, since the infection situation in the prefecture has suddenly worsened. Additionally, Moriya city has been designated as one of the “municipalities where COVID-19 is spreading” by Ibaraki prefecture and as a result, restaurants and similar establishments that offer alcoholic beverages have been requested to shorten their business hours.

Ibaraki prefecture has also indicated that they are considering to request the government to declare the “state of emergency”, if the medical system in the prefecture becomes burdened even further.

The actions of each and every one of you are contributing to protect the lives of your family, your own life and society as a whole. I would like to ask you to be as careful as possible, especially regarding traveling to other prefectures.

At the moment, Moriya city is preparing for the COVID-19 vaccine, which the Japanese government is working on, so that we are able to set up the vaccination system at an early stage. We will do our utmost to prevent the spread of COVID-19.

I would like to ask all of you again for your continued cooperation and understanding. Please adopt the basic prevention measures such as wearing masks, avoiding closed and crowded spaces, ventilating rooms and washing hands thoroughly at all times.

お問い合わせ

総務部市長公室秘書課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6529

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

市長メッセージ

情報が見つからない時は

サブナビゲーションここまで