このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(6月8日掲載)

更新日:2020年6月8日

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(6月8日掲載)

市民の皆様
市長の松丸修久でございます。

市民の皆様、事業者の皆様には、外出自粛や休業要請等、新型コロナウイルス対策にご理解とご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
また、医療従事者の皆様の献身的なご努力に対し、心から敬意と感謝を表します。

これまで、感染リスクの高い業種への休業要請や高齢者等の皆様の外出自粛をお願いしてまいりましたが、6月8日(月曜)から新型コロナウイルスへの対応を「茨城版コロナNext(ねくすと)」にもとづき、Stage(すてーじ)2から、Stage(すてーじ)1へ緩和いたしました。

新型コロナウイルスへの感染リスクが全くなくなったわけではありません。身体的距離の確保、マスクの着用、手洗いの徹底など「新しい生活様式」を取り入れながら、社会経済活動を再開していくことになります。

しかし、都内など首都圏では、連日、新たな感染者が発生しておりますので、首都圏への不要不急の移動については、引き続き、慎重に対応していただくようお願いいたします。

守谷市では、市内の公共施設の利用について、一部利用制限を行いながら、5月25日(月曜)から順次、再開いたしました。

小中学校においても、「感染予防対策を徹底すること」、「子どもたちの様子をよく見ること」、「学習意欲を高めること」、以上の3点を重点事項として、6月1日(月曜)から通常登校を再開いたしました。

また、現在、開会中の6月定例月議会では、新型コロナウイルス感染症の拡大により、影響を受けた市民の生活や市内の経済状況を踏まえ、市長の6月の期末手当を支給しないこととする「守谷市長の期末手当の特例に関する条例」を議決いただくとともに、「子育て王国 子育て世帯応援給付金事業」などの生活支援策や、感染拡大防止事業等についてご審議をいただいております。
これらの支援策等ついては、ホームページで随時お知らせしてまいります。

我々は、「緊急事態宣言」という、未だかつてない危機に直面いたしました。市民の皆様には、気を緩めず基本的な感染対策を継続しながら、「新しい生活様式」を意識し、With Corona(うぃず ころな)を意識した日常の経済活動や社会生活を取り戻していただきたいと思います。

今後は、新型コロナウイルス感染拡大の第2波、第3波への対応など、長期的な対応が必要とされており、コロナ対策も新たな段階に入ってまいりました。

市では、引き続き、市民の皆様の健康と生活を守る支援策について、スピード感を持って取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

ありがとうございました。

令和2年6月8日(月曜)
守谷市長 松丸修久
 

新型コロナウイルス感染症に対する市独自の対応(対象者別)

(Message from the mayor: published on June 8st)

Dear citizens of Moriya,
This is Nobuhisa Matsumaru, the Mayor of Moriya.

I would like to thank all citizens, as well as local businesses, for your understanding and your corporation regarding COVID-19 prevention measures, such as refraining from unnecessary outings and agreeing to voluntary business closures.

Furthermore, I hereby express my heartfelt gratitude and respect to all healthcare workers for their dedicated efforts.

Up until today, businesses with a high infection risk were asked to restrict their operations and vulnerable people, such as the elderly, were advised to stay at home. Today, June 8th (Monday), the restrictions have been eased further from Stage 2 to Stage 1 based on the “Ibaraki Version of Corona Next” plan.
This does not mean that there is no risk of COVID-19 anymore. Economic and social activities will be restarted while adopting the “New Lifestyle” by keeping a distance from others, wearing a mask and washing hands thoroughly.

However, since there have been new cases in the Tokyo metropolitan area each day, please kindly continue to refrain from any non-essential travel to this region.
The community facilities in Moriya have been sequentially reopened for public use with partial restrictions, starting from May 25th (Monday).

Elementary schools and junior high school have started classes on June 1st (Monday), under the conditions of “strictly observing prevention measures”, “paying close attention to the condition of the children” and “increasing the motivation for learning”.

Currently, based on the respective regulations a decision about not paying a bonus payment to the mayor this month is about to be made during the June regular meeting of the city council, as the COVID-19 pandemic has greatly affected the daily lives of citizens and the economy in Moriya. Additionally, further support measures, for example special benefits to support households with small children, as well as prevention measures will be discussed.
The homepage will be continually updated regarding these support measures.

The “state of emergency” was an unprecedented crisis we had to face. I hope all citizens will take up their regular daily activities and social life again while remaining vigilant and practicing the basic prevention measures, always keeping COVID-19 as well as the New Lifestyle in mind.
Going forward, a long-term response including measures for a second or third wave of COVID-19 infections is necessary, and therefore, the COVID-19 measures have now entered a new stage.

Please rest assured that Moriya city will continue its efforts to react swiftly to protect the health and everyday lives of the citizens.
Thank you very much.

June 8st, 2020 (Monday)
Nobuhisa Matsumaru, Mayor of Moriya

お問い合わせ

総務部市長公室秘書課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6529

この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからない時は

サブナビゲーションここまで