「子育て王国もりや」実現に向けた学校教育改革プラン 

更新日:2021年4月1日

学校パラダイムを転換する守谷市独自の学校教育改革プラン

 学校教育改革プランは、守谷型一貫教育や恵まれた教育環境整備による成果により、全国的に注目されている守谷市の学校教育において、現在の学校が抱えている深刻かつ喫緊の課題を解消するとともに、施政方針「子育て王国もりや」を実現するために策定したプランです。
 令和元年度に学校教育改革プラン(第一次)を策定し、児童の学びの質の保障と、安全で安心な教育環境の整備を推進しています。
 学校教育改革プラン(第一次)は、柱となる四つのプランから成り立っています。

  • 守谷型カリキュラム・マネジメント
  • いじめ対策本部の設置
  • プログラミング教育の先取り
  • 中央図書館との連携による学校図書館の充実


 さらに、令和2年度からは、学校教育改革プラン(第二次)を策定し、専門性の高い人材を市独自に採用し、質の高い教育を児童生徒が受けられるようにしています。

 学校教育改革プラン(第二次)は、柱となる四つのプランから成り立っています。

  • 小学校教科担任制による授業の充実
  • スクールスタッフ(ALT、ICT支援員、スクールロイヤー)の増員
  • マイタブレット、学校ペーパーレス
  • チャレンジ検定プラン

  
  第三次学校教育改革プランでは、GIGAスクール構想によるICT教育の更なる推進と児童生徒一人ひとりに寄り添った充実した心の教育を実施することで、児童生徒の学力向上と安心安全を守り、さらには教職員の働き方改革につなげていきます。

  第三次学校教育改革プランは、次の3つの施策から成り立っています。

Plan1 守谷型GIGAスクール構想

  • 学校でのICTのさらなる活用、授業改善による学力向上
  • オンラインを活用した学校と家庭のデジタル連携
  • 児童生徒と向き合う時間を確保するための支援体制

Plan2 もりやハートウォーミングプラン

  • 子供たちが安心して通える学校づくり
  • 子供たちの豊かな心と体を育てるための思いやりの心の育成と体力の向上

Plan3 もりやニューノーマルプラン

  • 新型コロナに対応する新しい学校生活様式の確立
  • 守谷市の豊富な地域人材を活用するための「スクール人材バンク」の設立
  • 地域と連携した防犯組織による安心・安全な確保と登下校の密回避

「子育て王国もりや」実現に向けた「学校教育改革プラン」と連動した6つのマニフェストについて

 本マニフェストは、「学校教育改革プラン」と連動し、施政方針「子育て王国もりや」を実現するための6つの視点と16の数値目標から構成され、市内小中学校における共通の公約、指標となっています。各校ではこれを基に、自校の目標や目標値を設定し、児童生徒の資質・能力の向上、教育活動や取組の有効性・妥当性・適切さを可視化できるようにします。
 守谷の学校教育の強み、守谷の児童生徒の力、教職員の取組を可視化することは、 保護者や地域に安心感を与えるだけでなく、結果に責任を負うということにもなります。ひいてはそれが教育活動の充実につながります。マニフェストを掲げることで、 市内の学校で共通の指標をもつことができます。また抽象的、あいまいと言われがちな教育の成果や取組を可視化することで、 目標が焦点化され、教職員が業務を見直すきっかけとなり、働き方改革につなげることができます。

「学校教育改革プラン」の基盤である守谷市保幼小中高一貫教育について

守谷市が進める保幼小中高一貫教育の理念とは

 守谷市では、「新しい時代をたくましく生きぬく人づくり」を目指して、平成25年度から各中学校区の特色を出しながら、児童生徒に確かな学力・豊かな心・健やかな体をはぐくみ、将来国際社会で活躍できる人材育成を目指した保幼小中高一貫教育「きらめきプロジェクト」を実施しています。令和元年度より進めている「学校教育改革プラン」は、保幼小中高一貫教育の理念を基盤としながら、9年間の連続した学びを通して、子供達が秘めている可能性を発掘し、新しい時代を創造する人材を育成します。
「きらめきプロジェクト」とは、守谷市が進める保幼小中高一貫教育の総称です。

きらめきプロジェクトの目標

確かな学力・豊かな心・健やかな体をはぐくみ、将来の夢に向かって努力できる児童生徒の育成

きらめきプロジェクトの5つの基本方針

  1. 社会に貢献できる人の育成
  2. 確かな学力・豊かな心・健やかな体の育成
  3. 将来への夢がもてるキャリア教育の推進
  4. 義務教育9年間を見通しながら発達段階に応じた教育の推進
  5. 中学校区ごとの特色ある教育活動の実践

きらめきプロジェクトの主な取組

主な取組

  • 市教育研究部会を中心とした授業研究会の開催
  • 中学校区グランドデザインの一部統一化
  • 保幼小連携、小小連携、小中連携による授業づくりや研修
  • WEB会議システム等を活用した小中合同授業の実施
  • 小学校6年生を中学校へ招き、中学校生活を終日体験する「交流教室」の実施
  • 小中合同・小中高合同のあいさつ運動の実施
  • 文化部(吹奏楽部・美術部・科学研究部など)の交流
  • 小学校6年生による中学校での部活動体験
  • 中学校と高校の生徒会の交流

主な研修会

  • 保幼小連絡協議会(保幼と小が合同で授業研修を実施:年1回)
  • 保幼小中高一貫教育全体研修会(守谷市内全教職員対象:年1~2回)
  • 一貫教育中学校区部会(毎月第2水曜日)
  • 一貫教育推進協議会・企画部会(随時)
  • その他(各教育研究会ごとの研修会等)

きらめきプロジェクト刊行物

守谷市保幼小中高一貫教育「きらめきプロジェクト」ガイドブック

「守谷市保幼小中高一貫教育」推進のための手引き

家庭学習のてびき・私たちの守谷しぐさ

小学校 家庭学習のてびき

中学校 家庭学習のてびき

私たちの守谷しぐさ

子育て年表

「子育て王国もりや」実現のための0歳からの子育て支援

エンゼルサポートプラン

守谷市では、就学前からの教育を大切にしています。0歳からの子育て支援をサポートすることで「子育て王国もりや」の実現につなげています。保幼と小は、保幼小連絡協議会を通して一貫教育の基盤を作っています。また中高は地域の高校との交流を通して、豊かな心の育成を図っています。

お問い合わせ

教育委員会教育指導課

〒302-0198 茨城県守谷市大柏950番地の1

電話:0297-45-1111(代表)

ファクス:0297-45-5703

この担当課にメールを送る