このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで
サイトメニューここまで

本文ここから

財政と比率

更新日:2016年9月28日

総務省自治財政局などの統計データを基に、守谷市の財政と比率の全国市区町村・茨城県内でのランクをご紹介します。

  • 各調査ごとに調査年度が異なるため、市区町村の合併により、比較数が異なります。2010年3月末時点の全国市区町村数は1,727、2012年10月時点は1,742、2014年4月時点は1,741です。また、茨城県内市町村数は44です。こちらを目安として、ご覧下さい。
  • ( )内の数値は調査年度です。
  • ランク横の矢印は前回と比較した順位変動を表わします。「」はランクアップ、「」はランクダウン、「」は横ばいです。
項目 守谷市 全国
ランク
県内
ランク
全国TOP3 茨城県内TOP3
財政力指数
(2014年)
0.97 86位 5位 1位 愛知県飛鳥村
2位 北海道泊村
3位 山梨県山中湖村
1位 東海村
2位 神栖市
3位 つくば市
経常収支比率
(2014年)
91.5% 1208位 33位

1位 北海道泊村
2位 福島県大熊町
3位 北海道中頓別町

1位 東海村
2位 神栖市
3位 鉾田市
実質公債費比率
(2014年)
6.7% 537位 14位

1位 長野県下條村
2位 東京都杉並区
3位 東京都江戸川区

1位 日立市
2位 東海村
3位 牛久市

将来負担比率
(2012年)
16.5% 623位 8位

1位 長野県泰阜村
1位 岡山県矢掛町
3位 宮崎県椎葉村

1位 牛久市
2位 常陸太田市
3位 神栖市

ラスパイレス指数
(2014年)
98.9 446位

3位

1位 兵庫県芦屋市
2位 神奈川県川崎市
3位 埼玉県川口市

1位 東海村
2位 水戸市
3位 守谷市

用語解説

  • 財政力指数 当該団体の財政力(体力)を示す指数。基準財政収入額を基準財政需要額で除して得た数値の過去3ヵ年の平均値で表し、指数値が大きい方が優秀。単年度で1.0を上回れば地方交付税交付金(普通交付税)の不交付団体となり、下回れば交付団体となる。
  • 経常収支比率 財政構造の弾力性を判断する指標。比率が小さい方が優秀。「人件/扶助/公債費等の経常経費」÷「地方税・普通交付税等の経常的一般財源」の比率。
  • 実質公債費比率 公債費による財政負担の程度を示すもの。比率が小さい方が優秀。18%以上だと地方債の発行に国の許可が必要となり、25%以上となると一般事業等の起債が制限される。
  • 将来負担比率 将来負担しなければならない負債(第三セクターや公社の負債も含む)の割合のこと。数字が大きいことは、将来世代の負債が大きいこと(財政が不健全)を示し、数字が小さいことは将来世代の負債が小さいこと(財政が健全)を示す。
  • ライスパイレス指数 地方公務員と国家公務員の平均給与額の差異の目安。国家公務員給与を100として地方公務員の給与の平均を算出。

お問い合わせ

市長公室企画課
〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1
電話:0297-45-1111(代表)
ファクス:0297-45-6529

この担当課にメールを送る

本文ここまで