このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

平成25年度の市民税・県民税の主な変更点

更新日:2013年2月1日

生命保険料控除の改正

 平成22年度の税制改正により、平成24年1月1日以降の契約等の生命保険料から、改正後の生命保険料控除が適用されます。現行の「一般生命保険料控除」「個人年金保険料控除」に加え、「介護医療保険料控除」が新設されました。これに伴い、各35,000円であった適用限度額は各28,000円に変更となります。合計適用限度額は70,000円のまま変更ありません。所得税では合計適用限度額が現行の100,000円から120,000円に引き上げられました。

平成22年度税制改正に伴う、生命保険料控除の旧契約と新契約の控除額や改正内容等を説明したイメージ図

平成23年12月31日以前に締結した保険契約等(旧契約)に係る控除の計算

年間の支払保険料等 控除額
15,000円まで 支払保険料等の全額
15,001円から40,000円 支払保険料等×2分の1+7,500円
40,001円から70,000円 支払保険料等×4分の1+17,500円
70,001円以上 35,000円(上限)

平成24年1月1日以降に締結した保険契約等(新契約)に係る控除の計算

年間の支払保険料等 控除額
12,000円まで 支払保険料等の全額
12,001円から32,000円 支払保険料等×2分の1+6,000円
32,001円から56,000円 支払保険料等×4分の1+14,000円
56,001円以上 28,000円(上限)

申告書記載の注意事項

 確定申告書第二表の「生命保険料控除」の該当の項目に各保険料の計を必ずご記入ください。記入のない場合、市民税・県民税の正しい計算ができません。

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国税庁「生命保険料控除」(外部リンク)

退職所得に対する市民税・県民税

お問い合わせ

総務部税務課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-2590

この担当課にメールを送る

本文ここまで