低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)

更新日:2021年7月10日

新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯(ひとり親世帯以外の低所得の子育て世帯分)に対し、その実情を踏まえた生活の支援を行う観点から、食費等による支出の増加の影響を勘案し、特別給付金を支給します。

支給対象者

次の条件Aと条件Bの両方に当てはまるかた。

  • 条件A(養育要件)
    令和3年3月31日時点で、18歳未満の児童(障がい児の場合は20歳未満)を扶養する父母等。
  • 条件B(所得要件)
    令和3年度住民税(均等割)非課税、または家計が急変して令和3年1月以降の収入が住民税非課税相当となったかた。

具体的には、以下の1から4のいずれかに該当するかたが対象です。ご自身が該当となるかについては、以下のフローチャートをご覧ください。

(注記)
対象児童について、既に本給付を受けたかた、ひとり親世帯の給付金を受けたかたは対象外です。

給付金対象者の判定フローチャート

個人住民税(均等割)の非課税(相当)限度額について

守谷市は級地区分3級地の値をご参照ください。

対象者別の手続き・振込日等

1.令和3年4月分の「児童手当」または「特別児童扶養手当」の受給者で令和3年度住民税(均等割)が非課税のかた

手続き方法

申請不要です。

該当者には、7月中旬頃に個別通知を郵送します。

振込予定日

令和3年7月29日(木曜)

  • 児童手当または特別児童扶養手当の振込口座に振り込みます。
  • 口座を解約するなど、給付金の支給に支障が出る恐れがある場合には、振込指定口座を変更する手続きをお願いします。

注意事項

  • 給付金の受給を希望しない場合は、受給拒否の届出書を個別通知に記載されている期日までにご提出ください。
  • 令和3年4月1日以降に出生した児童(弟・妹)の分は、次の「支給対象者2」の条件で別途給付します。高校生の兄・姉の分は一緒に振込ます。
  • 所得が未申告のかたは、所得要件の判定が行えないので支給対象になりません。(収入がなかった場合でも申告が必要です。)
  • 所得の申告をしてから本給付金の担当課で所得データの確認ができるようになるまで時間がかかります。令和3年6月末までに所得データが確認できない場合には、上記振込日には振込できません。(令和4年1月末までに所得データが確認できたかたには、確認できた翌月から順次、個別通知の発送・振込を行います。)
  • 児童手当と特別児童扶養手当の両方の支給対象児童となっている場合、児童手当での要件を優先し、児童手当の受取口座に振り込みします。
  • 令和3年4月1日以降に守谷市に転入した受給者は、令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の支給を受けた市区町村から支給されます。なお、転入日以降に生まれた児童については、次の支給対象2として守谷市から支給します。
  • 児童手当受給者のうち、公務員のかたは申請が必要です。ページ下部の公務員の注意事項をご覧ください。

2.令和3年5月分以降の「児童手当」または「特別児童扶養手当」の受給者となったかたで住民税(均等割)が非課税のかた

手続き方法

申請不要です。
該当者には、8月中旬以降、順次個別通知を郵送します。

振込予定日

令和3年8月末から令和4年3月末

(個別通知が届いた月の月末)

  • 児童手当または特別児童扶養手当の振込口座に振り込みます。
  • 口座を解約するなど、給付金の支給に支障が出る恐れがある場合には、振込指定口座を変更する手続きをお願いします。

注意事項

  • 給付金の受給を希望しない場合は、受給拒否の届出書を個別通知に記載されている期日までにご提出ください。
  • 令和3年4月分の児童手当または特別児童扶養手当の支給対象児童については、支給対象者1の条件で支給します。
  • 所得が未申告のかたは、所得要件の判定が行えないので支給対象になりません。(収入がなかった場合でも申告が必要です。)
  • 所得の申告をしてから本給付金の担当課で所得データの確認ができるようになるまで時間がかかります。令和4年1月末までに所得データが確認できたかたには、確認できた翌月から順次、個別通知の発送・振込を行います。
  • 児童手当と特別児童扶養手当の両方の支給対象児童となっている場合、児童手当での要件を優先し、児童手当の受取口座に振り込みします。
  • 児童手当受給者のうち、公務員のかたは申請が必要です。ページ下部の公務員の注意事項をご覧ください。

3.高校生の児童のみを養育する住民税(均等割)非課税世帯

手続き方法

市役所で手続きが必要です。以下の書類をご提出ください。
(市役所から通知等、個別の申請勧奨はありません。)

  1. 給付金申請書
  1. 申請者のかたの本人確認書類の写し
  2. 受取口座の金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)が分かる通帳やキャッシュカードの写し

申請期間

令和3年8月2日(月曜)から令和4年2月28日(月曜)

振込予定日

申請した月の翌月末

注意事項

  • 申請者は、対象となる児童を養育している保護者のうち所得の高い方のかたです。
  • 所得要件審査で、申請者とその配偶者等の両方の所得を確認します。どちらか一方でも所得の申告がされていない場合は審査を行えませんので、所得の申告を行ってください。収入がない場合でも申告は必要です。(遅れて所得申告を行った場合、所得の申告書の控えもご提出ください。)

4.令和3年1月以降に家計が急変し、住民税非課税相当となった世帯

手続き方法

市役所で手続きが必要です。以下の書類をご提出ください。

(市役所から通知等、個別の申請勧奨はありません。)

  1. 給付金申請書
  1. 申請者のかたの本人確認書類の写し
  2. 受取口座の金融機関名、口座番号、口座名義人(カナ)が分かる通帳やキャッシュカードの写し
  3. 簡易な収入(所得)額の申立書
  • 収入額による場合
  • 所得額による場合
  1. 申請者と配偶者の令和3年1月以降の任意の1か月の収入(所得)が分かるものの写し(給与明細書、年金振込通知書等)

申請期間

令和3年8月2日(月曜)から令和4年2月28日(月曜)

振込予定日

申請した月の翌月末

注意事項

  • 申請者は、対象となる児童を養育している保護者のうち収入(所得)の高い方のかたです。
  • 所得要件審査で、申請者とその配偶者等の両方の収入(所得)を確認します。両方の収入(所得)の分かるものをご提出ください。

支給額

児童一人当たり一律5万円

注意事項

  • 対象児童について、既に本給付を受けたかた、ひとり親世帯の給付金を受けたかたは対象外です。
  • 本給付を受けるためには、所得の申告が必要です。未申告の場合、支給対象1から3の対象にはなりません。
  • 所得を申告してから本給付金の担当課で所得の確認がとれるようになるまでには時間がかかります。令和4年1月末時点で、所得の確認がとれないかたは支給対象1から2の対象にはなりません。令和3年12月以降に所得の申告を行い、本給付の支給対象になる可能性のあるかたは、所得申告書の控えを添えて市役所のびのび子育て課に申し出てください。
  • 支給対象1から3として給付金受給後、修正申告をした結果、住民税が課税となった場合には、給付金を返還していただきます。ただし、支給対象4としての条件を満たしている場合には、必要書類を提出いただくことで、給付金の返還は不要となります。

公務員のかたの注意事項

児童手当受給者のうち、公務員のかたは申請が必要です。申請書に「公務員児童手当受給状況証明欄」がありますので、事前に所属庁証明を取得し、申請してください。

問い合わせ先

厚生労働省コールセンター

本給付金に関する情報をご案内します。

電話:0120-811‐166

受付時間

平日午前9時から午後6時

守谷市役所 のびのび子育て課

その他申請に関するお問い合わせについてご案内します。

電話:0297-45-1111

受付時間

平日午前8時30分から午後5時15分

お問い合わせ

保健福祉部のびのび子育て課

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1

電話:0297-45-1111(代表)

ファクス:0297-45-6527

この担当課にメールを送る