このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

定例記者会見(2021年10月22日)

更新日:2021年10月22日

2021年10月22日(金曜)に行われた定例記者会見の内容です。

市長あいさつ動画

市長あいさつ(一部抜粋)

日ごとに秋も深まり、朝晩は大分冷え込むようになりました。体調には十分ご留意いただきたいと思います。

また、新型コロナウイルスについては、だいぶ新規感染者数が減ってきていますが、インフルエンザの予防もこれから必要になりますので、行政としても悩ましい状況が続くと思っています。市民の皆さまには、引き続き、基本的な感染症対策の継続にご協力をお願いいたします。

衆議院議員総選挙

令和3年10月19日(火曜)に衆議院議員総選挙が公示され12日間の選挙戦がスタートいたしました。10月18日(選挙時登録日)時点における、本市の有権者数は男女合わせて5万6,199人で、4年前の総選挙時から2,761人増加しております。

今回の選挙は、平成28年に選挙権年齢が18歳以上に引き下げられてから、2度目の総選挙になります。全国的に選挙における投票率は50パーセント程度と低下傾向にありますが、世代別に見ても若い世代である20代の投票率は衆議院議員総選挙では約34パーセント、参議院議員通常選挙では約31パーセントと、どちらもほかの世代に比べると投票率が低い傾向にあります。(出典:総務省・文部科学省)

若いかたがたには、「自分たちが政治を動かす」という気持ちで、積極的に投票所に足を運んでいただきたいと思います。

「人口7万人到達記念認定書の授与式」の実施

いよいよ来年、市制施行20周年という節目の年を迎えるに当たり、市の人口も令和3年10月1日時点で6万9,893人まで増加し、あと107人で7万人に到達しようとしております。

市制施行した平成14年(2002年)10月1日時点の人口が5万1,974人でございましたので、20年間で実に1万8,000人近く増加したことになります。

これを記念して7万人目の到達が想定される11月下旬から1月にかけて、7万人目の市民をお迎えして、認定証や記念品の授与式を実施したいと考えております。

実施時期などの詳細につきましては、あらためてお知らせいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

「第3弾 もりや もぐもぐ応援バッグ」

昨年に引き続き、コロナ禍で収入が減り、その影響を受けている子育て世帯を対象に、お米やお餅、缶詰などの食料が入った「第3弾 もりや もぐもぐ応援バッグ」を配布いたします。

この事業は、守谷市社会福祉協議会と守谷ライオンズクラブ、守谷市商工会が連携して実施するものです。お問合せ等につきましては、守谷市社会福祉協議会までお願いいたします。

もりや広報大使「イヌイ マサノリ氏」作品展を開催

市のイメージ画や市制施行20周年のロゴマークの制作者で、もりや広報大使でもあるイラストレーターの「イヌイ マサノリ氏」が、本市で初の作品展を開催いたします。

大柏の「カフェ テネレの木」を会場として、令和3年11月28日(日曜)から12月28日(火曜)までの約1か月間、初日には来場者のリクエストを混ぜながら、その場で作品を完成させる「ライブペインティング」を実施するほか、期間中、ゲストを迎えての「トークショー」なども予定しておりますので、よろしくお願いいたします。

記者会見報告内容・資料

「災害時における放送要請に関する協定」を締結

守谷市と土浦ケーブルテレビ株式会社(ジェイコム茨城)は、地震、風水害等の災害が発生した場合又は発生するおそれがある場合に、市民に迅速かつ正確な情報を伝達するため、災害時における放送等に関する協定を締結するものです。

新型コロナワクチン接種促進キャンペーンを実施

守谷市内におけるワクチン接種は、各年代順調に進んでいるところではありますが、若年層のかたを始め、接種を悩まれているかたが現在も多くいらっしゃいます。本事業は、そうしたかたがたが接種を考えるきっかけとなることと、今後予定されている3回目接種に向け、接種がお済みのかにも引き続き関心を持っていただくことを目的に実施いたします。

新型コロナワクチンの接種状況

新型コロナウイルス感染症に係る予防接種は、新型コロナウイルス感染症による死亡やまん延の防止を図ることを目的とし、予防接種法に基づき厚生労働大臣の指示のもと、都道府県の協力により、市町村において実施します。実施期間は、令和3年2月17日から2月末日までとされ、国が示す接種順位に基づき接種を進めていきます。

アーカスプロジェクト 2021 いばらき

アーカスプロジェクトでは、アートによる地域の文化の発展と活性化を目指し、地域に根差したアート活動を実践するとともに、守谷を国際的な現代芸術の登竜門・文化芸術の舞台としてアピールします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市長公室秘書課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6529

この担当課にメールを送る

本文ここまで