このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

定例記者会見(2022年2月18日)

更新日:2022年2月18日

2022年2月18日(金曜)に行われた定例記者会見の内容です。

市長あいさつ(一部抜粋)

2月も中旬を過ぎ、少しずつですが、寒さも緩んでまいりました。季節の変わり目は、気温の変化も大きいので、体調管理には、十分ご注意をいただきたいと思います。

まん延防止等重点措置」の延長を要請

県は、令和4年2月16日(水曜)、明後日の20日(日曜)で期限を迎える「まん延防止等重点措置」について、直近1週間の1日当たりの新規陽性者数が、依然として1,000人を超えており、社会経済活動の維持にも支障が生じているとのことから、政府に「まん延防止等重点措置」の延長要請を行いました。

本市では、新規陽性者数が令和4年2月7日(月曜)の124人をピークに、減少傾向が続いておりますが、高齢者や基礎疾患をお持ちのかたなど、重症化リスクの高いかたにも、感染が広がってきている現状を踏まえ、引き続き、「感染リスクの高い場所への外出」や「移動の自粛」、「手洗い・手指の消毒、3密回避、マスク着用」など、基本的な感染症対策の徹底をお願いするとともに、市内医療機関と連携し、市民の皆さまのワクチン接種に全力で取り組んでまいります。

3月定例月議会

令和4年3月1日(火曜)から23日(水曜)まで、23日間の会期で、新年度予算等を審議する3月定例月議会が予定されております。令和4年度の予算につきましても、これまで進めてきた「わくわく子育て王国もりや」、「いきいきシニア王国もりや」、「地域主導・住民主導による市民王国もりや」、「スマートデジタル王国もりや」、「王国もりやの未来創り」の5つを重点政策に掲げ、これらに直結する施策について、今まで以上にスピード感を持って実施してまいります。

市制施行20周年記念事業「謎解きウォークラリー」 マサカドの謎を追え!の開催

この後の報告事項にもございますが、市制施行20周年記念事業の一つとして、謎解きをしながら、守谷の歴史や風土を再確認するとともに、守谷の魅力を発掘し、郷土愛を醸成する「謎解きウォークラリー」マサカドの謎を追え!を開催いたします。筑波大学の謎解きサークル「Lilacらいらっく」の全面協力のもとに作成した「謎解きウォークラリー」を、春と秋の年2回、守谷城址公園を会場に実施いたしますので、よろしくお願いいたします。

記者会見報告内容・資料

「令和4年度守谷市予算案」公表

守谷市の令和4年度予算案を公表します 。

市制施行20周年記念事業「謎解きウォークラリー」 マサカドの謎を追え!を開催

市制施行20周年記念事業については、3つの事業方針(守谷を祝う・守谷を知る・守谷を創造する)ごとに各種記念事業を展開しています。「守谷を知る」では、謎を解きながら守谷の歴史・風土を再確認することで、守谷の魅力を発掘し、郷土愛を醸成する「謎解きウォークラリー」を企画しました。

新型コロナワクチンの接種状況

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止及び重症化予防の観点から1回目・2回目の接種が完了していないかたへの接種機会の提供を継続するとともに、2回接種完了者すべてに対して追加接種の機会を提供します。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

市長公室秘書課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6529

この担当課にメールを送る

本文ここまで